仙人の祈り

タコが壷に入る確率は75%

米国から日本に出張に来ている同僚のロイから連絡があり、築地に一緒に行かないかと誘われた。お互いの時間が合うのが平日の朝方しかなかったので、私は眠い目を擦りながらも日比谷線で築地まで行き、ロイと現場で落ち合い場内を散策した。

初めて築地に来た彼は興奮気味で、まるで小学生のようにはしゃいでいた。「魚臭くはないのか?」と聞くと、何でも西海岸の小さな漁村で育ったので、むしろ懐かしいと言う。漁村ではアンチョビのような小さな魚ばかりを取っていたので、海の幸が集まる築地市場はまるでパラダイスのようらしい。

タコのにぎり「考えてみれば、僕らの仕事もこの市場で買い付けをするバイヤーとまったく同じだ。買うのは魚じゃなくて株だけどね。ただ、魚の場合は自分の目でチェックできるし、その後すぐに誰かの胃に収まって消えてしまうので羨ましいね。僕らと違って永遠に続くストレスと向き合う必要はない。」

その後、オススメの寿司屋に連れて行き腹ごしらえをしたが、食事中の会話は自然と魚の話から、株の話に傾いていった。タコが気に入ったロイは連続して3回目のタコを食べながら、私に中国の新鮮な情報をくれた。残念ながらここで書けるような内容ではないが、なるほど中国はある意味でアメリカ型の資本主義に染まった考え方では、判断を誤ることになりそうだ。

ロイがあまりにも旨そうにタコを食べるので、私もタコを注文した。ロイの情報と推察が確かならば、中国にもタコのように擬態のプロがいるということだ。「君ならどうやって隠れたタコを捕まえる?」と聞かれたので「○○の動きを見ていればよい。タコがタコ壷に入ったら、75%くらいの確率でそこが一番最初に動く」と答えた。

私からは最近の日本企業の動向を中心に、米国株に関連がありそうな気になる動きをシェアした。「パズルの破片を組み合わせると、あの会社はこういう方向に進むと推察できる」と言うと、「その確率は何%?」と聞かれたので「75%」と答えた。するとロイは突然大笑いして「アマネ、君の75%は世間では100%っていうことだ。最高の土産を貰ったよ!!」と終始ご機嫌だった。

お互い予定があるので、ロイとはそこで別れ、私は再び日比谷線で都内へ向かった。帰りの電車でウォールストリートでよく言われるジョークを思い出した。「投資家に最も向いていないのはイタリア人と日本人と中国人である。イタリア人は適当過ぎるし、日本人は慎重過ぎる。そして中国人は勝ったと嘘を付く。」

私の印象ではロイは観察力や推理力もあるが、何より決断力のある投資家だ。ピンと来た瞬間に躊躇なく投資行動に出れる。投資家というのはこのバランスがとても大事で、いい加減過ぎても、慎重過ぎてもいけないのが難しいところだ。まさにお寿司のように、ちょうど良い塩梅が求められる。

「彼のことだ、私が会社に戻る頃にはすでにメールで発注の指示でも送っているのだろうな。」と思ったが、案の定、会社に着くと私にCC付きでロイからニューヨークへの発注メールが入っていた。文末に「アマネの75%はタコの寿司より美味い100%!!」と添えられていた。やれやれ。
タコは同じ場所に戻る。
周さん、久しぶりの更新ありがとうございます。
まだまだ、お忙しいのでしょうか?

ひなこ、タコ捕まえた事あります。

夏は伊豆でシュノーケルをするのですが、
同じ海でも見られる生物は毎年違います。

そして、連れて帰る生物も…。
去年はギンカクラゲ
一昨年はサザエ(密漁ゴメンなさい)
その前の年がタコでした。♪

そこの海は釣り人も居るので、最初は「エサかな?」と思ったのですが
何だか動いている見たいなので…、網を被せてみた所
あわてたタコさんが飛び出して網に入ったのでした。

立ち泳ぎしながら、「タコー。捕まえちゃったー!」
と大騒ぎしたのですが、ひなこ家族達のんびりしていて、
網を押さえていても凄い力で一度逃げられてしまったのです。

「あーあ、せっかく捕まえたのに~。」と見つけた場所に戻ってみると
タコ君も、「お家が一番」と言うようにおんなじ所に戻っていたのです。

モチロン、2度目は逃がすことなく、美味しく頂きました。(笑)


[ 2013/07/03 20:13 ] [ 編集 ]
ポルトガルの疑念、今後市場への影響はどうなのでしょうか?
[ 2013/07/03 21:44 ] [ 編集 ]
上の方
最新ニュースだね。(笑)
少しだけでも、自分で考える必要があるのではないかな?

今日の久しぶりの更新は、そういうハナシだと思ったのだが…。
[ 2013/07/03 22:25 ] [ 編集 ]
言葉
宗教家ではありませんが、今夜、ちょうどこんな言葉と出会ったので自戒を込めて。

「他人のすぐれた点をきちんと見出して、そこを尊敬しなさい。欠けていると思った点は忘れなさい」

「想い、言葉、行いのどれによっても、誰をも傷つけることがあってはならないのです。生きとし生けるものすべてに対し、慈悲深くありなさい」

「ささやかであっても、思いやりや無私の心から出た行為なら、多くの人々に幸せをもたらすものです」−アンマ

自分自身の調和が全てに影響することを小松原さんの文章から感じています。
[ 2013/07/04 01:01 ] [ 編集 ]
タコか~
アメリカ人はタコは食べないと
聞いてましたが、食べれる方はいるんですね~
私はタコ好きなので、先日のBBQは
皆が肉食らう間に、串で刺したタコの足をムシャムシャ食べてました
塩コショーのシンプルな味が1番美味しかった♪( ´▽`)うま~っ
ホントどーでもいいコメントだな、これ笑
[ 2013/07/04 07:50 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/04 10:30 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/04 11:49 ] [ 編集 ]
Re:
皆さんコメントありがとうございます。

ポルトガルは大統領が仲介して、なんとか事なきを得るかも知れません。ポルトガルは年末までの資金はありますし、8日のユーロ圏財務相会談でも議題に設定する必要はないとしています。

問題は中国ですが、シャドーバンキングや統計データの誤魔化しは簡単には解決できなそうです。鄧小平の息子が1兆円を海外に持ち出したというニュースがありましたが、中国経済は今後2-3年はかなり正念場ですね。

一党独裁の国が傾き始めると、大きく混乱します。腐敗した共産党が根まで腐っていたとしたら、中華人民共和国の危機ですね。しかしそれもまた歴史の必然かもしれませんが。
[ 2013/07/04 16:52 ] [ 編集 ]
小平氏の息子
たしか、彼は父が一時失脚した時、官憲から暴行されて半身不随になったはずです。今は身体障害者関係の仕事をしていたと思います。
彼まで資産を国外へ持ち出したのかと中国の闇を気味悪く思います。コキントは小平氏の指名で共産党のトップになりました。
コキントは院政を巡って軍掌握で習氏に敗北し、完全引退に追い込まれました。コキントに便宜を図った彼は、習氏からにらまれていたのかもしれません。
[ 2013/07/04 17:20 ] [ 編集 ]
救いようのない中国、闇の深さに凍りつく投資家
中国経済の闇の深さには心底寒気がする。

■需給を無視した公共投資
 中国は日本と違い、土地の個人所有が認められていない。
 その為、国民は地方政府から土地を借りて生活している。

 地方政府は中央政府から求められる高い数値目標とノルマを達成する為に
 国民に貸していた土地を取り立てて、
 (立ち退かない場合は、拉致・暴行などが当たり前の様に行われる)
 そして、その土地の使用権を開発業者に高値で売って開発させることで
 提示されたノルマを必死にクリアしようとしている。
 
 以前、中国へ行ったときに広大な真新しい都市に誰も住んでおらず
 ゴーストタウンになっているのを見たときは、心底寒気がした。
 空港・鉄道・都市開発ありとあらゆるものが需要を無視して作られていく
 そう、経済成長という名の下に・・・本当に恐ろしいものである。
[ 2013/07/04 22:32 ] [ 編集 ]
仙人さんが言うとおり、雇用統計からも堅調さがわかります。
米国は金融緩和を縮小する事で企業業績への影響はでるのでしょうか?

また、日本の株式市場の潮目は変わりましたでしょうか?
[ 2013/07/05 22:16 ] [ 編集 ]
Re:
皆さんコメントありがとうございます。

金融緩和を縮小するということは、それだけ経済が良くなってきたということでもあるので、企業業績には大きな影響は与えないでしょう。
事実、過去のQE1、QE2でも株価は下がっておらず、米国の首脳陣の腕が良いことが見て取れます。

米国企業というのは2極化を受け入れている社会です。それ故に企業も最も効率の良い選択を取ることができるため、世界で最も収益性の高い企業群が生まれるわけです。
[ 2013/07/06 09:14 ] [ 編集 ]
楽天 荒木レポートの件
小松原さんの嫌いな三木谷さんがちょっと暴走気味のようです。
今回の批判にに関しては、どうお考えになりますか?

話は違いますが、堀江氏、
出所したばかりの時は驚く程痩せて仙人の様な感ありましたが
急に太られて世俗の垢にまみれるのも早いなと感じて居ります。

最近は堀江氏にはお会いになっておられますか?
[ 2013/07/06 11:24 ] [ 編集 ]
Re: 楽天 荒木レポートの件
楽天vs. 荒木さんの件は、私もいろいろと巻き込まれましたし、ここで記事などにすると炎上する可能性があるので、スルーしていました。

三菱UFJのアナリストチームのヘッドから電話があり、小松原さんから楽天に抗議をして欲しいと頼まれたり、日経新聞の株式部の川崎キャップから「楽天の非道は許せないのでコメントを欲しい、小松原さんの名前を出してよいか?」などというオファーを頂きましたが、全部お断りしました。

先日、山田常務にはお会いしましたが、株価が今ひとつパッとしないことに社内では苛立ちが募っているようでしたので、荒木さんの売りレーティングが三木谷さんの逆鱗に触れたのでしょう。それを受けて現場があのようなリリースを発表するとは、楽天のガバナンスがザルであることを世間に証明してしまったようなものです。

堀江さんは刑務所で少しは悟りを開いたとは思いますが、すっかり精神が子供の状態に戻りつつありますね。私は投資家として仕事をしているだけであって、有名人に会ったり、自分の名前を売ったりするようなことはむしろ避けたいと思っています。ということで堀江さんにはもう用はありませんので、会う必要はないと思っています。堀江さんの宇宙事業でなくても、宇宙に行く手段は無数にありますしね。
[ 2013/07/06 13:00 ] [ 編集 ]
海老鯛
海老で鯛を釣ることは有名な話ですが、今、房総の海では、水ダコ漁のシーズンを迎えています。例年、引き潮のとき岩蟹をオトリに澪の谷間に沿って、そっと竿を差し込むと、水ダコが吸い付きおもしろいように取れます。

しかし、今年はタコの姿が薄く、こうした年は逆に伊勢海老が豊漁の年となります。理由は伊勢海老を食べてしまうタコが少ないと、海老の数が自然に増えるからです。ご存知のない方もいらしゃるかも知れませんが、外房の大原港は、この伊勢海老の水揚げが日本一の隠れたダークホースとなっています。

そこで海老鯛ではありませんが、それに似たものとして金融とそれに関連した銘柄が考えられますが、デフレと言うタコの影が薄れ、海老の水揚げが増えると、本物の鯛がすぐあとに釣れるようになるのか、もう少し先になるのか、迷うこと仕切りです。
[ 2013/07/06 15:48 ] [ 編集 ]
規制
我々個人投資家が中、小型株で出来高が少ない株をまとめて購入する場合、証券会社から注意を受けます。僕もネットのメーセージボード、直接の電話など数回ありました。この前はインサイダーに関する質問も受けました。資本主義の世の中なのに何故、これほど規制を受けなければいけないか少し腹が立ちました。現実に電話があった銘柄はそれ以降買い増していませんが、それからも上昇しています。外国人投資家がアルゴを使って株価操縦しても日本の金融当局は何も言いません。また、電通を使って外資が上手く株価操作した場合も注意一つ受けません。オリンパスの件もいつの間にか闇に葬られました。本当に我々はあらゆる情報には惑わされてはいけない思います。日経新聞も電通の息が掛かっているので危険です。バイオ株ブームも日経新聞の記事からでした。
[ 2013/07/06 16:42 ] [ 編集 ]
皆さん蒸し暑いですね!いかがお過ごしでしょうか、
皆さん御無沙汰いたしております、

覚えていらっしゃるでしょうか、

以前兄が色々ご迷惑お掛けして申し訳ありませんでした、

兄に代わってお詫びいたします、

兄もすっかり老けこんで、いけませんね人間は社会とコミュニケーションを

持たないと、

でも兄はガンバッテいるんですよ今でも株式投資は!

下手の何とやらと言うのは兄の事を言うのでしょうか、

相変わらず止せば良いのにIPS銘柄と1兆円越えのゲーム銘柄

秋に1億になると言ってシッカリホールドしてます、

最近凄い銘柄見つけたとか、

何でも緑虫がガソリンを作るとか何とか・・・

病膏肓に入るとは兄の事を言うのですね、

宣伝広告に直ぐに反応するのが兄の・・・

めまいがしてきました、

明日でも兄病がいやすためにも海にタコ漁でも行ってこようと考えてます、

そこで誤って兄が海にでも落ちてくれれば・・・

あら何を言ってるのかしら、

ご免なさい少し兄の介護疲れで私、

私がしっかりしないと、

今日の新聞で石井証券のおじいさんが言ってました、

未だ調整は終わってないと、

私待ちますどこまでも、

中国もこれから、

兄の病も必ず治ると!

でも最近怖くなるんです!

兄は一生治らないんじゃないかと・・・

介護で疲れてる方相談して下さい、

何か解決の糸口が見つかるかも、

1人より2人!

少し安心しますよ!

by 加藤鯛だぞう!



[ 2013/07/06 20:37 ] [ 編集 ]
ボーナス真近
楽天でのお買い物はポイントが何時加算されるか不明で
更に、ポイント有効期間が限られているため、
買いたい物が無いのにチェックを欠かせないと言う
売り手優位の制度ですね。

楽天が瞬間的に売り上げ伸ばしたければ
本来買い手の当然の権利であるポイントを配ってしまえば良い訳で
楽天側は懐が何も痛まない訳です。

荒木レポートによると、楽天は評価され過ぎとのこと
どちらが正しいのかはこの2〜3ヶ月中に市場が判断してくれるでしょうから
注目しても面白いのかもしれません。

経団連でもコドモじみた我儘が目にあまり、
荒木レポートに応援したいひなこです。
[ 2013/07/07 09:31 ] [ 編集 ]
訂正!
立花証券の石井のおじいさんでした、(直近ですよ直近)

ご免なさい!疲れてるんですね私・・・

[ 2013/07/07 17:40 ] [ 編集 ]
参院選
こんにちは!

参院選で自民が圧勝して

法案が通りやすくなったとして

あのカジノ法案は通るでょうか?

[ 2013/07/08 13:38 ] [ 編集 ]
Re: 参院選
カジノ法案(IR法案)は通る可能性が高いでしょう。しかし、ネタとしては一度使われていて古いですし、実際のファンダメンタルズの変化としても日本株には大したことありませんが。

ラスベガス・サンズやウィンリゾートが美味しいところは持っていくでしょう。
[ 2013/07/08 14:57 ] [ 編集 ]
やはり
もう旬は過ぎたという感じなんですね!

ありがとうございます!
[ 2013/07/08 16:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索