仙人の祈り

食のガバナンス - 調達に見る企業のクオリティー

先日、六本木の某社を訪問した帰りに、適当に目に入った中華料理屋でランチをしていると、同行していた中国人の同僚が突然目を見開いて「、、、大変なことが起きました」と言うので、地震かテロか下方修正でも発表されたのかと思ったが、何でも厨房にいる中国人の料理人たちの中国語の会話が聴こえてきて、激安の福島産の米と野菜のお陰で利益が上がったので、オーナーが旅行に連れて行ってくれるという話をしていたというのだ。

私は「何だそんなことか」と思い回鍋肉定食を食べ続けたが、同僚は立ち上がると厨房の方へ行き、静かに気迫のある口調で抗議と説教をしていた。「このお店最悪です、ホント信用できない。」と戻るなり私に申し訳なさそうに感想を述べるが、お前がそれを言うなという突っ込みどころはさておき、すぐに文句を言いに行くあたりは流石に中国人だなということと、やはり福島産ということは気にするんだなと思ったりした。

食べて応援私はニューヨーク在住であったため、3.11以降の一連の動きは知識として知っているに過ぎないのだが、当然、サクッと昼飯を食べるようなレストランであれば、福島産の食材は使っているだろうと勝手に了承しているところもあったので、今更サプライズはない。問題の震源地からそれ程離れていない東京に住んでいる時点で、食べ物だけ東日本を避けて通ることなど出来ないと思っている。

ところで、日本の食品やレストランを営む上場企業に会った時には、毎回のようにこの点についてはヒアリングするようにしている。福島産を使うなと言っている訳ではなく、どの位の労力を割いて食の安全性を担保しようとしているのかを聞くと、企業のクオリティーがよく見えてくるためだ。私の口から企業名を出して具体例を述べることは出来ないが、概して言うと、やはり大企業ほどキチンとした取り組みを行い、小さい企業ほど不透明(というか確信犯)である傾向があるのは否めない。

食を扱う企業というのは大変で、毎日何万個と製造する製品の一部に不具合があっただけで会社が傾く程のリスクがあり、関連会社や工場のペストコントロール、従業員教育にはかなりの経営的資源を費やしている。その昔、キリンが「午後の紅茶 ミルクティー」を発売した時、業界に衝撃が走ったことがある。安全性を担保しつつ、生乳、チルド、ペットボトルという条件をクリアするには、技術的なイノベーションが必要であった。消費者的には何でもないようなことでも、万が一にもエラーが許されない大企業にとっては、冷たいミルクティーを出すことすら大変なハードルであるということだ。

「食材の調達に関して、放射性物質に対する取り組みを教えて下さい」と聞くと、ガバナンスのしっかりした大企業の場合だと、具体的な数字とともに情報の開示がある。「我々にとっては収益の圧迫要因ですが、お客様の口に入る製品を作る企業としては、絶対に守らなければならない領域です。お手元の資料に嘘があれば取締役全員が辞任すると、取引先企業にはお約束しています。」という企業もあった。

一方で、小さい規模でオーナー系のガバナンスの弱い企業や、外食企業の場合には、こうはいかない。サイゼリヤのように福島産を使っていますとディスクローズしている企業の場合は例外として、「当然しっかりと取り組んでいます」と言いつつ、後日送ると言っていた詳細な資料がいつまで経っても送られて来ないような会社はたくさんある。機関投資家としては、ガバナンスの弱い会社に投資することは出来ないので、必然的にこうした会社の企業価値も低下してくる。それこそが、資本市場の自浄作用というものだ。

「何て言ってきたの?」と先ほどの同僚の中国人に聞くと、「お客に喜んでもらえる仕事をしなければプロの料理人とは呼べない。オーナーの不誠実を制止するのが貴方たちのやるべきこと。商売の神様は絶対に不誠実は許してくれません」と諭してきたとのこと。なるほど中国にも、商売の神様という名のガバナンスは(一応は)存在しているようだ。

参考サイト: 原発放射能関連★不買運動リスト★
[ 2013/09/07 18:00 ] 投資全般 | コメント(26)
「客に喜んでもらえる仕事をしなければ、プロではない」

それを日本で同国の人に言えるその同僚の方は熱い方ですが、好きですね~
プロって、器用な口先や技術でなく、相手の望みを汲める方だと思うから

私もそれを目指して、日々鍛錬です(^^;←つい、突っ走ってしまう人
[ 2013/09/07 23:34 ] [ 編集 ]
ラインホルトの祈り
昨日は小児在宅の勉強会に参加して来ました。

こちらは専門外ですが、スケジュールを押して出席した勉強会で開催を知り
さらに無理しての参加でしたが、素晴らしかったです。

手で水をすくった時に真っ先にこぼれ落ちてしまう人達の救済、
大変な日常をユーモアと笑いに変えて、行政には鋭い提案をしていました。

大きなモノが勝ち残って行く世の中ですが、小さな希望が継続出来るよう
私なりに頑張って行きたいと思いました。

会の中で紹介された素敵な言葉。

神よ変えることのできるものについて
 それを変えるだけの勇気を与え給え。
 変えることのできないものについては
 それを受け入れるだけの平静さを与え給え。
 そして
 変えることのできるものと
   変えることのできないものとを
 見分ける知恵を与え給え。


オリンピック、東京に決まりましたね。
原発でムリと思って居たので驚きです。
[ 2013/09/08 05:54 ] [ 編集 ]
小松原さんは、放射能に関しては、どうお考えなのでしょうか?私は、日本の経済より自分たちの命、これから先のことに関わることなので、最重要だと思いますが。
経済のほうは、結局いくら人が死のうが病気になろうが、それをネタに儲ける企業があるということで、廃れないと考えるのでしょうか?
[ 2013/09/08 07:19 ] [ 編集 ]
Re; タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

オリンピック決まって良かったと思います。東京はベイエリアなどの再開発に大義名分ができますし、ロンドンのように成熟国としての落ち着いた大会になるのではないでしょうか?

放射性物質に関する問題は別問題として深刻だと思います。日本国民の寿命を縮める話ですし。ただ、あの事故が人災であるならば、それは我々日本人の考え方や組織の在り方がまだまだ幼稚であったということでもあるので、日本人全体の責任でもあると思います。東電のみが腐っていたわけではなく、日本人は大人が勉強することを怠り、レベルが低いままであるというところに問題の根底があると思ってます。

将来的には、人類は究極のエネルギーである核融合炉の実用化に成功するため、原発というのは歴史的にはその過渡期にあったものということになると思います。核融合のエネルギーは想像を絶するものがありますが、事故を起こしてもその周辺が完全に消え去るのみで、被害は一過性のもので済みます。
[ 2013/09/08 12:05 ] [ 編集 ]
こんにちは

核融合炉について質問です。
核融合炉の実用化はどれくらい先になるとお考えですか?まだまだだと思うのですが・・・
[ 2013/09/08 16:27 ] [ 編集 ]
Re; タイトルなし
A&Kさん、コメントありがとうございます。

原発のコストとリスクと取り出せるエネルギーを考えた場合、核融合炉の方がメリットがあると考える国や企業が増えています。核融合炉の実現の最大のハードルは実験を繰り返しすための莫大な費用ですが、先進国間での共同研究というかたちでの新たなプロジェクトが水面下で検討されています。
早ければ30年後くらいで実用段階に入れるかも知れません。結局、エネルギーの問題の行き着くところは核融合しかないことはコンセンサスとなっているので。
[ 2013/09/08 16:44 ] [ 編集 ]
返信ありがとうございます。

核融合炉はとてつもないエネルギーを生み出しますが、事故がおきたら衝撃はすさまじいものですよね。

日本の企業で核融合炉の開発にたずさわれるのは東芝などでしょうか?
[ 2013/09/08 17:10 ] [ 編集 ]
Re; タイトルなし
具体的な企業名はお答えできませんが、日本は世界最先端の技術を持っており、すでに一瞬ですが核融合反応に成功しています。

人類は太陽の力を生み出し、制御できるようになれば、エネルギー問題はなくなります。しかし、その力を誤ったことに使用すれば簡単に滅亡します。手塚治虫の火の鳥にも同じ話がありましたが。
[ 2013/09/09 07:35 ] [ 編集 ]
うちではしょっちゅう核融合が起きてますよ!うちの母ちゃん!今月また赤字どうすんじゃい!ね!
[ 2013/09/09 08:33 ] [ 編集 ]
なんか、その成功したニュース、聞いたことあります。

エネルギーはぼくの身近な分野なのでちょっと調べてみます。
[ 2013/09/09 14:15 ] [ 編集 ]
主様はどうしたんでしょうか皆さん!なんの連絡も無くこんなにコメントが無いなんて!もしかして失踪?いやいや何かの犯罪に巻き込まれたのか?
もしかして・・・ポリの御厄介に?・・・真坂とは思うが!誰か警察の方いませんか!いたら調べてもらえませんか!ヤベ~マジやべ~!ここもこれまでか!見つかったら連絡ください!
[ 2013/09/10 19:37 ] [ 編集 ]
Re; タイトルなし
いえ、キチンと見ていますよ。ご安心下さい。
[ 2013/09/10 19:52 ] [ 編集 ]
>カモさん

爆笑
[ 2013/09/10 19:58 ] [ 編集 ]
質問
福島の魚は食べないと思いますが、茨城・千葉・宮城も潮が流れてるので同じことですよね。
今後は魚と言わず、食に携わる企業への投資は避けた方が良いと判断した方がいいですか?
[ 2013/09/10 22:32 ] [ 編集 ]
周さんの今回の内容も、興味深いです。
この店は中国、福島の件を抜きに考えますと、コスト削減と利潤追求を実施、従業員へ利益の還元行う。これが周さんの同僚に発覚したのですね。

しかし、この店は福島産は一切使用しないとは言及無い、産地偽装を行った訳でも無いので違法性は無いですから、問われるなら企業倫理ですね。いずれにせよ、彼等のその後は容易に想像できます。

一方で本件の主旨の話から考えますと、これが飲食業の産地偽装、または企業倫理に背く行為である事が、消費者(顧客)へ発覚した場合、業績に大打撃を被る可能性が高いですね。
投資のうえでこのようなガバナンスの弱い企業は、危うい投資判断となりますね。

私の仕事上もこれに間接的に近いと推測される顧客(上場会社なら担当)もあります。勿論、法律上はこの中華料理店のように違法性は皆無ですが、何故かその商売に限って良くない事が起こるケースがあります。気付かない内に我々プロから見れば、無理なリスクのあるSchemeを知らないところで組んでいたりします。プラス「商売の神様」からも少し見放されていて、運も無い。

余談ですが、善意の企業が被災地支援を真摯に考え、福島産を購入して利益を上げ、更にその利益を株主と従業員に還元した場合はどうなるのでしょうか。そもそも、この善意と利潤追求との線引きは企業である限りは難しいですね。
[ 2013/09/10 23:42 ] [ 編集 ]
SONY
以前、小松原さんが珍しく個別銘柄に関して答えて頂き、ソニーは組織がよくなってきて日本の電機では一番いいようなことをおっしゃっていましたが、さいきんの彼らの製品は本当に良くなってきたなと消費者から見てもよくわかります。経営の変化というのはどうやってわかるのでしょうか?
[ 2013/09/11 07:15 ] [ 編集 ]
Re; タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

企業も法には触れていなくても、信用を落とすことはあるということですね。明治乳業は先日LG21の自主回収を行いましたが、これは自社工場でゴムなどの異物が混入した可能性がゼロではないことがわかり、自ら進んで公表し回収しました。一方では、カネボウのように消費者から苦情と実害が殺到してから発表する会社もあるわけです。こういった姿勢の積み重ねがブランド力の差になります。

日本の食品も海外比率が高まっていますし、まともな会社はたくさんあるので、一概にダメだとは思いません。ヤクルト、味の素、キッコーマン、日本ハム、不二製油などはとっくにグローバルですしね。

ソニーは経営者の反省と危機意識がどこよりも高かったというのがありますね。彼らの目はまだ世界で戦って行くことを諦めていないと感じました。なりふり構わなければレンズだけのデジカメを出したり、消費者目線の型破りな製品をつくる力があるということですね。
[ 2013/09/11 14:17 ] [ 編集 ]
Dow採用入れ替え
この時期の採用銘柄の入れ替えをどのようにお考えですか。
DowとNASDAQの解離が大きく気になります。

日経平均が先物主導でユニクロで買い上げられる様な展開が
NY市場でも起こっているのだろうかと考えて居ます。
[ 2013/09/12 12:29 ] [ 編集 ]
Re; タイトルなし
ご質問の件に関しては、特に知見がありません。Dowや日経平均は単純な算術平均であり、その数字自体にあまり意味がありません。プロがベンチマークとして使用するのは市場の実態を表しているS&P500やTopixです。
[ 2013/09/12 21:02 ] [ 編集 ]
プロの方たちは、毎日どれ位のベンチマークを頭の中に記憶しているのですか?
[ 2013/09/13 05:15 ] [ 編集 ]
Re; タイトルなし
ベンチマークというか指数であれば、30くらいは見ていますかね。個人投資家にはあまり馴染みがないかもしれませんが、ラッセルが作っているベンチマークなども結構いろいろ見ていますね。プロというのは、お客とどのベンチマークに対して勝つか負けるかを設定しているので、ベンチマークというのは我々にとっては越えなければならない最低ラインのパフォーマンスを示しているわけです。
その他、当然、世界中の金利や為替も見ています。
[ 2013/09/13 07:11 ] [ 編集 ]
投資の勉強ばかりで疲れます!皆さん息抜きに遠足でも行きませんか?

えっ!息抜きバっかだって?


私はお金の先にフェラーリを見ている!

隣の助手席には檀み・・・じゃ無くて母ちゃん!とっとっ当然だろう!ふ~

あ~それから、お菓子代は一人500円までね!破ったらお菓子取り上げね!
[ 2013/09/13 08:00 ] [ 編集 ]
ほんと遠足したい気分笑
勘で買い放置する私には、勉強になるけど、レベル高すぎ( ̄▽ ̄;)
小松原さんは仕事だから分かるんだけど、他の方は、趣味でやってるのかなー?
人生かけてるのかなー?
お金の先に、何をみてるのか、それが1番興味あるな…
[ 2013/09/13 11:35 ] [ 編集 ]
秋を感じる時
ミニストップのベルギーチョコソフトが大のお気に入り。♪
店にノボリを見かけると普段は行かないコンビニに足繁く通う。
今年は何回食べられるか…。

お好きな方、シェアしませんか?(^O^)
[ 2013/09/13 14:20 ] [ 編集 ]
ちょっと、ひなこ、くっつきすぎ~笑、もしや私に惚れた???
あれはデブるから、旗を見たら全力で走り去るシロモノよ
あそこのイチオシは、チーズかかったホットドッグっしょ~
え?こっちの方がカロリー高い??( ̄◇ ̄;)だって美味しいもの…
[ 2013/09/13 15:30 ] [ 編集 ]
空に憧れて
おーい、私は女だ。ノーマルだ。
惚れたの何ぞは、ノーマルの男に言ってくれって!

次がもう始まって居るのでここまで読む人は少ないだろうから、こちらへ。
次まで荒らす気は無いので…。

宮崎駿の「風立ちぬ」見ていないけれど、TVの一コマで模型飛行機を飛ばすシーンを見て
子供達が小さい頃、オモチャとして与えた紙飛行機のホワイトウィングに私の方がハマってしまい何とか上昇気流に乗せたくてカタパルトを調節したり貼り付けのボンドの量や手で付ける翼のカーブ
とかとか…ワクワクしたなぁ、などと思い出しました。

周さんは、宇宙に憧れですが、身近な空や気流など捉えたりした経験はありますか?
今は空高く、鰯雲が秋を感じさせてくれます。

これも子供達との経験ですが、過去に凧揚げ大会があ、でも
一番カンタンに上がるゲイラカイトすら子供達の父兄があげられず
凧は走っている間だけ空に浮かぶモノになっており、目が点でした。
立ち止まったままで上げていたのはその日はひなこだけでした。(笑)

利き手の話ですが、ひなこは左ききです。
箸と鉛筆は右に矯正されていますが、左の方が断然器用なのです。
初めての仕事を覚えるのなら、左手の方が細かい微調節ができます。
中学校の頃、家庭科で上手く使える左手で包丁持ったり
ハサミで布切ったりしていたら、評価で2が付き(料理手芸は趣味であるのにも関わらず)
それ以来普段は使っていませんが、字や箸は左手でも不自由はしないですね。
周さんは、本当は左ききなのではないでしょうか!

話変わりますが、ミニストップ対決
周さんはホットドック派、それとも、ベルギーチョコソフト派でしょうか?

よろしくお願いします。
[ 2013/09/13 20:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索