仙人の祈り

世界経済のデフレ懸念 - ニューエコノミーと2極化のサイン

アベノミクスが始まって以来、日本経済はインフレ率がキーファクターとして注目されているが、世界経済に目を向けると、むしろデフレ懸念が台頭してきている。インフレが終了しデフレに向かうことを「ディスインフレ」と言うが、日本を除く先進国経済はすべてこの状態にある。

代表的な例として米国を見てみると、リーマンショック前は+5%を超えていたインフレ率は、バブル崩壊によって一気にマイナス圏まで落ち込み、09年半ばには-2%となった。その後、徐々に切り返し11年後半には+4%弱までインフレが進んだが、その後再び低下し、現在は1.0%近辺にある。

2極化した都市こうした状況の中、ECBは先日利下げを発表しており、デフレトレンドを止めるべく更なる金融緩和を決断した。FRBのバーナンキやイエレンも「Tapering(漸減)」と「Tightening(引き締め)」はまったく別のものであることを繰り返し述べており、インフレ率が低位安定している限りは、超低金利政策は正当化されるとしている。

このように、世界経済は未だ低成長と「デフレ懸念」に悩まされているというのが実態だが、株価の方は好調が続いているため、ファンダメンタルズとトーンが随分と異なるように見える。もし株価が示唆するものが正しいとした場合、市場はこのまま低インフレ率、低成長が長期的に持続する経済を受け入れている可能性がある。

このような経済環境は未だかつて前例がないため身構えてしまうところだが、実はグリーンスパン前FRB議長は90年代の後半から、今日のような世界経済を事前に予想していた。それこそが「IT革命による労働生産性の向上によって、インフレを抑えたまま持続的な成長が続く」という「ニューエコノミー論」である。

「IT革命」は真に革命と呼ぶに相応しい出来事であり、人類の進化の中でも重要なターニングポイントの一つであると言える。我々はそれが起き始めた時代の最先端で生活しているため全体の流れを掴みにくいが、後世の歴史学者は、この時代はまだ革命のアーリーステージに過ぎなかったと語ることだろう。

「ニューエコノミー」が行き着く先の姿が気になるところだが、個々のテクノロジーで見ていくよりも、社会構造の変化で考えると分りやすいかもしれない。つまり、現在ホワイトカラーと呼ばれる人々の大部分はホワイトカラーではなくなり、ブルーカラーと呼ばれている人々の大部分は、まだ名前すらない新ジャンルへと大移動が起き、中間層がスッポリ抜け落ちるかたちとなる。

グリーンスパンがここまで予期していたかどうかはわからないが、最もIT化が進む米国において2極化は加速度的に進んでおり、大きな社会問題となっている。中間層がいなくなる社会で懸念されることは、最上位層が排他的な思想を持つようになり、やがて政治にそれが反映されることである。「庶民は勝ち組の言うことを素直に聞いているのが一番効率的」という考え方だ。

先月末、米国上院議会がフィリバスター(議事妨害)を行使できるというルールを廃止し、野党から大統領の指名人事を阻止する権利を取り上げてしまった。これは「核オプション」と揶揄されていたほどの重要な事項であり、議会の仕組みが根本から覆えるものである。このような大胆な変化も、世論が形成される前にあっさり通るようになってしまう。

日本での特定秘密保護法の可決までの過程にも、似た現象が見て取れる。もちろん、これらは単なる偶然であるかもしれないが、効率化の波のスピードが速すぎると、大多数の国民が置いていかれる政治経済が成立し得ることには注意が必要だ。受動的にしか情報を得られない大衆は、情報化社会にあっては極めて非力である。

「ニューエコノミー」はIT革命の恩恵を受け、バブルなき安定した成長を予期するが、それは何も平等な富の分配と平和な世界を示唆したものではない。常にチャレンジをし、自ら進化していく者が報われるという原則は変わらないが、ある時期を過ぎると、それが決して覆らないほどの階層を生むリスクを内包している。

一見すると緩慢な経済成長が実はニューエコノミーの幕開けであった場合、我々は効率化の副作用に直面することになるかもしれない。
[ 2013/12/10 18:00 ] 経済社会 | コメント(9)
『ボリュカーRule』
今朝の「モーサテ」…で米市場にて邦日証券・アナリストが、

アメリカ市場の復活は近いチョ申されてまちた。。。

・・・本当でしょうか?( 笑

米国は、安心ヲ確保が出来たカラ米市場は狂う?

今一度、此処にコメ寄せられる皆々サマに是非ちょも

お聞きしますが、コノ様な「証券アニャリスト」…の言及に従って、

取引ヲしてて「お金餅」…が今迄、世間では増えましたか?

『安倍のミックス』…で多少は、浮かれて景気は上向き?…チョ思いきゃ、

大きく梯子ヲ外すタイミングとしては、『ボリュカーRule』…は、

米( 世界 )市場での経済・核弾頭が蝶々、承認されチャイまちたぉ!!!!!

「モーサテ」…じぇ識者サン達モ何時に無くチグハグな解説デ、

言い訳の前提ヲ「何デでしょうね?」…チョ用意周到に始めまちた。。。

チャ〜こにょ先、じょう成るんでチョウね?!( 笑


*「アニャログ」…から「デジタル」…の移行後に急速に半導体ニャドの
  価格破壊が起った『家電分野』…じぇの日本敗北の悲劇( リストラ )が今度は、
 『自動車業界』…で巻き起こるチョ予想ちまつ。。。【 ⇒ 電池自動車デ!】
  最近では、「大型3Dプリンちゃん」…で日本のお家芸の金型モ最早、肩無し( 泣
 「オバマchan」…の輸出増しに拠る雇用創出ナラば、「ドル安?」( むむっ〜


※「あまねサン」…のコノ度にょ内容と似た情報ヲ示す様な事柄に或る所デ辿り着き
 米経済( 主に白人 )「デプレー化」…ヲ考慮ちた時に「Net 小売」モ弾く方が無難デ、
 既存店ヨリは有利でつが投資策の見直しに着手ちまちた。⇒ 有難チョウ御座いまつ。
 大々的に報じられたが、ヘリ宅配も裏ヲ読むチョ売上が落ちた苦肉の策と写ルンでつ。
♫ ヤッパリ本命候補は、「甘ジョン」じゃ無くてアレでつね。。。Happ New Year!
 
 「2014年」カラは、米・住宅ローンにょ支払い遅延者/破産者続出ラチイでつね。
 借換えモ「FRB/MBS」…の買取り止めチャラ?物凄ぉ〜く嫌な悪寒がちまつぉ(^o^
 じぇわ「あまねサン」or, 皆chama、良いお年玉ヲ!!!!!
[ 2013/12/11 06:11 ] [ 編集 ]
二極化
私もアメリカにはよく行きますが、何億円もする豪邸ばかりがある学区があるかと思うと、ゲットーのような住宅街が橋を渡った後すぐにあります。小松原さんはよくご存知かと思いますが、景気が悪くなると街ごと消えたりするようなこともよくあります。圧倒的な経済格差が同じ国の中であれほどある国はそうはありませんし、それが世界で一番力のある国というのも恐ろしい話です。
[ 2013/12/11 22:43 ] [ 編集 ]
今年も後2週間ちょっと!皆さんはどんな年でしたか?私は後半から調子が付いて・・・でも未だ確定はしてませんが!ここで色々為になる話聞けて少しは投資と言う物が見えて来た感じです!これも主様をはじめ常連の皆様のおかげです!・・・えっ!何時もと違う?・・・少し大人になった見たい!

※利確に失敗したらこのコメントは無しね!
[ 2013/12/13 18:29 ] [ 編集 ]
ベーシックインカム
今回の記事拝見しまして井上智洋さんの言う「技術的失業」のことなどが頭を掠めました。

文芸批評系のブログでは有名な「偽日記」の古谷利裕さんも12月12日の記事でわかりやすく触れています。直接リンク貼るのは控えますので、ご興味のある方は検索して下さい。

ベーシックインカムはある意味では格差社会の解決の糸口になるのではないでしょうか?
その上でまた幸福の質的な格差は必然的に生まれるでしょうけれど。
[ 2013/12/14 03:41 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

ベーシックインカムは確かに真剣に検討することになるかもしれませんね。社会保障の究極ですが、ITが生産性を劇的に上げていくので、多くの仕事の付加価値が低下していく一方です。

ベーシックインカムの受給者には、非営利団体などでの労働をしてもらい、公務員に近い状態とするのが良いかもしれませんね。生活のためのお金をもらえるだけでは、モラルの低下により社会が荒れてしまうでしょうから、公務員的なステータスを与えて法的な責任を持たせる必要もあると思います。
[ 2013/12/14 11:58 ] [ 編集 ]
ディスインフレについて
過去にディスインフレについて長々と書いた記事があったので訪れていただければ幸いです。先進国は時間の問題でデフレに突入すると自分も見ています。また更新楽しみにしています☆
[ 2013/12/14 14:23 ] [ 編集 ]
ポンチョの記憶が確かニャラ
言い忘れて茶けんども、、、


月曜の初っ端カラ雪崩崩壊現象が起きるョ!

⇒ News ) 北朝鮮は12日、公職を追放された張成沢氏(67)に対する銃殺刑。

コウ云った時は世界中ヲぉ、耳目はぐらかつ算段にょ可能性が有りゅでつ?

典型的な毎度、お馴染みのパチャーンだぉ!…何だ?(^o^…売ってニャカッタにょ?

可哀想にゃ欲張りchanでつねぇ〜( 笑 じゃ、bye - bye!
[ 2013/12/14 16:13 ] [ 編集 ]
先生!ポンチ君また嫌なこと言ってる!当たったら自慢するだろうから否定はしないけど!学級委員会でポンチ君のイジメについて放課後話し合いしましょう・・・えっ!私に落ち着きが無いのをどうするか話し合う?・・・酷い!


※スプリントがTモバイルの買収記事はあるけど、SB格下げ記事なんかないな~?・・・風説の流布じゃないの???
格下げ記事は7月の話でした!

どどすこすこすこ株注入!何か緊張してきた!堅気の世界では無いわな!

今日は私はガンバッテホールドしました!殆どの含み益が無くなってしまいました!でもこれで私はチキンのカモでは無い事が証明できました!誰か御褒のお言葉を・・・えっ!カモがネギ背負っただけ?・・・笑えない!
[ 2013/12/14 17:56 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

toushika_yさんのサイトも拝読させて頂きました。大変勉強になりますね。
ポンチョさんの言ったように、月曜から新興市場中心に崩壊していますね。まあ、株式市場というのは屈伸をするものですから、自然なことですかね。私は高くて買えなかった株が買えるかもしれないので、ある意味でわくわくしています。
[ 2013/12/16 13:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索