仙人の祈り

私が還る場所 - 圭吾

ハッブル宇宙望遠鏡によって発見された129億光年かなたの銀河「GN-108036」。私は学者ではないが、民間でのバーチャルECUの開発経験があることを買われ、現在、「赤外線天文衛星」や「すばる望遠鏡」で撮影した画像データを解析し、星形成のメカニズムを研究するプロジェクトの手伝いをしている。

宇宙とは過去のこれまでの映像が時系列で納められた、広大な映像ライブラリーのようなものである。不思議なことだが、129億光年かなたの銀河を見るということは、129億年前の、宇宙が誕生して間もない頃の姿を見ていることになる。我々人類は、すでに過去を見ることに関しては、ある意味で究極まで達している。

宇宙物理学などとはまったく無縁のキャリアの私であるが、プロジェクトチームのおかげで勉強をするようになり、その深遠の果て無き世界を知れば知るほど、もっと早くにこの世界(本当の世界)に出会っていたら、これまでの人生の選択も、少しはまともなものとなったのではないかと、後悔の念が湧いてくる。

若気の至りと言えばそれまでだが、人付き合いでの失敗、仕事での失敗、お金での失敗、時間の使い方の失敗と、どうして人は失ってから気づき、失敗を犯してから反省するものかと、しみじみ思えてくる。もっと自分を俯瞰して見る視点を持っていたら、晴れやかな気持ちで、命の炎を燃やしてきただろう。


ただ、少し遅いかも知れないが、今の私は幸せである。宇宙の始まり、星団の形成という、まるで神の領域とも言えるもののシュミレーションを構築していると、自身の魂がふわりと浮いて、大きなもので包まれるような感覚を味わう。還って行く場所を見つけたような、得も言われぬ幸福を感じるのである。

今、私が見ている129億年分の時空の中には、生まれては滅びていった、幾千の文明があることだろう。そして、その一つに過ぎない私たちの星でも、自己破壊的な種が生まれ、破滅の道を急いでいる。東欧、中東、アフリカ大陸、新彊、チベット。繰り返される人々の争いを見ると、居た堪れない気持ちになる。

「宇宙(そら)を見よ」。研究室を出て、地上の悲しい現実を見る度に、私の心がそう叫ぶ。すべてのものは、始まりから、我々の頭上に映っているのである。己の主義や理念に盲目になり、還る場所を見失った子羊たちほど、哀れな者はない。今ハッキリと、それが分かるようになった。

圭吾

*(小松原が一部編集)
[ 2014/08/28 18:00 ] 雑感 | コメント(9)
魂のルフラン
私に還りなさい
記憶をたどり
優しさと夢の水源へと
もいちど星にひかれ
うまれるために
魂のルフラン
[ 2014/08/29 07:13 ] [ 編集 ]
技術
小学生ぐらいの時から星や宇宙に興味を抱き、将来は宇宙飛行士かNASAで働くのが夢でしたが、気づいたら普通のサラリーマンになっていましたね。
過去がどうであれ、宇宙に関係する仕事に携わることができ、今が幸せと言えることが、たいそう羨ましく思います。
やはり、何かしらの特殊な技術というものを身につけておけば良かったと、この年になって後悔している次第でして。。

宇宙の神秘に触れると、日常の諍いなどが小さく感じることはよくあります。
我々の悩みというのは、129億光年と比較すると一瞬の光にもならないのでしょう。

[ 2014/08/30 12:25 ] [ 編集 ]
私の居場所!
そんなもん遠にあるわけないわ!誰かこんな私を拾って下さい・・・お安くしときます!どこで無くしたんだろうか?・・・えっ!最初から?
[ 2014/08/30 13:02 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
小松原様

私の拙い文章をご採用頂きありがとうございます。また、見事な編集に感服しております。
私は投資のことはまったくわからないのですが、小松原様が宇宙物理にあまりにも精通されておられたので、ファンになりました。名のない星、ファーストスターのお話などはブックマークしているほどです。
今後とも末長くブログを続けて頂けると幸いです。
[ 2014/08/30 13:16 ] [ 編集 ]
表現できない
山の上や海辺で観る星空に言葉は無いですね。星座が頭にあっても、無くても日常から かけ離れた処に誘ってくれる気がします。創造の始まりだと感じます。
[ 2014/08/30 14:16 ] [ 編集 ]
矛盾
小松原氏のブログを楽しみに見ています。
最近、募集した投稿が見受けられますが、
人のブログにおんぶに抱っこではなく、
自分でブログを立ち上げればどうかと思います。

テイストが色々だと読んでいて違和感を感じるのは私だけでしょうか?
[ 2014/08/31 02:48 ] [ 編集 ]
きっとね
こういった意見も出るだろなと私も心配でした
私自身が小松原さんの文章や世界に惹かれて、ココが好きなわけですからφ( ̄ー ̄: )←本人が1番びっくりして違和感感じまくりですよ、笑

ただ、今回、圭吾さんの文章を読ませていただいて、嬉しかったのは、小松原さんの好きな分野だったからです
医療のコトも小松原さんが知りたいと仰る分野だったので、まるっきり無関係なものを無責任に出してるワケではないですし、小松原さん自身が赤ペン先生になり直して下さいました
きっと、仕事もハードで、こんな風に箸休めもしたい時があるのではないかと私は思ってます(^∇^)
けいさんも、ココをご覧になってる方も、ドシドシ寄稿したらどうでしょう?!
それが、小松原さんがブログを無理なく続ける、お手伝いになるし、喜ばれるんではないかなと…

(´・Д・)」小松原さんも、採用された先着10名様に、ブロマイド写真とサインとか特典つけるのどーですか???

((((;゚Д゚)))))))え、無理??
ちぇーっ!貰いたかったのに、笑
[ 2014/08/31 08:18 ] [ 編集 ]
あれ?
下にやっぱりあの荒らしが出てきたと思ったら、僕のコメも一緒に消されてました(反省)。

まあいいけどさ。小松原さんのブログなんだから、運営がどうとか、投稿がどうだとか、何でも他人のせいにするプアな人がいると、ね。あれですから。

自分でブログ書いてますか。へー(棒)。でもいいよね。その方が、他人に迷惑はかけないから。誰にも知れずにそこで吠えていればいいんだよ。真面目な話。
[ 2014/08/31 21:40 ] [ 編集 ]
色んな人の色んな話しも聞いておくのも大事!私の様な人気者ばかりでなく色んな人の!・・・えっ!荒らしてる?
[ 2014/08/31 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索