仙人の祈り

労働者が減る国の運命

経済学を勉強したことがある人ならば、コブ・ダグラスの生産関数というものを見たことがあるだろう。GDPの成長率(Y)はY = T ×K^α×L^(1 - α)という関数で表現できる。この式を要約すると、GDPの成長というのは、技術革新(T)、資本(K)、労働者(L)の増加という3つの要素で説明できるというものである。

生産関数というと何やら複雑怪奇なもののように見えるが、シンプルにこの3つの要素が伸びれば、その国の経済は伸びる。例えば、1950年から1992年のアメリカのGDPの伸びは年率+3.2%であり、それは技術革新(+1.3%)、資本(+0.8%)、労働(+1.0%)に分解できる。1956年から1992年までの日本経済の場合は、年率+5.6%もの驚異的な成長を果たしたが、それは技術革新(+3.7%)、資本(+1.8%)、労働(+1.0%)に分解できる。

日本の人口ピラミッド201403日本が技術立国であるという言葉は、戦後の歴史を振り返れば、まさにその通りであったことがわかる。1970年代になると日本の経済成長の伸び率は減速し始めたが、これは国が成熟するにつれて資本(設備投資)のプラス寄与が縮小してきたためであった。90年代に入ると、技術革新の寄与も小さくなり、GDPの成長は超低空飛行期に入った。そして2000年以降は、ついに労働のプラス寄与も見込めなくなってしまった。

様々なマクロの前提において、最も予測が可能なファクターは労働者の人口であるとよく言われる。投資家によっては、各国の人口ピラミッドの形を見て投資する国の配分を決めるところもあるほどである。つまり、今後の日本経済の先行きを考える時、どう見ても足枷となるのは労働人口の減少であり、このまま何もしなければ、お先真っ暗な状況であると言える。

米国というのは、この点から見ても、非常に上手い経営をしていることがわかる。もともと移民の国という幸運もあるが、明確に経済的な効果を意識した上で、移民の受け入れに対して開放的な施策を取っている。優秀な人材や米国へ多額の投資をする富裕層に対して、投票権はないが納税の義務はあるグリーンカード(永住権)を発行する仕組みなどもその一つである。技術革新(頭脳)も資本も労働も、美味しいところだけを国内に呼び込んでいる。

この好循環を維持するためにも必須であるのがブランドイメージであり、その点も抜かりはない。「自由の国」「夢を実現できる国」というイメージを浸透させ、地球上の小競り合いにも必ず首を突っ込み、米国は世界のリーダーであることをアピールする。実際にはアンフェアで2極化が進み、敗者への保障はないというのが現実ではあるが、アメリカンドリームを成し遂げた勝者の方をフォーカスすることで、成長の3つの要素を世界から安定的に調達していると言える。

一方で成熟した先進国となり、横並び意識の強い日本の場合は、国内外からの投資の増加や、技術的イノベーションに多くを頼ることはできない。つまり残された選択肢としては労働人口を増やすしかない。労働人口を増やすには女性や老人にもっと働いてもらうか、たくさん子供をつくりたいと思う環境を整えるか、米国のように夢見れる国を演じつつ移民を受け入れるか、ニートを家から引きずり出すかしかないだろう。

現時点で一つ言えることは、労働人口が減る先進国でGDPが伸びた例は歴史上ない、ということである。日銀が金融緩和をして人工的なインフレをつくっても、(実質)GDPは1円も増加しない。しかし労働者が1人増えれば、確実にGDPは増加する。日本経済は、多様性を受け入れることができなければ富を創造することは難しい時代となってきている。課題は至ってシンプルだ。

折しも昨日の経済財政諮問会議において、昨年度の6倍に相当する年間20万人の移民の受け入れを検討し始めたところであり、政府としてはこの問題に向き合い始めてはいる。ただし、民意がこれを後押しするようになるまでには、より深刻な状況が共有されない限りは難しいかもしれない。日本の改革のペースが遅いことに痺れを切らし始めている世界のマネーは、そこまで待ってはくれないかもしれないが。

BLOGOSで読む
Ceron.jp
[ 2014/03/14 18:00 ] 経済社会 | コメント(18)
Gmail
エントリーと関係ないご質問で恐縮ですが、小松原様はなぜGmailをメインで使用されているのでしょうか?Gmailには何か他とは違う便利な機能などがあるのでしょうか?セキュリティーとか?私もGmailへ移行しようかなと考えています。
[ 2014/03/15 11:47 ] [ 編集 ]
Re: Gmail
Gmailが特別優れているかどうかはわかりませんが、使い勝手は良いですね。特に当ブログの運営にはすべてGmailを使っています。

以前は蛇プラス数字のアドレスを使っていましたが、今はオカピープラス数字を使っています。ブログを運営していると変な人が付いてくることがわかりましたので(今のところ1名のみですが)、定期的にアドレスを変える必要が出てきました。

Gmailでは特定の人物から来た迷惑メールを、届いた瞬間に削除する機能があるため、当初はこれを使用していましたが、ネットワーク監視業者のアドバイスにより、メルアドごと業者にパスしています。「このブログを終わらしてやる」といったような脅しもあるようですので、証拠として保存されているそうです。

私より業者の方が問題視しているのが現状ですが、約1名の荒らしの方は、その行為が違法行為であることをわかっていないようです。私としては、そろそろすべてのメールやコメントを業者からもらって、公開しようかとも考えています。それが一番ご本人が行為を理解できるでしょうから。

お餅大好きさんのご質問に戻ると、スマホをご使用であれば多分GmailでもYahooメールでも大きな差はないです。私はたまたまGmailのメルアドを100以上持っているので、使い捨てているだけです。アルゴリズムの数字の部分の法則を忘れてしまったら、私ですらアクセスできなくなってしまいますが。。
[ 2014/03/15 18:40 ] [ 編集 ]
小松原さんも心が病んでる人につきまとわれて大変なんですね。
私の職場でも全員に引かれているのにまだ気付いていないEQゼロのオバハーンがいて本当に大変でした。
メルアド変えるってよっぽどだと思います。被害が拡大する前に警察に行った方がいいですよ。この手の人は言ってもわからないからこの手の人なんですから。
息を吐くように嘘と「私って凄いから」を出しまくるんです。こうなったら終わりだなと思います。
[ 2014/03/15 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの荒らしてる約一名の話は前にも返信されてましたが解決してなかったのですね

移民政策について2chのまとめを見てるとネガティブな意見として、治安の悪化が多く懸念されてるようですが、ここで民間警備会社や自宅防衛のコンサルティングとかの仕事に繋げるのが資本主義的に正しいアプローチなのですか?
ぐへへ
[ 2014/03/16 09:44 ] [ 編集 ]
また無意味な投稿をしてしまった

※4のような会社で参考になるような会社に心当たりがあれば教えてほしいのです
[ 2014/03/16 09:54 ] [ 編集 ]
ただでさえ人を必要とする仕事が減りつつあるのに人口を増やしてもかえって福祉費が増大して国のお荷物になりますよ。
[ 2014/03/16 12:23 ] [ 編集 ]
日本はもっと楽しくしなくては!リオのカーニバル!仕事ばっかしてないで、ミニスカのお姉ちゃんナンパ!仕事は皆でシェア、一人で3人前仕事しちゃダメでしょ!
仕事は午前中にして午後からは楽しいお茶やお酒でお喋りタイム!野球にテニス、プールにジョギング、スポーツも!
日本の午後はお祭りカーニバル、夜は花火大会!露店でリーズナブルなイタリアンにフレンチ!お父さんは焼酎にお魚!
あ~ハッハッハッ!・・・どう私の日本列島遊ぼう論!・・・えっ!何時もミニスカだって?・・・だって好きなんだもん!

※そうそう!昨日数年ぶりに大阪え電車で行ったら大阪駅には人が沢山いました!どこが少子高齢化なんだろうかと?不動産やは忙しそうでした!・・・ミニスカは少なかったな!・・・えっ!未だ冬?

※やっぱ移民は怖い!殺人や強盗が増えるだろうから!ブロンドのお姉ちゃんだけならOKにして野郎の外人は・・・お姉ちゃんなら私は人口増に貢献頑張ります!?えっ!生活はどうすんだって?・・・おにぎ・・・
[ 2014/03/16 13:28 ] [ 編集 ]
前提条件の変化?
 私は、消費者と生産者の間の資本循環をGDPと捉え、労働者数は消費量を増やす主要素、技術革新は単位人数あたりの生産者が作れる価値の増加手段および新規の消費需要の創生要因、資本量は大規模化による生産手段の効率化要因と理解しています。が、現状を見ると、一国の労働人口を増やすことによるGDPの拡大という方向性の成否はいくつかの暗黙の前提を必要としているように思いました。
 前提条件違反と思われる3点と反論余地は、
① 消費者と生産者の所属が、人口が減少している一国で閉じているという前提
(昔は、自動車輸出により他国の消費者との間で資本循環を実現し、現在は、多国拠点化により生産・消費関係が国単位でも閉じていないので、他国需要拡大で代替可能では?)、
② 生産能力の増加速度と消費者の需要の増加速度が均衡しているという前提
(現状の日本では、自動化による生産能力の向上が進む一方、すでに快適な生活環境が実現された為に需要は頭打ちになっており、不均衡があるので、自国人口増加による需要の増加は生産能力過剰の解消にのみ寄与するのでは?)、
③ 人口増加に裏付けられた資本需要(=投資機会)が旺盛であるという前提
(現状は、短期間で回収可能な投資機会に資本が殺到してしまい、実体経済に立脚した長期の資本循環のincreasing returnが期待できる案件が育っていないので、多少の人口増加では、大資本の投下による生産手段の効率化を導かないのでは?)

 利害関係を共有するひとつの組織単位としての国にはある程度の人口規模は必要と思いますが、世界人口(=地球上の総需要量)やリソース生産量(エネルギーや鉱物資源)等の主制約条件の元で、国民一人当たりの生産性に応じた適性規模というのがありそうに思います。(現状の1.2億人が多いのか少ないのかは分かりませんが。)
[ 2014/03/16 13:59 ] [ 編集 ]
満員電車とトイレ
いつも興味深く拝見しております。
先日満員電車の中で、鉄道関係者?の雑談が聞こえてきました。フィンランドでは、一人でも立っている人がいれば、混んでいる列車だそうです。個人的には、公衆トイレの数が少ないことや公衆トイレの大の部屋が狭く不満です。 トイレ充実の公共事業や満員電車への法的規制を是非K様にお願いいたします^_^
移民は、日本人が数が多く元気なうちに受け入れれば、徐々に溶かし込んでいくことも可能かと、数が多過ぎなければ。
[ 2014/03/16 15:53 ] [ 編集 ]
Re: 満員電車とトイレ
移民というと治安が悪くなるイメージを持っている人が多いようですね。
ただ本文に書いたようにアメリカのように優秀な人材を獲得している例もありますので、やり方次第では皆がハッピーになれるような施策が取れると思います。
日本は成熟した先進国になるのか、まだグロースを目指せるのか、方向感が国民の中でも統一されていないので、そのような議論も大切かもしれませんね。
[ 2014/03/16 21:18 ] [ 編集 ]
アメリカのクラッシュの時期
師匠のカモ様、質問が出ていたのですね。気がつきませんでした。

>ところで、きよえもん君アメリカのクラッシュ何時頃だと思いますか?宜しければお握り下さい・・・違う!教えて下さい。

こんな難しい質問、どんな天才をもってしても答えられないと思いますが、私めの妄想でよければ思いっきり妄想してみます。

アメリカのクラッシュ=財政破綻だと認識するなら、米ドルの信認が失われた時にクラッシュしまする。

そして、「米ドルの基軸通貨体制」と「FRBによる通貨発行権」、この2大強権を握っている「ユダヤ国際金融資本家」の意思ひとつでしょう。

1913年(1914年?)にFRBが設立されていますから、今年100周年です。その意味で、今年は大きな節目かもしれません。

今起きているクリミアでの覇権争いは、

欧米(ユダヤ国際金融)VS ロシア(反グローバリズム)

の大きな構図で見るとわかりやすいです。

この覇権争いで、ロシア優位なら、ユダヤ国際金融資本(グローバリズム)が弱体化しはじめた証拠なので、今年はかなりのイベント続出かと思われます。

話がそれましたが、ドル基軸体制の崩壊時期ですが、

制度的に、ドルはひたすら刷りまくるしか無い通貨です。会計上の話をするとややこしいのですが、会計制度的にはどれだけ増刷してもOKです。困るのは国家や企業であって、通貨発行権を握っている中央銀行(=ユダヤ国際金融資本)は、まったく困りません。

どこまでも、増刷されていくドルならば、超長期的にはドル安円高は必至です。

いちおう、81年周期を信用するなら、

1945+81=2026年、この頃にドル円は、1ドル30円ぐらいまでの超円高(ドル安)になります。

この頃、米国財政破綻の危機となり、その可能性も相当高いかと思います。
しかし、その前に、日本の財政破綻の方が先かと思われます。理由は簡単です。日本は米国の属国だからです。本国が属国より先に破綻する訳がありません(笑)。

日本の財政破綻は、宗主国の支配者「ユダヤ国際金融資本家」様の胸先一寸です。米国通貨ドルを助けるために、先に日本をつぶすと思います。

そして、米国のドル基軸通貨体制ですが、ここからは200年ぐらい持つと妄想しています。

FRB設立の1914年+200年=2114年。

あるいは、1945+81+81=2107年。

ドル基軸通貨体制の崩壊=資本主義体制の崩壊で、世紀の大事件になるであろう経済変動のきっかけは、「地球寒冷化」が主要因と妄想します。

「地球寒冷化」 → 食料・エネルギー資源の枯渇 → 文明の崩壊

※う~ん、とっても楽しい妄想でした。確認できるのは、私の死後です。^^

※ついでに株価も妄想してみます。

●数日程度の超短期・・・14500~14800円程度の戻り

●14年/5月前後・・・12500円前後まで下げ

●14年/7月前後・・・13500~14000円までの戻り

●14年/11月前後・・・11500円まで下落
(中国理財やウクライナ戦争などで9500円)

[ 2014/03/17 23:09 ] [ 編集 ]
為政者
為政者は常に最も弱い立場の人がどうなるかという視点を持たなければなりません。
政治家に助言をしているであろう貴殿のような方も同じです。深い学識と柔軟性を感じますので心配は要りませんが、貴殿のような若く優秀な力こそ方向を誤ってはならないと思うのであります。
駄文失礼しました。
[ 2014/03/18 04:43 ] [ 編集 ]
きゃー!公衆の面前で師匠だって、きゃー!一人で長い文章書きやがって気が弱かったんじゃ?!きゃー!質問した本人も忘れてる質問に今頃答えてる!
最後の日経平均イケてる~!
主様、皆さん、どらえもんを宜しくお願いします!コメントは短くね!

※駄文失礼しました!

※きよえもん!遡って見るの面倒臭いから新しいテーマでコメントして!皆さんも色んな考えや意見を聞きたがってるから!出来れば短めのコメントでね!

※名乗らなくても解ってしまうあの人は・・・異常に元気なのは良いお薬?
私が元気なのは日々善行を積み重ねているから!・・・えっ!乱交のせい?

※金は何か普通でしたね、抜けるかと思ったんですが!お楽しみは又今度ですかね?トヨタが来てますね!あの人に少しは感謝!
[ 2014/03/18 08:52 ] [ 編集 ]
ご返信ありがとうございます
ご返信ありがとうございます。
Gmailはヤフーメールとそれほど変わらないということがわかりました。
荒らし心理は顔が見えないことをいいことに犯罪者に陥るケースが多いのではないでしょうか?
小松原様がメールを公開すると仰っても態度が変わらないとしたら余程のことかと思います。私として心配していることは、そのようなことで小松原様がサイトをお辞めになってしまわないかということです。
[ 2014/03/18 21:56 ] [ 編集 ]
師匠!

>一人で長い文章書きやがって気が弱かったんじゃ?!

投稿記事を間違えました。今回は二つ前にするつもりだったのですが、ミスりました。

次回は、必ず、一つ前か二つ前の記事に投稿します。


>主様、皆さん、どらえもんを宜しくお願いします!

別に誰にも宜しくお願いしていりません。私は、師匠だけの期待にこたえて登場しています。

それから、私めは、「どらえもん」でなく「きよえもん」です。

趣味は、宇宙心理学の研究です。

相場暦は、30年。これまでの累損は、ファミリーマンション1棟分で約3000万ほどです。たいした額ではありません。

借金も資産も累損も通帳残も奥さんも、ただの数字データです。脳内で電気信号として反応しているだけにすぎません。

以上



[ 2014/03/18 22:01 ] [ 編集 ]
マラソン、楽しいよ~(´?Д?)」
きゃ♡、元気〜?(・ω・)ノ

貴女の行動、犯罪だって意識ある??
世界マネーを動かす、責任重大な人に、精神的苦痛を与え続けたワケだから、巨額な賠償金請求されるよ?払えるの??ローン、済んでる???
もー資料は揃ってるし、貴女がど〜言葉で逃げようとムリムリムリムリっ
( ̄◇ ̄;)』

小松原さんは慈悲からな〜んとか踏みとどまってきたけど、やばばっカウントダウン、入ったよ〜
ズラかるなら、今でしょう!!…え、古いのコレ?

日頃の鬱憤は、やっぱ運動で発散!!!
騙されたと思って、フルマラソン参加してみて!
オトコなんて、マジどーでもよくなるからっ笑!世界観、変わるよ〜っ
シューズはasicsがお勧め☆頑張れ〜〜っ
[ 2014/03/19 16:04 ] [ 編集 ]
我が主
其処もとの瓦版、誠に愉快なり。鴨は飛び助右衛門は悟りを開く。
過ぎたる記事を読みたるに、K殿に纏わる話あり。
K殿は誠の恩人であり、生涯掛けてお仕えすべき烈士なり。其れを知りて我、運命を知る。
K殿の刎頚の友たる貴殿もまた我が烈士なり。先の進言は我が恥なりて真鍮よりお詫びする。

時あらば応えらるるべし。さすれば貴殿は珊瑚を得たり。其処もとの命は我が主の命と心得たり。
[ 2014/03/19 22:17 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
皆さんコメントありがとうございます。

ふむ、いろいろなキャラが登場していますね。
日本株は特に小型の利食いが激しくなってきました。小型はビジネスモデルをしっかりと丁寧に見ないとニセモノが多いエリアですので難しいですね。アベノミクス相場が終了した今、業績相場に移行していくものと思われます。
そういう訳で、私はいつにも増して多忙であり、新しいネタもありませんので更新はありません。
[ 2014/03/20 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索