仙人の祈り

己を知る - それはリスクを計る心の器

「彼(敵)を知り、己を知れば、百戦して危うからず」とは、春秋の呉に仕えた軍師である孫武が残した言葉であるが、現代になっても色褪せずに伝えられているのは、それが人生における真理をついているからだろう。ただ、自分自身と相手の思考や行動パターンが読めれば確かに向かうところ敵なしだが、実際にこれを実践しきれている人物となると、ごく一部の天才しかいないだろう。

一般人にとっては、敵はおろか、己の事さえ知ることが出来ずに、結局は行き当たりバッタリのゲリラ戦をのようなものを繰り返しているうちに毎日が過ぎ去っていく。では「どうして私たちは己を知ることが出来ないのか?」「何故、同じ失敗を繰り返すのか?」と考えてみた時、その答えは慢心や油断による自己の過大評価が原因ではないかと考えられる。

翔鶴人は過去は振り返れば容易に見ることができるが、過去の失敗は忘れ去りたいものリストNo1であるため、そこから逃避をしてしまう。一方で、自分が立っている時間の先端から未来を展望するためには、膨大な想像力を要する作業となるため、ついつい楽観をしてしまう。これはリラックスを求める脳の防衛本能でもあるが、過去から学ばず、未来を楽観していては、いつまで経ってもゲリラ戦から抜け出すことはできない。

若い人ほど自己を過大評価する傾向があるのは当然で、彼らは過去よりも、これから待っている未来の比重の方が大きい。「いつだって変われる」「後で本気を出せばよい」という慢心が、自分の中にあるほとんどのものが実は有限であることを忘れさせ、油断を生じさせる。根拠のないリスクを取れるのは若者の良いところだが、それによって幸運を掴んだ者はごく一部であって、全体的に見れば不要なリスクを取り失敗するケースの方が多い。


一方で、若い頃に自己を磨くことに時間と労力を費やして、大人になって社会的な地位や財産を得たとしても、やがて慢心と油断が心の淵から侵入し、自己を過大に評価するようになる。大きな組織に守られている者、既得権益にいる者、事業で成功してお金持ちになった者。彼らも結局は、己を知らぬが故に暴走をし始め、やがて自滅していく。

その最たるものが政治家や軍人であり、戦争であるだろう。冒頭に述べた孫武のように「己を知る」者は、軍事力は政治の駆け引きのツールであって、戦わずして勝つことが上策、戦うことは下策であると君主に説いた。己を知らぬ政治家や軍人は、過去を省みず、自己を過大評価し、未来の惨状を想像できずに無謀な決断を行う。傲慢で想像力の欠落した愚か者でなければ、戦争など始められない。

これらは投資にも同じことがあてはまる。勝てない投資家は、短期的な勝利に湧き、それを誇らしげに語る。優秀な投資家は勝利をしても冷静さを保ち、常に自分を疑い、四六時中次の手を考えている。勝てない投資家は、負けると焦り始め自分を見失うが、優秀な投資家は、負けている時も勝っている時とまったく変わらずに、自分のプロセスを忠実に実行していく。

己を過大に評価すると物事のリスクの大小を推し量る精度が弱まり、リスクに見合わないリターンを取ることになる。人生の選択も投資判断と同様に、勝敗は兵家の常であるが、一つ一つを精査し、出来るだけ小さいリスクと大きいリターンを求め、一歩一歩を積み上げていくしかない。慢心や油断は排除すべきリスクであり、何のリターンも産まない。
[ 2013/10/17 18:00 ] 仙人 | コメント(43)
しばらくリフレッシュ休暇頂きます!探さないで下さい!私は大丈夫です。

※緊急の用事があればここに書き込んでおいてください!

※へ~!るんさん埼玉の女医さんでしたか!最近私頭痛いんです!・・・
 えっバカだから?なるほど・・・・
[ 2013/10/17 19:25 ] [ 編集 ]
自分を知ることの重要性とその難しさ
貴方が自分を知ることの重要性に気付いて、

自分を知ろうと努めてみても
結局、行き着く先は皆同じ。

人は完全に自分を理解しコントロールすることなど出来ないという事。

貴方は自分を知っているのではなく、
自分を知った気になっているだけだったと気付かされる事になる。

そして、自分を知って自分をコントロールできるなどという
思い込みこそ最大の慢心であることに気付く。

運のいい人は早くからその事に気付くが、
大抵は老人になって初めてその事に気付くことになる。
[ 2013/10/18 18:35 ] [ 編集 ]
いい言葉です。改めて、投資というものに、油断しないよう肝に銘じます。
[ 2013/10/18 20:47 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/19 17:13 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/19 18:11 ] [ 編集 ]
Re: 私たちは悪質ですか?
> 小松原さん、お久しぶりです。
>
> さくら貝と二人で今インターネットカフェに来ています。
>
> ひなこさんは私の叔母に当たります。叔母と私の実家は一緒です。
> さくら貝は叔父さんの姪になるので、私たちは大人になるまで面識がありませんでした。
> さくら貝が転勤でさいたまで研修を受ける数ヶ月間、できるだけ会わないかと
> 叔母から声をかけられました。
> 私が社会人になってもう2年以上経つのに、叔母の家に呼ばれた事はなかったので、何でいまさらと思いましたが、行ってみると子供のころに遊んだ従兄弟達が同じように「ミルク姉」と呼んでくれて、さくら貝ともまあまあ気も会うみたいでした。
> さくら貝はほぼ毎日叔母の家に通っています。
> 従兄弟達が次々に中間試験に入るため、二人とも行くのは遠慮しようということで今日は夕食を一緒に食べる予定です。
>
> 投稿は、長男さんが名無しで始めました。
> シュミレーションで株をやっていて、叔母が社会情勢がこうなるよと教えるのですが「そんなのわかるはずないだろ」「じゃあ、仙人に聞いてみたら?」という感じでした。叔母の家では小松原さんは仙人(呼び捨て)と呼ばれていて
> 叔父さんは仙ちゃんと呼んでいました。
>
> 私たちは、悪質なことをしようと思っていませんでした。
> さくら貝が通報された後、叔母が「確認くん」というサイトでネットの情報がどこまで相手に伝わっているかを教えてくれました。
> 「ブログは開いてもいいけれど、投稿は止めなさい。自分のパソコンでも
> 会社で自由時間でもダメだよ。」と言われました。
>
> 私は、今まで何も考えずにブログを開いて読んでいたのが、相手に見られてたのだと思うと、しばらくネットをするのが怖くて仕方ありませんでした。
>
> さくら貝はもっと怖かったみたいです。
>
> 次、バトンタッチしてさくら貝に回します。
[ 2013/10/19 18:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> さくら貝で入れた!
> 叔母さん、正しかった。
>
> 私が通報された後、叔母がいろいろPCを調べて、「さくらちゃん、ウチのルーターで投稿しているよ」と言ってくれました。
> 初期のころ、何回かは叔母のタブレットからそのまま投稿していましたが
> 私が新たにルーター契約してからは、自分の回線で投稿していると思ってたのでどうしてそうなったのかわかりません。
>
> 私は、FC2のサイトには全て投稿するとはじかれしまうのだと思い、すごくショックでした。
> 叔母が言うには、小松原さんはICアドレスで家の1台だけブロックかけているので、私のルーターは大丈夫だと言っていました。
>
> それでも、本当か信じられず今回二人で試しに来ました。
>
> 今回の件は、私には理解できません。
> どうして、小松原さんがキチンとブログの管理をしないのでしょうか?
>
> ミルクはセクハラコメントを見ていません。
> 私は、自分の部屋で見ました。
>
> 叔母は、コメントで何とかしてくれと文句は言ったとのことです。
> カモがゴールデンタイムを狙っていたずらしたので見ている人も多いだろうから
> できるだけ、大事にならないよう早めに対処してほしかったといって居ました。
>
> 叔母の長男さんがトレダビをやっていて、仕手株の時が従兄弟同士で話が盛り上がりました。
> 叔母の公開した銘柄で長男さんが失敗した物が入って居たそうです。
>
> 叔母は、投資のアドバイスは長男さんと私とミルクでは全然違います。
> 長男さんには、「利益でないならやる意味がない。」と言い
> 私もやってみようかなぁと言うと「絶対ダメ」
> ミルクには「レオスはミルクちゃんが見つけたんだから、縁があるかもしれないね」と言います。
>
> 叔母は、バイクと投資は似ているとの事です。
> どちらも、やっていると言うと「すごいね」と周りは言うけど
> 失敗したら「そんな危ないことするから!」って絶対言われるんだと。
> でも、バイクは事故ったら命無くなるから、バイクのほうが危ないと言っていました。
> 叔母の家で食事中にニュースでバイクの事故が出てくると、叔父さんと叔母さん二人そろって「マヌケ」と言っていました。
> 事故を起こすくらい未熟なら乗るなと言うことらしいです。
> 叔父さんの考えでは、年をとってから昔乗りたかったと最初から大型バイクに乗ってしまうライダーが多くすごく迷惑なんだそうです。
>
> 叔母は、他のコメント者達が言うように頭がおかしいのでしょうか?
> 叔母は、小松原さんのブログを読んでから投資の方向が変わったと言っていました。小松原さんのリアルに関しては、運用会社に一覧のページを開き
> この中のどれかに勤務している本物のファンドマネージャーさんと言っていました。
> 後のことは笑って教えてくれません。
> 私は、本当に小松原さんは叔母と会うことを承諾したのかを知りたいのですが、「仙人は、医療系の知識はほとんど皆無で教えてくれる知人も居ないみたいだからじゃないかなぁ。仙人は仕事にプラスになること意外では会わないだと思う。」との事でした。
>
> 叔母によると、日経新聞や投資の雑誌を読むより小松原さんのブログを読むほうが安全のなのだそうです。
> 投稿も、「最近コメント者の質が下がっているからちゃんと調べて投稿すれば大丈夫でしょう。」と言っていました。
> 叔母が話すブログ内の人間相関関係が面白く、るんさんは本当にコメントのみから本人までたどりつけてしまうそうです。投稿する時はリアルがばれないように注意しなさいとは言われていました。
>
> 私も、ミルクも小松原さんはレオスに入った片山さんみたいな人を想像していました。叔母によると、カモも小松原さんも叔母より年上だと言う事です。
>
> 私たち二人は悪質だったのでしょうか!
> 私は納得できていません。

---------------------------------------------------------------------
ミルクさん、さくら貝さん、コメントありがとうございます。

ご質問にお答えすると、悪質です。むしろ清々しいです。よって公開します。

内容に関しては高度なギャグかも知れませんので突っ込みませんが、「私に関して論拠に乏しい詮索」「他人に対する攻撃的なコメント」となどの禁止事項を再三にわたって警告したはずです。

ご要望にお答えしてコメント欄を管理していますので、叔母さんには閲覧も禁止することにしたとお伝え下さい。
[ 2013/10/19 21:20 ] [ 編集 ]
診断名:パラノイア
パラノイア paranoia は偏執病、妄想症と訳されていた精神疾患です。
症状としては
・持続的で頑固な妄想
・思考や行動が首尾一貫している(分裂症とはここが違う)
・幻覚、幻聴は伴わない
・中年以降の男性に多くみられる
が特徴です。

なお、妄想の種類としては
・誇大妄想(血統妄想、発明妄想、宗教妄想)
・被害妄想(迫害妄想)
・好訴妄想(何かというとすぐ訴えたがる。被害妄想の変型)
などが多く見られます。
どれも自我感情が高揚して持続的な強さや刺激性を示すのが特徴です。
治療には専門医による継続的なカウンセリングと投薬が必要です。

主さん、さらに証拠集まったら、警察へ
この病気は精神病の中でも難症例だそうです

[ 2013/10/19 21:38 ] [ 編集 ]
そのパワー、小説書いてみたら・・・
叔母さんに言伝願います
その、想像されてる女医さんとやらにご迷惑かけたくありません
ちなみに埼玉に住んだことないですよ~笑
どんな女医さんと勘違いされてるんだろ・・・(・_・;)
その方、ごめんなさい!!
[ 2013/10/19 23:00 ] [ 編集 ]
引きました。絶句です(; ̄O ̄)
パラノイアですが、私の知る限りでは多重人格を登場させるのは珍しいです。
まず、るんさんの言うように、小松原さんは証拠を集めていつでも警察へ通報できる状態にしていた方が無難です。
これほどの荒らしは見たことありません。惹きつける文章にはこういう反作用をともなうのですね。
引きました。 (・_・;
[ 2013/10/20 09:44 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/20 14:42 ] [ 編集 ]
今回のコメントを見て感想を一つ(酔っ払いながら…)。

小松原さんは何時でも冷静に的確に対処なされる方であった印象ですが、明らかに病んでいる方を「さらす」のは如何かと思いますよ。

しつこく管理者のみにコメントされているかたがいて、頭に来たのかもしれませんが…。

何ら小松原さんの情報が分かるわけでは無いですし、閲覧禁止設定が出来るならそれで良かったのでは。
[ 2013/10/20 19:00 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/20 20:55 ] [ 編集 ]
Re: 周知の事実にすることが、大事なんです
皆さんコメントありがとうございます。
また、読者の中の専門家の方からもアドバイスなど頂きまして、ありがとうございました。

取り敢えず閲覧を禁止にしましたので、私としては妥当な措置だと思います。
ただし、これ以上私自身への迷惑行為が報告されましたら、残念ながら実力行使せざるを得ません。そうならないように祈っています。
[ 2013/10/20 22:16 ] [ 編集 ]
周さん、

流れを変えるようで申し訳無いですが、本題に立ち返りまして、今回も大変興味深いコラムでしたので、コメントをさせて下さい。

私も己の慢心が投資のみならず、公私の最大のリスクと考えます。
周さんのレベル、仙人モードまで行きますと、慢心から引き起こされるリスク管理の必要性は薄れるかも知れません。

一方で写真の瑞鶴の最期のように、自己や組織の慢心と虚栄が原因で、人生や会社が沈没しかけるリスクは常にあると思います。歴史や日々のニュースを見ても、こうした例は枚挙に暇がありません。私自身も20代にこのリスクが自らに大きな困窮を引き起こし、以来、慢心は最大の敵と見做しています。

いずれに致しましても、今回のコラムから、自己の慢心が引き起こすリスクについて、投資のみならず公私にも再度、自分の中で理論化し、考え直すことが適いました。一皮剥けた感があります。
ありがとうございます。
[ 2013/10/21 00:12 ] [ 編集 ]
たまらず一言
良心的にコメントを受け付ける方に対して居場所を見つけたとばかりに
つきまとう悪質な「かまってさん」対応に苦慮されている例を他にも
いくつか知っております。やはり苦渋の選択でその悪質さを公開されて
いましたよ。

日常絶対お会いすることのない分野の方と接点が持てるネットの世界は
素晴らしいと常々感じているのですが、小松原さまがブログを閉鎖なんて
ことにならないか心配している一読者です
個人的にはシェールガスなどこれから先発展していくであろう色んな
業界の取り組みや社会の動きについての記事が楽しく興味深いです。

コメントはしないけど毎日楽しみにしている多くの読者のためにもどうか
お続けくださいますように・・
[ 2013/10/21 01:33 ] [ 編集 ]
読むだけでコメントしないのは食い逃げと同じなので月に1回はコメントしましょう!
私の様に文章力無くても上手に書けなくても良いのですよ!素直な気持ちで書けば良いのです!面白くなければ主様が削除しますから安心してコメントしてください。

※リフレッシュできない!皆さん静にしてください!
[ 2013/10/21 03:58 ] [ 編集 ]
病んでる日本人
お邪魔させて頂きます。。。

各種ブログやらで炎上やら冷蔵庫に寝そべった写真とかTweetやら、

ストーカー殺人等と、日本人の心の闇の部分が巷に溢れて来てます。

「あまねサン」…モ折角、良いブログなのにコノ仕打ちにはガッカリでしょ。

夢が消えた日本人はヤル事ヲ見失った人が、数多く存在シテルのでしょう。

自分の〝 ヤリタイ ″ 目標が有れば、下らナイ事に従事スル暇は無い筈です。


チョコロで、、、『魔の刻』…が近付いてますョね!!!!!・・・お気をツケ下さい。。。( 笑
[ 2013/10/21 10:39 ] [ 編集 ]
あっ!出やがったなポンチョ!どこほっつき歩いてんだ!他の掲示板でポンとかポンチでソックリな奴がいたぞ!お前だろう!
ところで魔の刻!17日じゃなかったんかい!おかげでほにゃらか指数でデカイ損こくとこやったは!どないすんねん!危なかった~!
ここは煽りのコメントは禁止!今度煽って違ったら狼少年で出入り禁止だぞ!
ね!主様!

※あ~あ,またリフレッシュできないじゃないか!

※チキショー!バカにしやがって!ソフトバンクで金持ちが売ってるよ?
意味がわかんねーよ!空売りって事?俺そんな技できね~の!普通の売買でも利益あげれないのにそんな裏ワザ使いこなせの!

溜息ばっかり!(クルム伊達)



[ 2013/10/21 11:57 ] [ 編集 ]
ドーモ、お詫びに・・・
多分、「SoftBank〓」…でお金持ちは、売ってるヨン♬

「債務上限」…ナンて最初カラ『先延ばし』…ッテ判らんカッチャ( 笑

じゃ、『魔の刻』…を心ゆくマデ、ご堪能下さいマチェ!!!!!( ポンチョ、ご免ね。
[ 2013/10/21 12:13 ] [ 編集 ]
Re: ドーモ、お詫びに・・・
皆さんコメントありがとうございます。

変な人が出てくることは、コメント欄を解放している以上止むを得ないことですが、書き込みや閲覧を禁止にすることで、なんとかマネージできると思います。
場外で私に執拗なアプローチを試みる方もいますが、自分で言うのもなんですが、辞めておいた方がいいのになと思います。

引き続き、ほぼすべてのまともで正直な読者からのコメントは、どのようなものでも大歓迎です。他人を傷つける行為、私に対する執拗なアプローチに対しては、厳しい対処をします。

ひでポンチョさんはかなりのベテランっぽいですね。私もソフトバンクはある意味で最近の日本株相場の試金石のようになっているので、注目はしていますね。魔の刻ですか、、、何でしょうね。
[ 2013/10/21 15:49 ] [ 編集 ]
魔の刻
近づいているような。
[ 2013/10/21 17:04 ] [ 編集 ]
主様までそんな事言って!ポンチョの言ってる事なんか気にするんですか?
・・・ポンチョの言ってること満更でも無いの?・・ポンチョベテランなの?
ソフトバンク来てるの?・・。ポンチョさんの言ってる事・・・僕だ~い好きポンチョ様の事!金持ちが売ってるんですよね!下がるって事ですよね!
私の国語の解釈間違ってませんよね!誰か相鎚打ってくれよ~!

あっ!空売りのやり方勉強しないと!いやいやそれより魔の刻だ!
・・・魔の刻?魔の刻?

あっそうだ!あの人を呼び出そう!
ポンチョさんポンチョさんどうぞおいで下さい!おいでになられましたらハイへお進み下さい!

[ 2013/10/21 17:22 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/21 17:36 ] [ 編集 ]
こんばんは
記事本文の感想書きたいのですがまとまりませんでした^^;
こちらで頂いた宿題が沢山あるのに多分どうでも良いことばかり気になってしまいます。スルースキルが欲しい。

特定銘柄から疑問に思った事なので不適切でしたら、すみません。

海外でメガネを作ると日本と比べて高いのでしょうか?検索してみたのですがイマイチわからなくて、幼稚園からメガネ使用の私としては気になります。
[ 2013/10/21 19:01 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
皆さんコメントありがとうございます。

JINSのことですかね。海外のメガネといってもピンキリですが、米国だとZoffやJINSのような価格帯のメガネは結構あります。ただ、日本ほどお洒落なデザインのものはないので、差別化するとしたらそういったところじゃないですかね。

ひでポンチョさんの魔の刻は中国や米国ですか。なかなか興味深いですね。
[ 2013/10/21 19:47 ] [ 編集 ]
はいJINSです。米国でも安いメガネあるんですね行く予定は無いですが安心しました(◎_◎)ありがとうございます。

本当デザインも違和感ないですし安くなってありがたいです。ただJINSも遠近両用とかになってくると結局高くなってしまうので、そこもがんばって欲しいです。

その前にウェアラブルメガネでどうにかなったり?したらイイな。
[ 2013/10/21 20:13 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/21 20:38 ] [ 編集 ]
魔の刻!今のところ考えられるのはアメリカのデフォルトでしょう!
ポンチョ様!個人的に教えて下さいよ!お願いします後生ですから!
あ~リフレッシュがドロドロだわ~!

※なんか見えて来たかんじ!私にも見えて!
もし見えてる通りになったらどうしよう?
そうならなかったらどうしよう?
魔の刻もか?ポンチ呼んだら出て来いよ!
怖いから一人にしないで!


[ 2013/10/21 20:55 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/21 21:20 ] [ 編集 ]
よし。

そんならSoftbank買ってみるか…!?

(* ̄∇ ̄*)b
[ 2013/10/22 19:27 ] [ 編集 ]
(; ̄ー ̄A

言ってから値段見たら7,000円超えてるんだね…。

すんごい上がり方してたんですね。。。

魔の刻…。
何でしょうか!?

夜も眠れません


(+.+)(-.-)(__)..zzZZ
[ 2013/10/22 19:32 ] [ 編集 ]
小松原さん、お世話になります。
バイオベンチャーに注目しているのですが、最近、JPモルガンが大量保有報告を出しました。そもそも、ファンドは三振かホームランの宝くじを買う様な、バイオベンチャーには投資しないと思っているのですが、間違ってますでしょうか?ご教授くださいませ。
[ 2013/10/22 23:11 ] [ 編集 ]
『SoftBank〓』
昨日、高値更新して来た。。。いーョ、凄くイイょ〜(^o^

日経寄与度ランキングで常に上位にあたる同社が下落しだしたら、

如何成るのかは、ご想像の通りでつ!!!!! ( UNIQLONもネ!

ツマリ、日経は天井?!( 安倍先生モ目の下にクマ出来チャッテ大変!

観えて来たんナラ、、、ソレで良いんじゃナイの?カモchanの言う通り。 ( 笑
[ 2013/10/23 05:07 ] [ 編集 ]
暫く
リフレッシュ休暇に入るカラ、探さないじぇネ!!!!!

「あまねサン」…米・消費は弱含みに突入?!

中国モ懐が困ってか?怒ってか?「米債」…ヲ売越しに転じてきました。

日本単独デ米国ヲ支える構図モ透けて観えます。( コリャ大変

じゃ〜バイバイきぃーん。。。(^_^ テナントを貸しとるョ! ( ⇒ 東京デ!)


※「SoftBank〓」…の役目終了?⇒ 日経吊上げデ、後場カラ大幅↓(終了宣告かいにゃ( 笑
 無理やり上げて来てる時は怪しい。イツ落ちるかの頃合いデ上ヒゲ形成のサイン出現。
 上がる訳が無い!!!!!…さぁさぁ〜リフレッシュ、リフレッシュ!!!!! (^o^
[ 2013/10/23 05:33 ] [ 編集 ]
ひぇ~!朝早くから爆弾おとしやがって!
でもポンチョ凄い!いやポンチョ様!
5時にコメントとはお爺ちゃんか!
ポンチョは何してる人だろうか?
朝早いから豆腐屋か?新聞配達?それとも投資だけで生きてるの?気になる~

不労所得者か!悔しい、もしかして丸源ビルの親父か?年はいくつ?私より上下?皆さん誤解してる様だから言うけど、私は2021年生まれですから!

※テナントとテントは違うからな!それからペナントも!



※えっ!もう、年末年始辺りじゃないんかい!中途半端!朝に書いとけよ、今頃いわれても!まだ上がるつもりで200株仕込んだままだわ!どないしよう、やっちまった~!
[ 2013/10/23 06:47 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

ファンドは三振かホームランの宝くじを買う様な、バイオベンチャーには投資しない、ということはないと思います。ポートフォリオの中でのリスクコントロールが出来ているので、一部でハイリスク・ハイリターンの銘柄を組み入れることはあると思います。

医薬品やバイオの先を読むのは、専門家でさえ無理ですので、少し難しいですが、リアルオプションという理論などで新薬の現在価値を算出したりもします。

昨日もアステラスの前立腺がん治療薬Xtandiの化学療法前患者を対象としたPhase3の中間解析結果が出ましたが、ポジティブとネガティブが混在し、結果の解釈ですら意見が分かれています。
[ 2013/10/23 09:30 ] [ 編集 ]
千の風
ひでさん 凄いですね。後場からの大幅安見事的中!
ズバリ魔の刻は、何時ですか?
[ 2013/10/23 16:28 ] [ 編集 ]
千の風?…サンへ
日経や「SoftBank」…は高値圏に居ました為、タマタマでつ。

「SoftBank」…の今月は長い上髭と思うノデ要注意でつ。(¥6,500円クライ迄↓かにゃ?)

『魔の刻』…は既に突入してますぉ〜ジワジワ来ますから、真綿デ絞り上げる様に!!!!!


※ 多分、、、?!…日経は、1年以内に下手するチョ、 ¥1万割れるョ!
 イカ様「アベノ」…で酔い痴れてた日本人は罰ヲ受けるミタイ!( 笑
 チョレとね、お調子者って、ポンチョ嫌いにゃのモウ返事シナイから (^o^
[ 2013/10/23 16:39 ] [ 編集 ]
マジで今日が最高値で終わりなの?主様一言お願いします!
中途半端~緩和関係でググーっと来ないの?え~・・・
明日ドカン?ポンチョももう一言頂戴!

それはわかるんだけど、SBが今日で終わったのかな~って質問!まあ日経もだけど!
過去のチャートなんか関係ないんか?そんなの関係ねーそんなの関係ねー!か?古いか!

[ 2013/10/23 17:31 ] [ 編集 ]
こんにちは

いつも質問ばかりすみません。

仕手株など買うときの選び方などは大変参考になったのですが、優良銘柄を買えたあとの売り方も近々教えてもらえるとうれしいです!
[ 2013/10/24 13:15 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
優良銘柄を買えたのであれば、売る時のことなど考える必要はありません。成長し続ける会社の株は上がり続けます。後はたくさん働いて稼いで、そしてその優良銘柄の株をまた買い増ししていけばよいわけです。逆に言えば、優良銘柄を見つけることが如何に大変か分かると思います。
肩透かしではなく、これが本当の投資家というものです。
[ 2013/10/24 14:16 ] [ 編集 ]
なんか変なかんじ!外したんじゃ?
[ 2013/10/24 15:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索