仙人の祈り

起業学のススメ - みんな知らない起業の実務

先日、投資家からベンチャー起業家へ転身したA女史に久しぶりにお会いする機会があり、起業から現在に至るまでのストーリーを聞かせてもらったのだが、やはり会社を興すというのは、雇われサラリーマンでは決して経験できない喜びや苦しみがそこにあるのだなと感じた。

「弊社の企業理念は」「コア・コンピタンスは」とプロパー社員が悠々とプレゼンしているのを聞くと無性に腹立たしくなる、とは某上場企業の創業者の言葉だが、実際の起業というのは、そのような絵空事を語る以前に、地を這い、草を噛み、泥水をすすり、最後には気力と運だけで押し切る場面が数え切れないほどある。

分からないことだらけ1127もともとお嬢様育ちであったA女史にとってもそれは例外ではなく、金欠のあまり親に金を借り、猫の餌のグレードを下げ、最終的には自分の生理用品まで買えなくなるなど、創業間もない頃の話というのは壮絶エピソード満載である。人生にレバレッジをかけて挑む起業家にとっては、それすら笑い話にできる強さが必要なのであろう。

一連の話の中でも私が最も感銘を受けたのは、会社が本格的にテイクオフするキッカケとなった、とある仕事を受注した時の話である。

A女史の会社が提供するサービスを、某大手企業が業務サポートツールとして採用を検討していたのだが、類似のサービスを展開する超大手の系列会社とコンペとなってしまった。必至に自社のサービスの競争力を説明して食らいつくA女史であるが、先方が決めあぐねている様子を見て、何としてもこの仕事を取りたいA女史は「他社よりも安い価格まで値下げをします」と言ってしまった。

ところがこの時、意外にも先方の担当役員が口を開き、A女史に対してこう言った。「価格を下げるなんてことを簡単に言ってはいけない。あなたのサービスが他社よりも本当に優れているのであれば、相応の対価を得て当然なはず。価格を下げて仕事を取り、あなたは会社へ帰って従業員にただ働きをしてくれと言うつもりなのですか?それは経営者としては最低の悪手だ。」

プレゼンに行ったのに逆に先方に説教されてしまったA女史だが、仕事を持ち帰りたい一心で軽率な発言をしてしまったと正直に告白し、助言をくれたことに謝意を表してその場を後にした。当然コンペには落ちたものと思い込んでいたA女史であったが、後日連絡があり、何と競合の大手を差し置いてベンチャー企業のA女史の会社へ仕事を発注する旨が伝えられたそうだ。

後から知ったことだが、彼ら自身もベンチャー企業として会社の立ち上げに腐心していた頃、まったく同じようなシチュエーションで見込み客に諭されたことがあったという。今では大企業となった彼らでも、駆け出しの頃は右も左も分からずに、経営者としてのノウハウは失敗から一つ一つ学んでいったそうだ。同じベンチャー起業家として、A女史とかつての自分たちの姿を重ね合わせたのかも知れない。

私は数多くの創業社長と話をしてきたが、会社の創業期というのは、それを越えたものでしか分かり得ない苦労があるようだ。学校で教わる経営学や市場分析、財務戦略、チームビルディングなどは、すべて組織や事業のお膳立てが整った前提の学問ばかりであるが、実際に起業とするとなると、そのようなところへ辿り着く以前に、資金調達から、登記の仕方、法人口座の開設、契約書の書き方、経理の仕方など、種々雑多なことが分からないことに気付く。

この上、本来の事業としての製品・サービスを磨き上げ、売り込み、顧客を得て、そして早めに資金回収しないとタイムオーバーとなってしまうため、創業者というのはマネージャーとプレーヤーの両方を一人でこなさなければならない。経営学に関して学べる教育機関は数多くあるが、「起業学」のような実務のノウハウの教育&サポートシステムが整備されていると、日本でも起業のハードルが少し下がるかもしれない。

A女史は自分で事業を興し、初めて自分の会社から給料をもらった時、事業家としての第一歩を歩み始めたことを実感したという。その喜びは、リスクを負って努力した者にしか味わえない感動であるに違いない。彼女のような新しい起業家が数多く生まれてくれば、日本経済の厚みも増してくる。

BLOGOSで読む
[ 2013/11/27 18:00 ] 経済社会 | コメント(12)
A女子に忠告した取引先の担当役員!カッコいいね!大人だね!男だね!惚れちゃうな~!下種な私なら・・・あっそう!負けてくれる助かるな~って絶対言っちゃうな、だから出世しないのでしょうか?・・・えっ!今ウンってうなずいた?・・・話し終ったじゃん・・・・・・・使い勝手!前の方が良かったんですが戻すの難しい?それとも食い付きが悪いのは皆お取り込み中だから?

※姉さん見てますか?母さんが話したいそうです!じゃあ代わるね・・・
・・・母さんだよ!元気だったかい、ゴメンよあの時はああするしか方法は無かったんだよ!実はあんたは父さんの子じゃ無いんだ!・・・じぇじぇ!マジかよ初めて聞くぞ母さん!ああカモお前には黙ってたんだよお前口が軽いから!あんたの実の父親は満州のマカオで知り合った行きずりの兵隊さんでね!え~生々しい!それとマカオって満州だったっけ!あの時は父さんと上手く行ってなくてつい・・・まが刺したって言うのかね?
でもお前の事は何時だって心配してたんだよ忘れたことなんか一度も無いからね、ヒロシ!帰ってきておくれ、出てきて母さんに顔を見せておくれ!
・・・は~っ?ヒロシって誰?違うだろルミコ姉さんだろう!
ゴメンん姉さん!母さん最近ボケて・・・だから早く出てきてくれよ!
主様すいませんブログをお借りして失踪した姉さんに連絡取りたくて!

親孝行の為に許可お願いします!後生ですから!
[ 2013/11/27 19:24 ] [ 編集 ]
A女史に比べたら、自分はまだまだ甘いと痛感・・・強烈なエピソードをありがとうございました。

私は「ビジョナリーカンパニー」や「コアコンピタンス経営」などの書籍で感化されて起業しましたが、現実はそんなにカッコ良くなく、最初から学校で習った杓子定規な経営管理とかマーケティングとか語ってたら会社潰れてしまいますね。会社創って走り出したらとにかく資金繰りとの競争です笑(リーマンショック後は本当にキツかったです)。

「起業学」いいですね!夢をサポートする体制がもっと整えば、子供達の未来に希望が湧くのになぁと思います(最近Life is Tech!の活動に注目しています)。

自分は個人投資家への転身に憧れますが、資金・知識経験、どちらも欠如しているので、もう少しこちらで修行させて頂いてからじっくり考えたいと思います笑。
[ 2013/11/29 18:08 ] [ 編集 ]
カモさん
記事修正しながら段々誰かのコメントに近づいてきてますよ…(笑)

今日もお酒が旨い。

一人飲みで暇なんで株や投資とは関係ないことを書いてみよう♪

アリソン!?彗星で、関連したことを検索していたらたまたま気になったblogが有りました。

http://oka-jp.seesaa.net/s/

この人のblogを2、3読んでたら、
私的には飲みの摘まみに最高で、
この人ってどんな人なんだろう!?
好きな話、記事ばかりでたまんないんですけど、

仙人さんのblogも、この人のblogも、
インターネットが無かったら出会うことも、知ることも無かった訳で。
その頃は10年後20年後こんな未来になってるなんて想像も出来なかった訳です。

酔っ払いはちゃんと書こうとしても変換すら難しい…。

ネットなんてこんなもんかと思った時も有ったけど、気軽にblogが書けるだけでも凄いなって思った。

宇宙の真理

人間の思想が有って初めて宇宙は成り立つ。

面白い考えだと思った。

20年前に一人で飲んでたら存在しなかったはずのblogを発見!!

面白いなぁ

10年後には世界の常識をひっくり返すような真理が発見されたたら面白いなぁ♪


[ 2013/11/29 19:36 ] [ 編集 ]
不覚にも、
笑っちゃった(^^:
ここでのコメントは控えるけど、カモっちとお話できたら楽しいのにね♪
カモっちにメルアド教えられたらな
小松原さん、もし、カモっちが聞いてきたら教えてあげてください
難しいですかね笑
でも、変ななり済ましの人に伝わったらヤダな
名前をいってはいけないアノヒトみたいな(・v・;)こえーっ
やっべー、これ、削除???
あ、あばよっっっ
[ 2013/11/29 22:28 ] [ 編集 ]
Re: 不覚にも、
皆さんコメントありがとうございます。

IT革命はまだ始まったばかりです。産業革命も始まってからその後100年くらい効果をもたらしましたが、IT革命はまるで加速膨張するこの宇宙のように、恐るべきスピードで拡大していきます。経済の中で生きる限り、我々はそれに対応して適応することが求められていますね。

アノヒトはもう当ブログには出てきませんので、安心して下さい。ネットでコメントやメールを書く場合というのは、現実の社会での行動とまったく同じであり、適用されるルールも何ら変わりはありません。詳しくは述べられませんが、仕方がありませんね。
[ 2013/11/29 23:22 ] [ 編集 ]
姉さん・・・・・・ペシッ!何処に行ってたんだよ、皆心配してたんだぞ!母さん姉さんだよ、オ~ッひろしかい!かあさんだよ、だから違うってルミ子姉さんだろシッカリしてくれよ!皆見てるんだからさ、あ~そうかいゴメンよ、アッそれからるるルミ子やお前がそんなんなのは多分あん時兵隊さんが酔ってたからなんだよ!何言ってんだ母さん今そんなこと言わなくていいの・・・・・・じゃあ・・・
小松原さん皆さんご無沙汰してます!私は今カモとネットカフェに来てます!カモは私の息子で・・・・・・どうたらこうたら!
そんなに私達は悪いのでしょうか?・・・・・・うんッ!・・・・・・今うなずきましたよね!
話終わったか?・・・・・・・眠いからおわる!

※!姉さん何ですかその魔法って?主様と2人で大人の会話ですか気になる~
他の読者の方もそう思うでしょ!・・・・嫌らしい・・・ねえチョットだけ教えて他言はしませんから!あ~それにしても使い勝手悪い!誤字脱字を直すのも大変!・・・えっコンセプトを直せって・・・全てかよ!
[ 2013/11/30 01:25 ] [ 編集 ]
そうなんですか∑(゚Д゚)
どんな魔法を使ったんだろう( ̄▽ ̄)
でも、しばらく謹慎しとこ笑

企業もですが、このブログ見て思うのは、自分で何かを起こして続けることの困難さですね
責任ない人は、周囲で好き勝手にするだけですから^^;
良い状態を維持するために毎日が戦いですが、私はリスクとってホント良かったです^ ^


[ 2013/11/30 08:29 ] [ 編集 ]
今日も暇潰しに2チャン見ながら酒飲んでたら、目を引いた記事が有りました。

日本の大学生の4人に1人が、

「太陽は東に沈む」と…答えたそうな…。

日本の未来は楽しみだね。

全部…いや7割から8割は大人が悪いよね…

コメント欄承認制にしたんですね。

[ 2013/11/30 20:30 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

コメント欄は承認制にしました。ネット監視のP社さんが証拠を積み上げるためにシステム上こうする必要があるらしいです。読者の皆さんにはまったく関係のないことで不便をかけますが、どうぞよろしくお願いします。

A女史はもともとプロの投資家でしたが、自分の起業はまったくリスク&リターンのバランスが取れていない、投資案件としては酷いものだったと分析しています(実際にはそれはA女史の底力をカウントしていないので、当然ですが)。しかし自分でチャレンジをして成功を勝ち取った人というのはパワーが違いますね。私も本当に学ぶことが多いです。
[ 2013/12/01 12:29 ] [ 編集 ]
投資の基本
はじめまして。ブロゴスで仙人さんの記事はフォローしていたのですが、ブログに来たら興味深い記事がたくさんあり得した気がしています。

投資の基本がまったくわかっていなかったことに気づかされます。来年からニーサでにわか投資家がたくさん出てきて、余計にパニックになる人が増えそうですが、迷った時にここの記事を読めば少しは落ち着けそうです。

奴隷や行方不明になっている子供たちについて気になっていたのですが、仙人さんの記事のおかげで社会やニュースの裏側があることが知れました。本当にネットのおかげですね。
[ 2013/12/01 15:45 ] [ 編集 ]
アノマリー
年末相場や1月効果、5月の売り、夏枯れ、など、アノマリーという現象が確認され、今年もやはりその通りだったという記事がありました。

アノマリーというのは確率的に立証された現象なのでしょうか?そはれともたまたまでしょうか?
[ 2013/12/02 06:55 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

ブロゴスに転載される記事は、先方が選んでおり、私はまったくのノータッチです。ですので、私自身どれが採用されて、どれが採用されないかは予測できません。いずれにしても、私の書く記事は当ブログが一番最初に載ります。

アノマリーは過去のデータをデータマイニングするとそのような傾向があるというだけであり、未来を予測するものではありません。逆に特殊な事情で株価が動いた年は異常値として、データソースから外した上でアノマリーを発見などとしていることもあるので、あまり意識する必要はないと思います。

製造業のPMIが重視される理由は、在庫や受注などの先行指標が含まれていることが大きいです。サービス業の業況は現状は的確に見れますが、市場が知りたいこれからの景気は製造業PMIの方が正確に表す傾向があります。
[ 2013/12/02 19:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索