仙人の祈り

伝えること - 受け継ぐことの難しさ

「伝」という字は「人」が「云う」と書くが、これは文字のない時代から人は大切なことを口で話すことで継承し続けていた様をよく表している。文字が生まれて書き残すということが可能になった時代となっても、やはり口で直接伝えるということには特別な力が宿っている。

どんな偉人であっても100年も経てばこの世に形を留めることはできず、そして塵芥のごとく忘れ去られる。しかし、その人物が遺したものを伝える者がいる限りは、人々の記憶に残り生き続ける。世に残る仕事や組織、作品を生み出し、それが伝えられ続ければ、ある意味で人は万世に渡って生きることも可能である。

人に忘れられた時昔の権力者たちはそれを血を残すという手段に頼った。中国の歴代の皇帝たちは後宮に何千人もの美女を囲い、自分の血を残すことで関節的に生き続けようと願った。しかし、歴史が証明しているように、そういった権力者の血は実際には何も身のあるものを継承しておらず、直ぐに根絶やしにされていった。

現代でも、会社を興し、まともな考え方を持った創業者の場合はそのことをよく理解しており、血縁による組織の継承を否定する傾向がある。自分の偉業を後世にまで遺すには、自分の得たノウハウや思いを、信頼できる部下に伝え継承してもらうことが、最良の手法であることを知っている。

ただ現実は厳しく、創業者の思いを直接伝え聞いた2代目までは遺したものを何とか継承するが、伝言ゲームと同じで、3代目ともなるとほとんど継承されない。何故なら3代目にとって2代目は所詮は創業者のレプリカであり、創業者は今とは状況が全く異なる時代背景の上で戯言を述べているだけの人物と解釈される。

株式市場でも「3代続く会社は存在しない」という格言があるが、創業者がまるで生き続けているかのように思いやノウハウが継承されているという例はまずない。製造業で最大の時価総額を誇るアップルでさえ、創業者のスティーブ・ジョブスが逝去して、その喪の明けぬうちから会社の方針は変えられ、歴史が証明する方向へと突き進んでいる。

このように歴史を振り返ると、伝えるということが如何に難しいことであるのかがよくわかる。これだけテクノロジーが発達した現代でも、未だ偉業を成した人物のコアとなるものを世代をまたいで継承するということに関しては、有史以前からまったく進化していないと言っても過言ではないだろう。

人というのはいつも同じ失敗を繰り返し、本質的には変わっていない。我々は時間という軸の最先端にいるという意識から、自分ばかりが特殊な苦境に立たされていると勘違いしてしまいがちであるが、過去の先人たちも間違いなく同じような苦境に何度も立たされ、それを乗り越えて来たはずである。

先人たちが伝えようとしたことを現代にいる私たちは直接聞くことはできない。しかしそれでも、彼らのが遺したものは、文字や歴史などの行間から読み解くことはできる。彼らの声は届かなくても、現代に生きる我々が彼らのいた時代へ歩み寄ろうと努力すれば、途絶えていた声を聞くことが叶うかもしれない。
[ 2013/09/17 18:00 ] 経済社会 | コメント(30)
選ばれざる道
夕焼けに染まった森の中で、道が二手に分かれていた
残念ながら、両方の道を選ぶことはできない
私はどちらを選ぶか長く考え、片方の道に目をやった
その道は、多くの人が通り、整備されていた道だった

それから、もう一方の道に目をやった
そっちは誰も通らない道で、草が生い茂っている
私にはそっちの道のほうが、とても魅力的に見え、その道を歩き始めた
わたしは自分の歩む道は、自分が作らなければならないと思ったから

あの日、私は自分自身の道を選ばなければならなかった
あっちの道はまたの機会にしよう、と思ったが、二度とこの場所に戻ってこないことを、私は知っていた

私はいま、昔のことを思い出し、ため息をついた
ずっと昔、森の中で道が二手に分かれていた
そして私は、人が通らない道を選んだ
その道のりは、想像を超えるほど大変なものだった
しかしそのことが、どれほど私の人生を刺激的で、おもしろいものにしてくれたことか

今の私が、二十歳の自分に何かプレゼント出来るとしたら…。

トルソー(マネキンのボディの事)かなぁ。
その頃はバブルだったけれど、ひなこはお金無かったので洋服は殆ど手作りでしたので。
オンリーワンって結構楽しめると思います。

このブログ読んでいて、お宝株発掘を頑張ろうか何て考えた時もあったけれど
私が株式市場に参加している理由を考えたらどうでも良くなってしまいました。

私が参加している理由は社会の風を感じる事。
だからお天気のように変わる相場でも、「見えた!」と思った時だけの参加です。

ちょっとだけ進歩したとしたら、
日本がどうなったとしてもここは残っていて欲しいと思う会社を応援購入で放ったらかしにすること。

持っている事で、日常生活がワクワクする会社を見つけることでしょうか。
ワクワク銘柄はやっと一つ見つけました。ひなこはそこのスコーンが大好きです。




[ 2013/09/17 18:40 ] [ 編集 ]
トヨタの最高顧問がなくなりましたね。それにしても、トヨタの一族は優秀ですよね。
[ 2013/09/18 08:04 ] [ 編集 ]
この挿絵の人物のように心血注いだモノを信頼できる方が繋いでくれて、
「 人生!最高だった!」
と世を去るのが、私の最大の目標です
そーなると、妥協なんて簡単にできないですね
コダワルもの以外は、グダグダですが笑
[ 2013/09/18 08:15 ] [ 編集 ]
中国4000年の歴史って言っても、
あの国は支配者が変わるたびに過去の歴史から異物まですべて消し去ってしまってきた国ですよね。

日本は違ってたはずです・・・。
[ 2013/09/18 08:31 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

トヨタも自動車会社としてのトヨタは今の章男さんが3代目ですので、大きな節目にいますね。世界一の会社を引き継いで、その地位を守れるかどうか、注目に値しますね。
[ 2013/09/18 13:42 ] [ 編集 ]
カモへ
たとえ、1時間でも絶対許さない。
あんたは本当に、卑劣な男だね!(怒)

周さん、自由にコメントいじれると何でもアリになりますよ。
[ 2013/09/18 14:35 ] [ 編集 ]
申し訳ございませんひなこ様!イケてると思ったんですが・・・

私の問題でございます、主様には罪はございません!

重ね重ね申し訳ございません。
[ 2013/09/18 17:18 ] [ 編集 ]
この2日の出来事ですが、見ていてとても残念に思います。
未だに勝手にコメントを変えたり削除できる人が居て、小松原さんがそれを自由にしていることです。

顔が見えないブログだからこそ、責任のある行動が求められるように思います。

これを許す、ブログ主を信頼することは出来ません。
本当に信頼できる男性は居ないのですね。興ざめです
[ 2013/09/19 18:59 ] [ 編集 ]
↑理解できません
すみません、さくら貝2.0と申します。上のさくら貝さんは、本当にさくら貝さんでしょうか?もしかしたらオバハーンの成りすましではないでしょうか?

本物のさくら貝さんが見ていたらコメント下さい。成りすましはよくないと思います。
[ 2013/09/19 19:30 ] [ 編集 ]
えっ!なりすましなの?と言うことは・・・・・名もなき毒?

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・・・・・?
[ 2013/09/19 19:50 ] [ 編集 ]
私が投稿した時とは、前コメントの内容が変わっていますね。

さくら貝2.0さんへ
カモさんのコメントの編集ボタンを押してみるのと
ご自分のコメントの編集ボタンを押して見れば何のことだかわかると思います。



[ 2013/09/19 20:36 ] [ 編集 ]
いわゆるミームとか模倣子とかいう概念ですかね。

文化や知恵として後世に伝えるのは賛同者を得ればそこに組み込まれるのでできないこともないんですが、人格や思想ともなると骨子の部分を事細かに分解分析翻訳する必要がありますし、最後の翻訳は個人の過去の経験から模倣を試みるのでどうしても100%は伝わらないんですよね。

これは数が必要ですな
[ 2013/09/19 21:10 ] [ 編集 ]
一族
私の知り合いの知り合いに、時めいているカレーなる一族の方がいます。年齢性別も言うのはやめときます。
歴史上の人物でたとえるなら平安貴族でしょうか。無能ではないそうです。
しかし、効果的な金の使い方が分からず、金づかいが荒いそうです。
噂話を聞く限りでは、企業を率いる器ではなかったそうです。財閥だから何とかなってます。
重要でないグループ会社を任されて切り切り(本人は切り盛りしてるつもり)してたみたいです。笑
芸能人ではなく、一般人なので。一般人は有名な一族でも光のみ当たります。
[ 2013/09/19 23:23 ] [ 編集 ]
さくら貝2.0さんはレフトスタンドさんのなりすましかな?
売られたケンカは必ず買います。そして自分で決着付けます。
カモ、覚悟しろ!イケてるなんてコメントしているうちは反省足らん。
あんたの器量では、パスワード返上した方が良いんじゃないの?

ここの女性ファンの方達は周さんに過度の期待を抱いている様ですが
周さんは女心が判るようなお人ではありません。でも、オンナに弱いです。

ひなこは周さんにイメージフォトを送っており
実際お会いはしていませんが、「考えてみましょう」のお返事頂いた事もありました。(よね)

周さんのリアルに対するバイアスの掛け方が甘すぎてみえみえの時があり
直接メールで「短絡過ぎる」とおちょくったりしています。
もう既に、小松原周の個人情報はかなりの量となり
年齢、出身高校、勤務先、………は把握済み。

ブログをしっかり読んで分析すると「あー」となりますので他の方々頑張ってください。

今回の件は、紳士的とは真逆な対応でしたが周さんの心が透けて見えます。(また納得)
それでも専門分野では質問すれば答えてくれますので
2.0さんはカモ級のくだらない突っ込みでは無く、
本当に知りたい事をぶつけて見てはいかがでしょうか。

ここは元々は、周さんと一見識ある方達の発信対話の場でした。
私は金融とは全く別分野ですが、ブログを読んで私なりの視点の発信の場にお借りしています。
また、今日もいらっしゃっている見識の高いコメントを楽しみにしています。

周さん、ブログの最初を読んでみると大きな違いが出来た気がします。
私はここは、ナードが読むサイトで良いのだと思いますが!

カモにパスワード与えた件は、何の実験だったのか説明していただけると助かります。
[ 2013/09/20 00:24 ] [ 編集 ]
FOMC
それでは、サプライズにもかかわらず誰も聞かないので。

FOMC の緩和縮小見送りはサプライズでしたよね。
市場予想とは違っていたはずです。

これからの世界経済、そして日本経済の流れに変化はあるのでしょうか。

ぼくは長期投資ではあまり関係ないと思うのですが・・・
[ 2013/09/20 00:39 ] [ 編集 ]
カモと呼ばれながら大人が叱られると恥ずかしいですね、でも真に非難すべき敵はもっと他にいる様に思うのですが!ここじゃ無くて世間にですよ!
主様ご迷惑おかけしました、暫く謹慎しときます!3日くらい?
[ 2013/09/20 03:21 ] [ 編集 ]
ひなこ・・・
あんたが一番コワイわ~笑
もーちょっと、自分自身を客観してみなよ~

相手の年齢だ、会社だ・・・それ知って何になるの???
自分の聞きたいことは聞いておいて、あなたのコトは
全て押さえてますのよ~おほほっ・・・なんてオンナ、私なら吐きそう笑
オンナ心どーのと言うより、オトコ心を掴めない自分の未熟さに気づけ~~
ああ~これに対するコメントなんて、打つな、ひなこ
うざったいこと、この上ないから(・v・;)

いやーMIKENEKOさんの、まともなコメントが懐かしい・・・
家でも梅酒作って、昨晩飲みましたよ~(届きますように♡)
[ 2013/09/20 06:31 ] [ 編集 ]
Re: FOMC
失業率が7%近辺に落ち着いて、それを持続できる経済的な力強さがみられるまで、緩和を続けるとありましたので、バーナンキにはまだその条件には達していないということのようです。

現在のコンセンサスは12月になっていますが、雇用は急激にはよくならなそうなので、このままイエレンにバトンタッチして、3月くらいになるかもしれませんね。

新興国への影響が一番大きいですかね。米国の引き締めが先送りされたため、世界のマネーのリスク許容度が少し上がっています。
[ 2013/09/20 09:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

ひなこさんの仰る、私がパスワードをカモさんに渡している云々というのはまったく何のことか分かりません。コメントの編集は自分でパスワードを設定すれば誰でも出来ますが。まずは冷静になってご自分の行為や発言内容を見つめ直してみることをお勧めします。

私は皆さんの投稿のIPが見えています。成りすましもわかっています。これまで一度もコメントを削除したことはありませんが、今後、悪質と判断した場合には削除を行います。
[ 2013/09/20 10:32 ] [ 編集 ]
周さんへ

あれはカモ独自だったんですね。安心しました。周さんまで疑いました。
私は、今回のカモの様な意識を許すことはできません。
今回は同性の目撃者が居たので助かったと思っています。

るんさんへ
キチンと伝わっていない様だから、もう1度言っておくけれど
私はるんさんの顔を思い浮かべながらこれを打ち込んでいます。
私達の業界は村社会。るんさん近所でしたのではっきりわかってしまったのですが
安易なコメントで先生のリアルが特定されてしまうのはまずいのではないでしょうか。

相手がどんな背景でコメントしているのかは重要だと思います。
周さんが本当にファンマネなのかと思いながら読んでいる方達も多いとおもいます。

私は周さんの仕事内容が分かって、発言の重要性を再認識する事は多いです。


[ 2013/09/20 12:04 ] [ 編集 ]
ひなこさんって方は頭がおかしいのだと思います。人のこと私知ってますからと言って恫喝するなんて、子供染みています。

売られたケンカとはいったい何なのよ。囧rz。あなたがかってにかき回して、他のまともな人のコメントを邪魔しているようにしか見えないですよ。みんなそう思っていると思います。妄想するのは勝手にお一人でどうぞ。
[ 2013/09/20 13:08 ] [ 編集 ]
皆ギリギリいっぱいいっぱいなんですよ!たぶん!ハ~
[ 2013/09/20 13:15 ] [ 編集 ]
好きならさ、
もーよっぽど私に興味あるのね♡

でも、ホントに医療に携わる人?
個人情報を知ってると言ってみたり、相手の気持ちに寄り添わないなんて、この業界ではあり得ないな~

北風と太陽の話のように、好きな人には、喜んでもらえること考えよーよ
今、ひなこに聞いてもらいたい歌、これだな♪

「love me.I love you」B'z

むしゃくしゃしてる時歌うとスカっとするよ~♪( ´θ`)ノ←なんなら一緒に歌っても…笑
[ 2013/09/20 16:05 ] [ 編集 ]
感想
他人の庭で勝手にBBQしているような書き込みはやめませんか?

顔も何も分からない書き込みだからこそ、

例えば「もしかしたら相手の方は精神疾患があるのではないか」などと考えれば、
会ったこともないネットだけの関係の人に厳しいコメントは控えるのが
エチケットだと思います。

一番危惧しているのは、荒れることで周さんがブログを閉鎖したり
コメント欄をなくして一方通行になることです。

一人ひとりの心遣いではないでしょうか。
[ 2013/09/20 16:31 ] [ 編集 ]
カモが精神疾患・・・納得!優しくしてやろう。
[ 2013/09/20 17:03 ] [ 編集 ]
事の起こりはセクハラです。
私は新参者ですが、小松原さんの女性の社会進出の記事を読んでコメント始めました。

私は削除された文章を読んだので、ひなこさんの怒りが理解出来ます。
ここ数日間、コメントが変わったり消えたりして変だとは思っていました。
この件が起こる前にも、医療人としてのひなこさんを中傷するコメントが一度アップされ消えて居ました。
私は小松原さんが消したのだとばかり思っていましたがそうでは無かったのですね。

私の仕事では、頑張って上手く行っても身体で仕事取ったなどと陰で言われたりします。
そして、言っている敵は同性にまでなってしまうのです。
女性の敵が女性というのはとても大変で悲しいのです。

今回は同様の事がブログ内で起こっていると思っています。
さくら貝は私一人です。さくら貝2.0さんが現れ、成りすましは良くないよと言います。
さくら貝2.0さんはレフトスタンドさんですね。
私のハンドルネームに2.0を付けて現れられるのは正直、気分良くありません。
同性が「だからオトコにモテ無い」などと言うのも中傷でしかありません。

酷いコメントを書いては消す張本人は、悪びれています。

るんさんとひなこさんの職業のどちらが医療人かと考えるとコメント読めば
真面目に頑張っているのはどちらか直ぐ判りますよね。

私の上司は見て見ぬふりします。そこのところも上手くやってくれいうことでしょう。
海外でお仕事していた小松原さんはどうでしょうか。

[ 2013/09/20 19:49 ] [ 編集 ]
自分で解決する!主様を巻き込まない!シツコイ!当事者で解決!愚か!
[ 2013/09/20 20:19 ] [ 編集 ]
最後通告です
最後にもう一度だけお知らせします。

成りすまし、複数のハンドルネーム、他人への嫌がらせとなるようなコメント、、、etc。
これらを発見しましたら、以後はコメントを消し、また投稿できないように拒否させて頂きます。
私に関しての身勝手な詮索や、論拠に乏しい攻撃的なコメントも同様です。

健全な運営のため、ご理解頂きますようお願い致します。
[ 2013/09/20 23:26 ] [ 編集 ]
少し忙しく、流れがわからずにおりました。

ネットは誰でもなんでも書くことができるので、無自覚に人を傷つけてしまうこともあるでしょう。

また、同じ意見や考えを持つ人が異論を唱える人を集中攻撃したり、自分の怒りを転化するようなこともあるでしょう。

勿論、何を書いても言い訳ではないですし、見えないからこそより言葉を選ばなければとは思います。

でも、それぞれ違うことが前提で、臆せず意見を書ける自由に開かれた場であることもそれ以上に大切な気がしています。

生意気ですが、成熟ってそういうことではないのかなあと。

輪ゴムって強い力で引っ張ったらいつか切れますけど、引っ張られたら痛くないように緩めればいいんですよね。

ま、それがなかなかできないのですが。

ひなこさん、ただいま栗を冷蔵庫で熟成?させていますよ~。
すごく甘くなるのご存じですか?





[ 2013/09/21 01:59 ] [ 編集 ]
今回は申し訳ありませんでした。
MIKENEKOさんありがとうございます。
正直、今回は猜疑心だらけで心折れました。

栗、我が家も冷蔵庫に冷えています。
気を取り直して、渋皮煮を作ってみます。
[ 2013/09/21 09:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索