仙人の祈り

女性の社会進出 - 男子に求められる新しいスキル

『アジア人の男ってほんと最低。死ねばいいのに。』という論調を巷でよく聞く。これは日本の女性だけではなく、ニューヨークの女性からも同様の声を聞くので、どうやら世界的に認知された現象のようである。何がそんなに世の女性の評価を下げる原因になっているのかというと、それはどうやらアジア人男性の「デリカシーの欠如」や「思いやりのなさ」という言葉に集約できる。

サンジ 水の都ある日のこと。私がニューヨークのカフェでお茶をしていると、目の前の信号のない道を、杖をついたお婆さんが超スローペースで横断しようとしていた。ビックリしたことに、それを見ていたガラス張りのカウンター席にいた白人の成年2人が、直ぐに店を飛び出してお婆さんのもとに走り、一人はお婆さんの手を取り、肩を優しく抱き、もう一人は道の真ん中で手を広げて、向かって来るイエローキャブに静止するように睨みを効かせていた。お婆さんは渡り終えると2人の頭を撫で、まるで孫に接するかのような抱擁で感謝の意を表した。

育った環境にもよるが、一般的にエリートと呼ばれるような欧米の白人たちには騎士道精神があり、老人や女性、子供に対しては絶対的に優しくあるべきという信条がある。時として、この信条は行き過ぎではないかと思うレベルにまで達している時もあり、例えばガッツリ稼いでいる女性とビジネスディナーへ行った時でも、割り勘する時は7:3くらいで男子が支払うのが(最低限の)常識となっていたりする。日本人の考え方だと、割り勘にしないと逆に失礼になってしまわないかと思うところだが、彼らにとってのそれは、見栄や損得、合理性という概念を超えたところにあるようだ。

何故このような話をするのかというと、先日、都内の駅を歩いていた時、長い階段をベビーカーと一緒に降りようとしていた日本人女性に対して、たまたま近くを歩いていた白人のビジネスマン風の男性がすぐに駆け寄り、ベビーカーを持ち上げて下まで降りるのを手伝っている光景を目にしたからだ。「騎士道は海外でも、異国の女性でもやっぱり同じなのだな」と思ったと同時に、何一つアクションを取らなかった日本人ボーイズ達との違いをまざまざと見せつけられた瞬間でもあった。女性は日本語で「本当にありがとうございました」と何度も頭を下げてお礼を言うが、男性は軽く首を振りながら微笑んで、サッっとその場を去っていった。何とも清々しい光景である。

こうした人々と比べられると、アジア人男性は肩身が狭くなる。オフィスビルのエレベーターに乗ると、同じ階で降りる女性はエレベーターガールのように「開」ボタンを押し続けて男性を先に通す。電車では男性は優先席で寝たフリをし、ファーストフード店では横柄な態度で店員に接し「オレは客だぞ」オーラを出しまくる。共働きの世帯で男性は家事のほとんどをせず「オレは忙しい、家事は女がやるもの」オーラを放つ。子供のいる場所や路上で喫煙をし、道端に吸殻を捨てまくる。なるほど、アジア人男性の小物っぷりが世の女性から敬遠されるのも分からなくもない。

彼らがこのような価値観を持つ大人になってしまった要因は、間違いなく家庭や社会環境による刷り込みにあるだろう。現役のサラリーマン世代が子供であった時、多くの母親は専業主婦であったはずだ。母親というものは外で働いて稼ぎを得てくる夫のサポートに回ることがほとんどであり、それが子供の目に焼きついている。そして、その夫も子供の頃にそのような家庭で育っているはずであり、そのことに疑問を感じない。結局、先祖代々、女性は男性よりも社会的に前には出ないことが定着してしまったと言える。

ところが、経済が急激に深化した現代においては、女性の労働力は今や絶対的に必要なものへと変貌を遂げた。このようなダイナミズムに対して、社会システムや、男性の意識、そして女性自身の意識も、歴史的に染み込んだ固定観念から抜け出せないでいる。安倍内閣は役員の女性比率を3割以上とするよう上場企業に求めているが、現在、日本の組織で意思決定権を持っている男性陣の頭というのは完全に凝り固まってしまっており、とても発想の転換を行える人達ではない。

比較優位を作り出し、安穏としてメリットを享受していた者というのは、そのアドバンテージを決して手離そうとはしない。しかし、世の若い世代の男性にアドバイスするとすれば、世界的にこの流れは止まらないどころか、加速して行くということである。男性が男性であるというだけでアドバンテージがあると思っていたら、とんでもないシッペ返しを喰らうことになるだろう。出世をしたいなら、直接的な感謝と愛情表現のテクニックを身に付けなければならない時代が迫って来ている。これからのアジア人男性に求められる新たなスキルは、欧米流の騎士道精神かもしれない。

BLOGOSで読む
るとぅるる
ブーッ!!
↑鼻血ではなく、パソコン見ながらコーヒーを噴出した音

挿絵に私が・・!!いや違うな、チョッパーか
・・・う、嬉しくなんかないゾぉ、コノヤロぉー♡
勘違いさせんなよぉ、コノヤロぉー♡
チョンチョン、パっ チョンチョン、パっ(踊ってる笑)

一部の男性には、耳の痛い言葉ですね(^^;
いつリストラ、病気、事故に巻き込まれるやもしれないから、本当に女性を守るというのは女性に自立の道を促すことだと思うので、オンナは家でと言う男性は、私が最も「ゲロちっちぇ~っ」て思う人間です
女性に地位や経済力をつけさせないのは、男性がそれを手に入れた時、よからぬ方向に行くのが自分が一番分かってるからじゃないでしょうか
そこが大きな間違いで、女性は男性と同じ欲に流される人は少ないし、イイ顔したいからってキャバクラみたいにばらまいて、借金を子孫に残すなんてことはありえません

「欧米かっ」なんてギャグもありますが、良いトコロは良いと余裕を持って学ぶ姿勢ができる方が、真に男らしくてステキだと思うんですけどね
でも、アジア人男性はかわいい方で、ナントカ教の方が私はむしろ許せない存在です
(TvT)日本人でよかった・・・

[ 2013/07/30 09:51 ] [ 編集 ]
Re: ブーッ!!
るんさん、コメントありがとうございます。

確かに、先日もアラブ首長国連邦で強姦被害にあったノルウェー人の女性が地元警察によって逮捕され、禁固刑を言い渡されるというミラクル判決が出たりしていますからね。

宗教と文化や政治が一体になっていると、やっかいな問題がおきますね。人は臆病な生き物ですので、比較優位をつくりたがります。神という絶対的な存在を序列の頂点に据えて、自分の意のままに世の中を操るのが宗教のよくない側面ですね。

別に欧米を崇拝している訳ではないですけど、公共の場での紳士的な振る舞いには学べるところがあると思います。態度や言葉で示さないと、本当にいろいろと伝わっていないことがありますからね、コミュニケーションは。
[ 2013/07/30 10:12 ] [ 編集 ]
耳もお腹も足も痛い~
この話題は早めに切り上げませんか!
[ 2013/07/30 11:20 ] [ 編集 ]
思った事。
ブログ楽しく読ませていただいています。

読んだ後に思いついたのがアングロサクソン系の男女ってあんまり性差が強調されていなくて日本だとやたら男女差が意識されているよなーって事。−系女子とかに代表されるように日本は女の子は女の子で男は男って価値観がまだ強いように思えます。この結果として何が起こるかというと男女間のコミュニケーションの不在だと思うんです。女性は女性として強烈に意識され、男性はある程度女性を意識しなければなりません。そしてコミュニケーションができないから騎士道精神なんてそのまたさらに上の理想ってなるわけです。
アメリカ人とかイギリス人って誰にでもいきなり話掛けるじゃないですか?あれは騎士道精神というより文化だと思うんです。日本じゃ敬語とか色々面倒だしこうはいかない。お互い見ず知らずで話かけるのなんてラーメン屋の行列とかロックフェスぐらいじゃないですか笑 電車の中で、街でいきなりばったり話かけるなんてそうそうないと思います。こういったシャイ?な文化が騎士道精神や公衆で助けるという事を妨げていると思います。
[ 2013/07/30 11:54 ] [ 編集 ]
イクメン支援
ご指摘のような様々な要因から、日本女性の社会進出を阻害しているのだと思います。
ただ、日本人もそう捨てたものではなく「イクメン」なる新たな存在も出はじめてきています。
しかしながら、イクメンは、大抵の場合、妻と違う会社に勤務していますので、妻の会社に於いては、女性の社会進出のために夫(イクメン)に早く帰ってもらうですとか、子供の為に休むようなことを、妻とは違う他の企業に協力を求めることになります。
このあたりにも問題があり、この辺の仕組みを変えないと、日本の場合、現実的に動かないような気もします。

そこで、一寸した提案ですが、イクメン保護減税みたいな、イクメンした夫側の企業にインセンティブとして税の減免や、表彰等を行ってはどうでしょう。
イクメンに協力する方が社会的にも経済的もお徳という環境づくりです。
あくまで当初の環境づくりです。

ま、おじさんの思いつきですがね。。。
[ 2013/07/30 14:20 ] [ 編集 ]
アジア人の男(?)に違和感を感じています。
日本限定で無いでしょうか?

近所の中国人夫妻は、ご主人が餃子の皮から手作りで
水餃子を作っていたり(すごく美味)、
重い買い物袋持ってあげたり
全然、日本人男性とは違っているからです。

韓国人男性とは知り合いが居ませんが…。

この間、もうすぐ1歳になる子供を連れて
アジアに海外旅行に行きましたが、現地アジア人スタッフが
女性スタッフに「お前の仕事だろう!」みたいな気配は感じませんでした。

一番嫌な思いだったのが、観光地で日本人のおばちゃんに
「こんな小さい子供がいても遊びたいんだ!」と
知り合いでも、親戚でも無いのに言われてしまい、
「あー、ここまで来て、日本人に会わなけりゃ良かった。」と
心底思いましたよ(怒)

ベビーカーですが、この間、TVで「モラルの問題」で
取り上げられており、子育て世代以外は「狭いのに迷惑」と
否定的な意見が多かったです。(コメント者は殆ど女性(泣)

近くの公園位までなら、子供もベビーカーも認知されますが
遠出(この時ほど必要)の時に否定されるって変ですよね。
[ 2013/07/30 14:35 ] [ 編集 ]
もう止めてくれ!何でそんなに私をいじめるんだ!
改心しますから許してください!
[ 2013/07/30 14:49 ] [ 編集 ]
食事は7:3で女性が多く支払う
男性に対して絶対的に優しくするべきという騎士道精神

逆にすりゃあどんだけアホな事言ってるかわかりそうなものなのにな
[ 2013/07/30 17:34 ] [ 編集 ]
そうだそうだ!
逆に考えれば良いんだ逆に!
[ 2013/07/30 17:37 ] [ 編集 ]
↑いるんだよなーこういうやっかみ揚げ足取りの奴。はい論破みたいな地沼なおバカさんが。どっから流れて来た(笑)
[ 2013/07/30 17:41 ] [ 編集 ]
いるいるそんな奴!
ネットから流れて来たんじゃないかな!
[ 2013/07/30 17:52 ] [ 編集 ]
ってあんた誰?
そうかネットから流れてきたのか、じゃあ仕方ない。ってあんた誰?、えっわたし?私はネットから流れて来た者ですが。
[ 2013/07/30 18:04 ] [ 編集 ]
今は事情があって名乗れないんです!
昔鳴らした者です!
[ 2013/07/30 18:13 ] [ 編集 ]
のりお?
[ 2013/07/30 18:29 ] [ 編集 ]
度々ご免なさい!
レモンさん地沼な奴ってどっちですか、

前の投稿者でしょうか2つ前の方でしょうか、

気になって眠れません、教えて下さいお願いします。
[ 2013/07/30 18:30 ] [ 編集 ]
良かった!
これでグッスリ眠れます!
[ 2013/07/30 19:09 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

確かに交差点で信号待ちしている時に、いきなり隣のおばちゃんが「日本人?生姜湯やろ〜、冷えるで〜今日は」と声かけられたことありますが、欧米人と大阪のおばちゃんというのは、ごく普通に話しかけてくるのに、不思議と違和感がないのが凄いですね。

まあ、まとめると、女性が上司になることが増えるので、女性の気持ちを察するような気遣いがスキルとして必要ではないでしょうか?ということです。何かいろいろと盛り上がってますが。
[ 2013/07/30 20:29 ] [ 編集 ]
日本人精神
毎度面白い記事、楽しく読ませていただいております。
この件については、あまり男のせいばかりではないと思います。
皇室での雅子さまバッシングとか、完全に女性尊重をぶっつぶす風潮ですよね。
横断歩道の例で言えば、道路を渡れない妊婦の人に、いっせいにヤジを入れる感じですか。
私見ですが、そういう、男として評価が下がりそうなことから、都合よく逃げる方が、人間的にどうかと思います。
男女関係なく、社会全体の問題だとするべきじゃないでしょうか。
下手に男女問題にすることは、むしろ問題を解決から遠ざけていると感じます。
[ 2013/07/30 21:30 ] [ 編集 ]
この話が盛り上がりをみせている理由は、単純である。
そう行動したくてもできない自分を社会や他のせいにしなければ落ち着かないからであろう。
自分も含め海外に住んだ経験のある人物であるなら、彼の説は当前のこととして受け入れられるが、女性差別だ、やれ欧米崇拝だというものに限って成功している人間は少数ではないだろうか。
この話が盛り上がりをみせるほど、日本社会を映しだす問題であると分析できる。
日本の女性進出のサポート状態は、まだハリボテだ。
[ 2013/07/30 22:12 ] [ 編集 ]
記事拝読しました。
自分は日本人男性だけど、階段や坂道などで車椅子やベビーカーも
手を貸すようにしてます。
関西の私鉄路線ですが、学生さんが妊婦や老人に席を譲る光景もよく見ますよ。

ただあくまで主観だし色んな方がいますが
たとえばエレベーターでボタン押して待ったり、
ドアを手で押さえて後ろの人を通す場合、おっちゃんと若い女性は
怪訝な顔や無表情でお礼言わない人で横を通っていく人が多い印象があります。
お礼を期待してるわけじゃないけど、おばちゃんとか外国人女性は
「ありがとう」と笑顔で言ってくれる人が多いのでギャップは感じます。

ただこのへんは人間性とかでなく、見ず知らずの人への警戒心や
コミニュケーションの苦手さとかあるのかもしれないし
以前に身体障害者の方と話してて「親切を受ける苦痛」「親切を受けるのは難しい」
っていう意見もあったので、複雑で難しい部分もあるように思います。

私の小学校にいた隻腕の下級生はプライドが高く手を貸されること自体を嫌ってましたし
「西洋のレディーファーストは女性を先にしてやるという、男の上から目線による
女性蔑視の名残」と考えるフェミニストも一部にいます。
相手を傷つけないというのがマナーだと思うけれど、人の心は何が
地雷か分からない時もあるので、上のようなケースでは逆の行いになる事もあるので
難しいですね。
[ 2013/07/30 23:31 ] [ 編集 ]
話題は変わるけど!半沢直樹にハマっちゃった!
許せない支店長め!

ドコモの幹部見たいな奴らだ!

CMのチェリストの黒い方!

私かと思った!

視力が落ちたのかな~
[ 2013/07/31 10:25 ] [ 編集 ]
騎士道精神とはなんですか?
貴方が絶賛する白人男性は黒人を奴隷として扱い、卑下してきました。
白人が黒人にしてきた野蛮な行為を、海外でも活動されている貴方ならご存知でしょう。
仕事の為とはいえ一方に偏った、歴史誤認を与えかねない表現はいかがなものと思います。
記者としてのプライドがまだ残ってらっしゃる様でしたら、今一度ご自身の仕事を見つめ直してはいかがでしょうか?
[ 2013/07/31 22:53 ] [ 編集 ]
奴隷時代にまでさかのぼる人がいるとは驚きの展開に目がはなせません!

隣の国の人か

さすが日本!





[ 2013/07/31 23:11 ] [ 編集 ]
女性からの一意見
文章を、いま一度冷静に読んでみては...
と提案させていただきます。

冒頭の文章は、アジア男性...日本人男性にとって面白くもない内容と思われますが、こちらの書き手の主旨は全く異なるところにあるようです。
その主旨をご自身の都合のいいように解釈されている方がいることに、私は少し驚いております。

私がベビーカーを持ってくれる方が日本人の若い男性であれば、今の日本は捨てたものではないなと思いますし、私が上司であれば、心地よい感謝の言葉は心から消えず、相手をよりよい位置に進ませてあげたいと思うと思います。
人間ですからね。(笑)

相手の心を掴むことが、お仕事上に有利に運ぶという事例を、過去をさかのぼることでもなく、自分も気をつけてやってみようと言う男性がいないことを残念に思うところでもあります。
女性の心を掴める男性は、どの時代でも重宝されるのではないかと思うのですが
女性の一意見として、腹を立てず読んでいただけたら幸いです。
[ 2013/07/31 23:34 ] [ 編集 ]
はじめまして

いつも楽しみに拝見しています。
騎士道も武士道も相通ずるものがあるかと思います。

分け隔てなく、やさしさをもって人と接すればいいのではないでしょうか。

最近は、やさしさを仇で返す人が多く感じます。残念なことに女性と中年以上の男性に多い気がします。

私も中年男性として気をつけてます。
[ 2013/08/01 00:14 ] [ 編集 ]
知らなかった!
親方!記者をしてたんですか?

それにしても皆さんてごわい!

俺なんか可愛いもんだ!

他にも聞きたいことあるけどまたこんど、

今何時だ?ねむい~
[ 2013/08/01 03:50 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

いろいろなご意見があり、文章を拡大解釈というか、行間を誤認しているのではないかと思う方もいますが、それも含めて皆さんのコメントから私も学ぶべきことがいろいろあるので、大変助かっています。

earoさんも書いていますが、海外に住んでいたこともある私としては結構普通の内容だと思いますが、日本だといろいろとセンシティブなゾーンになっているようですね。

ちなみに、私は記者ではなく、アナリスト・ファンドマネージャーです。
[ 2013/08/01 09:19 ] [ 編集 ]
初めまして、いつも楽しく読ませていただいています。

ハフィントン・ポストの女性会議の記事を読み
女性の社会進出が進んでいると言われている海外でも
意識としてはそれ程違いはないのではないかと思っています。

男女とか性にこだわらず思いやりのある社会を
1人1人が目指すしか無い様に思いました。

小松原さんに質問があります。

競争の激しい、ファンドマネージャーの世界に
女性は存在するのでしょうか?

セルならいる、とかバイは難しいでも構いません。

また、世間に顔を見せない言われるバイサイドの男性の方達は
結婚されている方は、相手の方にサポートを求めるのでしょうか。
キャリアを求めるのでしょうか。

人それぞれ、好みがあると思いますが、傾向がありましたら
教えていただきたいと思います。

よろしくお願いします。
[ 2013/08/01 09:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
さくら貝さん、コメントありがとうございます。

ファンドマネージャーというのはバイにしかいませんが、女性のファンドマネージャーは極めて少ないというのが現状です。アナリストの場合は2割弱くらいは女性がいると思います。
このような偏りを見せていることに対して合理的に説明できる材料は何もありません。職業差別と言えるかも知れません。

パートナーにサポートや相応のキャリアを求めるという傾向はないと思います。自分が好きになった人と結婚したいと思うだけではないでしょうか。ファンドマネージャーとして生き残っているような人程、本質的な価値を悟っている人が多いと思います。そういう人は、学歴やキャリアはその人を表すごく一部の情報でしかないことに気づいているでしょう。
[ 2013/08/01 15:47 ] [ 編集 ]
何か安部ノミクスとは裏腹に、世の中生活が仕事が苦しくなってる様に思うのは私だけでしょうか?家の母ちゃんも暑くて仕事のストレスかイラ付いてる感じです、行間を空けるのは、前にお前の文章読み辛いから行間開けろと言われたからです、ホントは句読点の使い方理解してないからです、今度は行間の使い方贅沢だと指摘されて、私は何処で息を抜いたら良いのでしょうか、もう少し稼ぎがあれば母ちゃんも機嫌が良いんだろうけど!何所に行っても踏んだり蹴ったりだ!行間節約してみました、題名もついでに節約しました!これで良いでしょうか、ボス!えっ!内容が下らない!途方に暮れそうですあたいは!
[ 2013/08/01 17:21 ] [ 編集 ]
お返事ありがとうございます。

やはり、ファンドマネージャーの世界は厳しいのですね。
同じ頭脳勝負のコンサルなどでは、
女性は身体で仕事を取ってきているなど
書かれたりしていて悲しいです。

でも、能力が無くて管理職の女性はそう言われても仕方がありません。
政府が女性は管理職を推進しても、上からの命令だから人数増やすのでは
何の意味もありません。
評価システムがしっかりしている会社も少ないように感じます。

ファンドマネージャーの様に、数字で結果がキチンと出る仕事でしたら
そんな事には成らないのでしょうね。

私は女ですので、心のどこかに守ってもらいたい気持ちがあります。
仕事は一生懸命頑張っていますが、それで、男性が
「君の出世は応援するよ。でも、僕は好きなようにやるよ。」
などと言われてしまったら、その方に尊敬を抱き続けることは無理でしょう。

互いを尊重し合いながら、仕事を続けられるパートナーを
選びたいですね。

そういう男性が増えてくれる事を、ただ願うのでは無く
私も女性としてできることを考えていきたいと思いました。

これからも注目しています。
ブログ頑張ってください。

[ 2013/08/01 19:39 ] [ 編集 ]
毎回興味深く拝読させて頂いております。
私も周さんの考えに同意します。NYCに以前にいました。日本に帰国し日本の良いところも多々再発見しましたが、最も「違和感」を感じたのは将にこの点です。

日本人の特に男性は、この点を得るだけで国際的にも、またはこれからの社会においても、大きな変化が出ると考えます。自分にとっても、交遊関係や家庭でもプラスになる面があると思います。

余談ですが、私は男性です。業界も異なります。
帰国前にはベビーカーも地下鉄の階段でサポートできるようになりました。日本ではエレベーターも増えそこまで求めないかも知れませんね。。。
今の私は、この精神の手本となる紳士の仕草を街で見つけては、自分の手本とするように意識的に行っております。
[ 2013/08/03 12:41 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
KSさん、コメントありがとうございます。

欧米のどこかに住んでいた人が日本へ帰ってくるとこの部分にはすぐに気づきますよね。エレベーターで女性や子供が先に降りるのは常識であって、日本の視野の狭いオジサン達は会社でも家庭でも自分の立ち位置が間違っていないか再確認をした方がいいでしょうね。まあ、こう言って簡単に伝わるようなら、とっくに日本はもっとイノベーティブな国になっているとは思いますが。
[ 2013/08/04 15:52 ] [ 編集 ]
アナリストとかファンドマネージャーという、金で金を稼ぐくだらない職種の人間は、
やはり軽薄で思慮の浅いことをいう人間に過ぎないんだなと再認識した記事でした。
私も同職種なのでそれはもう軽薄な人間ですが。
[ 2013/08/16 21:35 ] [ 編集 ]
なら外国に行ったらどうですか? それで全部解決じゃないですか
[ 2013/08/26 16:21 ] [ 編集 ]
うわー
頭の悪いフェミジジイかw
気持ち悪いフェミババア目当てですか?
[ 2014/05/15 13:59 ] [ 編集 ]
名無し
日本含むアジアの男に死を!
[ 2015/10/02 04:36 ] [ 編集 ]
欧米にあこがれても日本の屑男どもには全く憧れないわ
自分たちよりも圧倒的に醜く劣った存在に嫉妬する人間なんていないからね
日本の男どもは世界的に見て劣等種だと自覚するべき
女性を虐げし大した文化も作れず欧米の強い男性に戦争で負けるw
容姿はもちろんのこと知能ですら勝てないww
[ 2015/10/17 00:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索