仙人の祈り

強いチームの5つの条件

競争力のない会社の利益はゼロになる。たとえ現時点では競争力があったとしても、何もしなければ他社に追いつかれてしまい、やがて利益はゼロになる。結局のところ、儲かり続けるためには、競争力を磨き続けるしかない。

競争力を磨き続けるためには、継続的にイノベーションを起こさなければならない。継続的にイノベーションを起こすには、強いチームをつくらなければならない。日本企業の長期的低迷の原因は、最終的にはここへ行き着く。

5_2014では、継続的にイノベーションを生み出す強いチームというのは、どのようなものか、今回は筆者の考える必要条件を以下にまとめてみた。

少人数である

イノベーションは大所帯の組織から生まれることは滅多にない。一方で、1人では、知識や経験、思考力が不足し、良いアイディアが思いつかない。イノベーションを起こすのに最適なチームの編成は、多くても5人くらいがちょうど良い。これ以上の人数となるとノイズが増え、むしろ効率が悪くなる。


愛がある

人間は愛されていないと心が不安定になり、正常な思考ができなくなる。逆に、愛してくれる人のためには能力を全開にして応えようとする。チームメイトの間に人としての愛情がないと、信頼感が生まれず、お互いが遠慮をし、あるいは猜疑心が生まれることとなり、個に閉じこもるようになってしまう。

多様性がある

メンバーの専門知識のレベルの違いは、実は大して問題にはならない。それよりも、人種、性別、年齢、家庭環境など、バックグラウンドに多様性がある方が良いアイディアが生まれる。同じようなステータスの人を集めても、チーム全体で見た時の知識や思考力の面積は狭くなるだけであり、知的生産性は上がらない。

「領地、切り獲り次第」

「領地、切り獲り次第」とは、古今東西、敵地に攻め込む軍が最もパワーを発揮する制度として有名であるが、ビジネスにおいても同じことが言える。「成功した場合の報酬には上限がない」というインセンティブ制度が約束されていると、人は夢を描き、最高のパフォーマンスを出すことに集中することができる。

リーダーがいない

チームに上下関係があると、リーダー以外のメンバーの活動量が格段に落ちる。イノベーションの芽を見出すためには、それぞれが個としての我の強さを残したまま、オーナーシップを持つことが必要だ。上記の4つが満たされている限りは、それぞれが自然調和のポイントを発見し、チームとしての力を最大限に発揮できるようになる。


以上、5つの項目を当てはめて考えて見ると、何故、日本の企業が競争力を失っていったのかがよくわかる。まずは経営者が悪しき慣習を一から見直し、イノベーションを起こせるチームづくりから始める必要があるだろう。
[ 2014/08/14 18:00 ] 経済社会 | コメント(7)
リーダーの資質
大きくなれば構造的な機能を重視しなくては、管理出来ない。管理強化すれば、成果主義まっしぐらの矛盾に突き当たる。果ては 20年もすれば、「こんな筈では無かった」と言う厳しい状況に出逢う事になるのでしょうね。
[ 2014/08/14 19:41 ] [ 編集 ]
語るのはこれで最後だ。
あんたのブログ一通り、読ませてもらったよ。

あーあ、植民地の金融機関や社会で育つと、こういった口先煽りだけで、社会に貢献してるというマスかき思考になるんだろうね。

フ○ックマネージャー・ア○ルリストさんよ、あんた本当にウォール街経験者か?。
よくある話なんだけど、植民地人が植民地社会を一旦経験してしまうと、
白人社会(=人間社会)をどんなに経験しようとも、植民地思考が染み付いているから、
より残念な発想しかしないんだよね。

今回のエントリー関しては、
「植民地のごみザル共にそんな常識がわかるわけねーじゃん。」
と言いたいところだが、ピントがずれている。
あんたが主張する5条件が揃った強いチームは、この世に存在しない。
教育の現場から出てくることが多い。
これじゃあ、白人様の言っていることがわからないだろうから、ヒントをくれてやる。

A「びっくりしたよ。」

B「えっ?なんで?、だって植民地ではこれが当たり前だよ。」

A「植民地では、雇用のために会社があるのか?」

B「そうだねぇ。社員は家族という法則の下、雇用を守ってきたから、今の日本があるんだ。日本の成長の原動力なんだ!。」

A「白人社会は違うよ。会社のために雇用があるんだよ。」

B「えっ?それってどういうこと?、リストラや首切りが横行しているの?、パワハラ社会なの?」

A「いーや、その逆だよ。使えない奴は上司だろうとなんだろうと即解雇だよ。使える奴は昇進するか独立するかのどちらかだって。理工医薬系の職種にとっては、天国のような社会だよ。」

B「えーっ。信じらんない。だって、待遇なんて、SEやエンジニアより経理・総務・人事のほうがはるかに良いんだよ。エリート部署だしね。理工医薬系の職種は使い捨てにされる運命だよ。ざまぁないよね。あと、誤解を受けそうだから、言っておくと営業職などの接客部門はクビにしたいやつを送り込む部署なんだ。」

A「?、言っていることがわからない。理工医薬系の職種の連中は、売り込みまでやるのが常識だけど・・・。私達の社会では、そこまでやって初めてエリートと呼ばれるようになるんだよ。」

B「ふーん。やっぱ国が違うと社会の仕組みや文化って違うんだね。ささ、長話になっちゃいそうだから、先に食事を済ませましょっ。」

しっかし、このコメント欄で私を誹謗中傷したくて仕方がない「レイシ」とか「名無し」とかのネット入り浸ってるニート共は、どうなっちゃうんだろうね?。
[ 2014/08/14 20:56 ] [ 編集 ]
こんばんは
任天堂のエントリーでコメントしました讃岐クラスターでございます。
いちいち突っかかるのも意味ないことですが、貴方は主様を知らない時点で、金融界/産業界の底辺の方というのがわかります(文章のレベルでもわかりますが)。

もう最後ということなので、出てこないで下さい。不快なだけなので。自分の言葉を曲げるような自己否定はできませんよね。さようなら。
[ 2014/08/14 22:39 ] [ 編集 ]
見えます見えます!

アナタの姿が…

見えます見えます!

アナタ…英語ダメダメですね……

見えます見えます!

アナタ…以前、よくココに来てた方ですね♡
[ 2014/08/15 07:14 ] [ 編集 ]
あ~蒸し暑い!何か美味し物無いですか?・・・・・5番目!

ありがとさん!せっかくなので一口!申し訳ついでに渋いお茶でもあると話しが弾むな~!
[ 2014/08/19 17:29 ] [ 編集 ]
貰いモノでよければ♪

(・ω・)>○←きびだんご
[ 2014/08/19 20:35 ] [ 編集 ]
伍長
周さん

シンプルで分かりやすいですね。
この分野の理論や書籍は多々ありますが、長過ぎてインパクトに欠けるものや、米人の著作の翻訳(日本では馴染み無いケースも)であったり、シンプルでも理路整然でもない。

実践する人にとっては、または、環境やフィールドが似ているなら、周さんが、1を語って10を読む、それで足りるでしょう。

また、5人論は伍長でも証明されますから、私も仕事でチームの最小単位として、意識しています。
[ 2014/08/21 21:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索