仙人の祈り

自分の夢に生きるということ

創業社長とミーティングをする時に、私が相手に必ず聞くことがある。それは「貴方の夢は何ですか?」ということだ。機関投資家からそのような抽象的な問を投げかけられたことに対して不意をつかれたようなリアクションを見せる人もいるが、大概の社長がとても嬉しそうに、そして少しあらたまって話しを始める。

「戯言だと思って聞いて下さい」と言いながらも、力のある人物ほどにその眼差しは強く、イキイキと話をする。「時価総額1兆円の会社になりたい」とか「世界中の人々に自分たちのサービスを届けたい」とか「圧倒的なパイオニアである競合他社をいつの日か抜き去りたい」というようなことを語る社長が多い。

NYC201406大風呂敷を広げているなどとは誰も思うまい。彼らはある程度の成功を収めて上場企業にまでなったわけだし、今も無我夢中(我なし夢の中)で夢の軌跡を歩んでいる最中である。逆に、今の延長線上にあるようなものを夢として語るようでは、この先の成功は期待できないだろう。

こうした中で、特に印象に残っている人物がいた。私がいつものように夢を聞くと、彼は「自分で描いた夢」を生きることが如何に大切なことかを切々と語り始めた。学生時代から他の誰にもできない新しい価値を創造したいと思っていたため、卒業後もどこにも就職せずに自宅で新サービスの構築を黙々と準備していた。

そのような彼を見て、多くの友人は時の経過とともに彼のもとから去っていったが、同時に新サービスが軌道に乗り始めると、新たに集まってくる人も大勢いた。「今一番に考えていることは何ですか?」と聞くと、彼は「まず社員たちに報いてあげたい。何もないところからリスクを負って私の夢の中に入ってきてくれた人たちに対して感謝を表したい」と答えた。

私が面白いと思ったのは彼の人生観というか、夢というものに対する考え方である。何故なら彼は、社員を大切な仲間とする一方で、「自分の夢の中でプレーする人たち」と言い切っていたからだ。それはある意味では冷酷なことで、己の夢に殉じる自分と、その夢に付いてくる社員とで、明確な線引きをしていたのである。

そのミーティングの数日後、中国人の友人から話したいことがあるとディナーに誘われた。彼は中国で圧倒的な会員数を誇る某ネットサービスの創業メンバーであったが、NY市場への上場を機に会社を去り、そして新たに事業を始めようと準備をしていた。

私は最初はてっきりブレストか、資本政策などのアドバイスを求めてくるものと思っていたのだが、彼の本題は私にジョインして欲しいという話であったため、とてもビックリした。確かに、彼の述べる新しいアイディアは金融系のプロが必要であったが、まさか私をパートナーの一人に選んでくるとは思ってもみなかったのである。

私は少し考えたのだが、しかし意外にもすんなりと自分の中で答えが出てしまって、その場でオファーを断った。すでに億万長者であり、実績も知名度も十分の友人と新しく事業を始めるというのは、とても面白い話であると思う。創業メンバーとして会社を立ち上げ、再び上場となれば、私にも巨万の富が舞い込んでくるだろう。

それでもその時、私の中ですぐに断る返事ができたのは、先日の創業社長との会話が影響していると言える。「応援はする。でも申し訳ないけどジョインはできない。」という私の返答に対して、当然、彼は理由を求めてきた。私はそれに対して「それは君の夢であって私の夢ではない。私はもう誰かの夢のもとで働くことは卒業したいんだ。」と、自然と言葉が口から出てきた。

私がキッパリとそう答えると、友人はそれ以上突っ込んではこなかった。思えば彼にその言葉の意味が分からないわけがなかった。何故なら、彼もまた他人の夢に生きることを卒業したからこそ、今こうして新たな事業を模索しているのだから。

食事を終え互いに別れると、私はColumbus Circleを半周して、少し遠いがそのまま歩いて帰ることにした。次の日はオフであったし、熱冷ましにはちょうどよい。夢という漠然としたものと、自分の人生を重ね合わせて真剣に考えたことなど久しくなかったが、度重なる2つの出来事が、私にそのことを思い出させてくれたようだ。

大きな組織の中で悪戦苦闘を繰り返しているうちに、己の夢に生きることができるのは特別な人の話であって、自分には縁遠いものと思い込んでいたのかもしれない。どんなに成果をあげたとしても、それは広い意味では創業者の夢の中で踊るプレーヤーにすぎない。私がサラリーマンである限りは。

月の灯りは、都市の明かりと混じらずに川面に映る。「誰の夢でもない、己の夢に殉じるような生き方をしよう」。その夜の月灯りは、何も持っていなかったあの頃の不安な気持ちを映し出し、細く青白い光の帯となって、私の足元を微かに照らしているように感じられた。

Y!ニュース
[ 2014/06/19 18:00 ] 雑感 | コメント(10)
ジャックウェルチさんの言葉
まさに、
control your destiny. or someone will
ですね(^^)

その気持ち分かるな…
スタッフ達に支えられながらも、私は逆の立場なら自分の人生生ききってるか?と言われたら、即答できないかもしれません
よく、来てくれた…とゆーか、感謝しながらも線は引いてると思います
これは、失礼なコトだとは思いません
要は、リスクを取れるか、続ける能力や責任、やり甲斐、喜びがあるのか…
でも、きっと、ココで悩むよーな人は、小松原さんのように、能力あるし、結局やっちゃう人だと思うんです
フツーは、文句だけ垂れて人生終わるんですよ

でも、私の第六感ですが、小松原さんは、もー実は仕事やめて、全く違うコト始めてるんだろなーと思います♪
当たるんですよ〜私の感(´・Д・)」コワイくらい♡

もーしこたまお金は貯まったコトでしょう!!
好きなコト、やっちゃって沢山の人、ハッピーにして下さい!!

あ〜っ!!
前のコメント、消しましたね?なんで???
いやいや、いーんですよ答えなくとも分かってますとも…
私の感って、当たるから…たぶん…

( ゚д゚)??←ホントは分からないヒト、笑
[ 2014/06/19 21:14 ] [ 編集 ]
月の明かり
以下の曲を思い出しました。
http://youtu.be/Pr7lGz9jkwA

小松原さんにいろんな人がやってくるのは、芸術家のように繊細で、子供のように正直で、そして傷を負った狼のように独り悩み続けているからではないでしょうか?そういう人の方が信用できるんだと思います。
まるで美しい絵画のような光景が浮かびます。
[ 2014/06/19 21:48 ] [ 編集 ]
きゃーっ
い、痛くないし悩んでないもんねーっ
( ̄へ ̄;)
ツバつければ、たいてい治っちゃうんだからっ
( ̄へ ̄;)
この自然治癒力ったら神懸かりだしーっ
( ̄▽ ̄;)おーっほほほほっチョロいのなんのって♪

( ̄へ ̄;)………

(( ̄へ ̄;))プルプルプルプルプルプル

確かに弱みを見せたり頼るのがウルトラ苦手ですね、笑
[ 2014/06/20 08:45 ] [ 編集 ]
いつも拝見してます
小松原さまがなんでも書いていいとおっしゃってたので

わが子について書きます。

部活、習い事をしながら毎日がっつり詰まった学校授業

毎日毎日余裕がなくてのんびり屋の子供はいっぱいいっぱい。

校則はやたら厳しく、あれもダメ、これもダメ。そうしておいて
こう言うのです。「夢を持ちなさい」


そして「将来についてなりたい職業になるための具体的な
プロセスを調べていついつまでに提出しなさい」と。

習い事をやめさせても余裕が持てず、パンクしてしまい、
今は別教室でのんびり勉強しています。

夢を持ちなさいって、のびのびと育てる環境には程遠いです。
日本の教育は企業の歯車になるべく組まれてると聞いたこと
がありますが・・・

海外へ飛び出していく人たちはどんな環境で育ったのかなー
と思います。

ちなみにそれだけ過干渉で縛りの多い学校生活ですがリタイア
すれば一切のフォローなし。担任が訪ねてきたのは帰宅ついでの
1回だけ。
海外のほうが色んな生き方があっていいと思えそうですね。
いやシラナイからそう思うだけかなー?

わが子の自由のために投資で教育費ができたらいいな・・

これを読んだ方々、ダメ親と苛めないでくださいね~

[ 2014/06/20 13:11 ] [ 編集 ]
私の夢は竜宮城に行く事です!

鯛やヒラメが舞い踊り!奇麗なお姉さんに囲まれて美味しいお酒や料理を食べるんです!その為には投資で大儲けしてそれから大儲けしてそれからそれから・・・・・それからの事は儲けてから考えます!(なんか前にも似たようなコメントした様な???嫌だよ~ボケたか???)しかしトヨタもSBも持ち直してるよ!クラッシュ無かったんでまた損切り~誰が操作してんだ?・・・きよえもん当たってるぞ~生きてるのか?たまには出て来いよ~!
[ 2014/06/20 17:05 ] [ 編集 ]
誰かの「夢」には独占所有権があるわけではないので、
同じ方向性を共有できるのであれば、躊躇う必要もなさそうに思います。
>己の夢に生きることができるのは特別な人の話であって、自分には縁遠いものと思い込んでいたのかもしれない。
 彼ら彼女らがそれ程特別でもない間接的な証拠は、日本には労働者6000万人があり、大中小合わせて400万社も会社があるので、少なくとも400万人は社長、つまり15人に1人は自分の道を歩いている人達だという事実です。もちろん、短期で倒産という形で代謝サイクルに乗ってしまう人達もたくさんいますが、マクロに見ると、「大きな組織」にいて歯車役をしている人達の方がマイノリティのようです。
[ 2014/06/22 11:09 ] [ 編集 ]
ずれているような
上のコメのように、文章が読めずに勝手に別の解釈をして揚げ足を取るようなことはしません。(中小企業の社長が400万とか意味ないデータ、、、見てて悲しいです)

小松原さんは弱肉強食のビジネスの世界でトップに君臨しているために、見えていないこともあるかもしれません。本文は負け組にいる人々を汲みして述べられているわけではないことは百も承知ですが、99%の人は夢に生きることはできません。それが現実なんです。

やる気がある人でも、努力をしていても、夢を心の中に保つことが難しいような環境に置かれている人が大勢いるのも事実なので、そのような大多数の負け組が自分らしく幸せにいきていくにはどうしたらよいのでしょうか?負け組は夢を見ない方が楽だったりしませんでしょうか?
[ 2014/06/23 16:35 ] [ 編集 ]

なんか…マズった?( ̄◇ ̄;)

でも、負け組って何を持っての価値観?
時間軸を意識しないと、勝敗なんて最後まで分からないですよ
マイケルジャクソン、あんな好き放題して、最期ハッピー??

大切な人の夢をサポートするのも、夢にはならないですかね?
夢って、仕事だけじゃないと思うし、誰かのために頑張ってるうちに、進化して力が付き、いつの間にか自分の夢がポコっと生まれるよーな感じがします
私はそっからスタートでしたけどね^^;

でも、これからチャンスいっぱいの時代が来ますよ〜♪( ´θ`)ノ
(勉強する人には分かる、ね、ポンチョ♡)

とりあえず、ここは重圧の中頑張ってきた小松原さんを見守り応援する時期っしょー
どー見ても、やりたいコトあるんですよ多分??

カモっちなんて竜宮城でウハウハ(=゚ω゚)ノですよ☆
夢も生まれ変わっていくんじゃないですかね、自分の成長に合わせて…
焦らないでGOですよ

((((;゚Д゚)))))))ええっ!!
銀むつさんは、既にカモっちを負け組扱い???
[ 2014/06/24 06:54 ] [ 編集 ]
あーっ誤解されたらイヤなんですが
私はマイケルの大ファンです

マンインザミラーが、1番好き♪( ´θ`)ノ
あ、ハイハイ、引っ込みますとも
でも、良い曲ですよ〜
l▽;)ノばいなら
[ 2014/06/24 09:32 ] [ 編集 ]
最近!壁さん乱れ飛んでますね~?

裏で何か変化があったのだろうか?

お・か・し・い・ぞ! 


※えっええ~!わっわっ私って負け組なの!知らなかった?・・・反応が遅いか! 
[ 2014/06/24 17:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索