仙人の祈り

ビットコインまとめ – 欧米型金融システムに対するアンチテーゼ

足元でビットコインの注目度が上昇してきている。ビットコインとは2009年頃からネット上に流通するようになった仮想通貨のことであり、中本哲史という謎の人物(一説には京大の数理解析研究所教授である望月新一氏)が08年11月に「銀行など第三者の介在しない取引を可能にする、新しいP2Pの電子マネーシステム」について述べた論文がキッカケとなり誕生したというのが定説となっているが、実際のところは定かではない。

最初にこの存在に気づき、そのポテンシャルを評価し始めたのは、ネット業界において情報感度の高い人たちであった。その代表例となるのが、ハイテクベンチャー業界で著名な双子の兄弟であるキャメロン・ウィンクルボス氏とタイラー・ウィンクルボス氏であり、両氏は2012年の夏から大量にビットコインの購入を開始、これに続くようにして新興ハイテク企業向けのベンチャーキャピタルなども参戦を始めた。

bitcoin_miner1204本格的なブレイクを迎えるキッカケとなったのは、シリコンバレーの投資家たちが動き始めてからであり、彼らもやがてビットコインこそがSNSに続くウェブ革命であるという考えを持つに至った。ペイパルの創業者が設立したインキュベーションファンドは2013年5月、ビットコインを使った決済を行う最大手のビットペイ社に200万ドルを投資、次いでツイッターを見出したユニオン・スクエア・ベンチャーズも同5月に同業のコインベース社に250万ドルを投資した。

2012年夏に5ドルであったビットコインの価格は、一連の動きによって堅調に右肩上がりに上昇を続けていたが、先日の「米国上院国土安全保障・政府問題委員会」においてビットコインに関する公聴会が行われ、法務省からこれを肯定するコメントがなされ、FRBのバーナンキ氏からも前向きなコメントが公表されるなど、事実上の米国首脳部からお墨付きが出たことで価格は急騰し、現在では1,000ドルを越える価格で取引されている。

このようにビットコインが注目されている理由としては、ビットコインが先進各国の中央銀行とまったく関係ない独立した状態で存在することや、ユーザー間で直接決済をするため、クレジットカードのような決済手数料がかからないという特徴があるためで、所謂、現在の金融メカニズムやネット決済で巨利を貪るクレジットカード会社に対するアンチテーゼとして大きな存在感を持つに至っている。

すでにEコマース業界では多くの業者がビットコインでの決済を認めており、カナダではビットコイン専用のATMが設置され、また給料の一部をビットコインで支払う会社や、ビットコインでの授業料の支払いを認める大学まで登場してきている。ビットコインはドルからユーロ、人民元まで、現実の流通通貨と取引所で直接交換が可能であるため、ビットコインの経済的価値は、現実世界の価値と完全に結びついていることが特徴の一つとなっている。

ここで疑問となるのが「誰が発行しているかも分からないビットコインの信用はどのようにして担保されているのか?」ということだろう。その理由は実はとてもシンプルで、ビットコインは金(ゴールド)の採掘とほぼ同じ原理によって生産(採掘)されているということがポイントとなっている。金(ゴールド)を採掘するためには、膨大なコストと時間を掛ければ山から採掘することができる。しかし皆がそれをやらないのは、市場で金を購入した方が合理的であり、採掘コストと供給量が金の需要とマッチする価格で取引が成立しているためだ。

ビットコインもこれと同様で、採掘ソフト(miner)をPCにダウンロードすれば誰でもすぐに採掘を開始できる。しかし、1ビットコインを採掘するためには、現在では多くのビット数を必要とするため、超ハイスペックPCや電力を費やす必要がある。つまり金と同様に、採掘には相応のコストと時間を費やす必要があるため、ビットコインを市場で購入した方が合理的な選択と考える人が多くいるというわけである。

もともと現在使用されている貨幣というのは、金(ゴールド)との交換券であったが、近代になって英米がそのルールを撤廃し、貨幣に金という実物資産の裏付けがなくなってしまった。そして現在のように、不景気がやってくると中央政府がお金を刷りカンフル剤とすることが常態化しており、リーマンショック以後、この伝統的な金融システムの永続性に疑問を持つ人々が増えてきている。

このこととビットコインが市民権を得始めていることとは無関係ではない。ビットコインには、本来の金と同様に、需給をコントロールする権力者はおらず、採掘コストと需給によって自然と値段が調整されるという透明性と公平性が存在している。事実、現在はおよそ10分ごとに50枚のビットコインが採掘されているペースであるが、実際の金と同様に限界となる総量が決められており、ビットコインは最終的に2100万枚までしか採掘できない仕組みになっている(現在の流通量は約1200万枚)。

一方でビットコインに信頼を置くのは危険と考える人が多のも事実である。投機筋の攻撃により価格が崩壊するリスク、サイバーテロによるシステムの崩壊、取引の秘匿性が高い故に犯罪に利用されるリスクなど、挙げればたくさんある。しかし、前述のようにビットコインが支持される背景には、欧米型の金融システムに対する根本的な問題意識があるということは大きく、新たな時代の幕開けとなる可能性は否定できない。

ビットコインが革命的なものであるかどうかは結論を出すには時期尚早であるが、今後とも経過を見守りつつ注視していきたい。貨幣とは何か、価値とは何か、本物のビット経済へ移行する前に、我々が向き合わなければならない命題がここにある。
[ 2013/12/04 18:00 ] 経済社会 | コメント(10)

ちょうどビットコインの仕組みが分からなく調べようと思っていたところ分かりやすい説明ありがとうございます。

もとの発明は日本人のようですね。
ここでも、日本人の感度の低さや行動力がないためにアメリカなどが優位になっているように思えます。アメリカのシステムの上に生きるのではなく、日本がシステムを作れるような環境やをととのえることが日本の衰退を止める有効手段ではないのでしょうか。

ぼくは何事もトップを取ることよりもトップを維持することが遥かに難しく、でも重要だと思います。
[ 2013/12/04 19:58 ] [ 編集 ]
ビットコイン!絡み辛い・・・最近疲れてるのだろうか、それともスランプなのか?・・・・・えっ!付いて行けないだけ?・・・チキショー!
[ 2013/12/05 09:50 ] [ 編集 ]
ビットコイン
よく目にするようになりましたね。
気にはなりますが、どうやって手に入れるのか、小生には理解不能であります。空前の金融緩和を行うアメリカが容認する点が引っかかり、何か裏があると思うのは、考え過ぎでしょうか?
[ 2013/12/05 12:11 ] [ 編集 ]
量子電池
はじめまして。
こちらにあります、量子電池の仕様が本当であればNEDOが策定している目標を大幅にクリアできBIGニュースかと思いますが、いまいち取り上げられていないように思えます。ネットでは大材料すぎて、意図的に伏せているとも書かれいましたがそんな事あり得るのでしょうか?


http://www.mjc.co.jp/files/page/pdf/528b008635acc_20131119150910.pdf

[ 2013/12/05 20:54 ] [ 編集 ]
チャウでつぉ!!!!!
米国市場は、頑張ったチョコロで騰がる訳ぎゃ無いでつぉ〜

モウ、既に安心ヲ確保出来たキャラ下落チュル。(笑

ジョウ成るか?分からんチンの時は、騰がるにょョ〜(^o^


コリは、知らせる?ツモリは無キャッタけんども、、、
「米・テーパリング」…は、早まるキャモね。。。
急に流動化ちて来ちょる。…面白いでつぉ!〔 by 39ポンチョ(^。^)
 
 
[ 2013/12/06 01:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

ビットコインの価格が高騰しているのでバブルだとは思いますが、もともと供給量の上限が決められているビットコインであれば、そのうち適正な価格に落ち着くと思います。
私にとっては、中央銀行によって供給量が恣意的にコントロールされている通貨の方が、よほど不気味に思えます。

量子電池ですか。なかなか面白そうですね。私は知らなかったですが、調べてみる価値はありそうですね。

米国経済は堅調から好調になってきましたね。コメントは承認制にしましたが、しばらくしたら解除できる可能性が出てきました。
[ 2013/12/06 16:47 ] [ 編集 ]
さすがビットコインについて分かり易くまとめてくださいました。
一個人が今どうこうという感じではないですが、世の中凡人には
予想できない変化をしていきますね。ドラえもんの未来道具、「もしも
ボックス」が公衆電話型なのが改めてのどかな感じがします。

[ 2013/12/06 21:53 ] [ 編集 ]
貿易統計について質問なのですが、貿易収支、輸出、輸入をみて、コンセンサスより悪かったり良かったりした場合、どのように考察していけばよいのでしょうか?よろしくお願いします。
[ 2013/12/08 16:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

貿易統計はあまり毎月の数字というのは重要ではありません。特に日本では原油などの大きな輸入項目の影響を受けることもあり、短期の予想が困難です。

FXではある程度の反応を示すことがあります。貿易収支(輸出-輸入)の赤字が増えると円安圧力となったりします。一方で、日本の国内経済が好調になると輸入が増えるため、貿易赤字となる場合があります。その場合は円高圧力となるかもしれません。つまり、どちらにも解釈ができることになります。

中長期的には貿易赤字が続くと経常赤字に陥る可能性が高くなり、日本の円という通貨の信頼が揺らぎます。この場合は中長期的には円安圧力となると考えられます。
[ 2013/12/08 21:52 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
指標の先に株価があるのではなく、株価の先に指標があります。つまり、指標が出るよりも先に株価というのはファンダメンタルズを織り込んでいます。

株価は概ね半年後の未来を最も色濃く折り込んでいると言われます。株価より精度の高い先行指標は他にありません。これが株式投資の難しいところです。
[ 2013/12/11 22:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索