仙人の祈り

スコットランドの猩々たちを訪ねて

多忙につき、今回は散文的な内容に留め、後は皆さんからの質問にお答えすることにしようと思います。このエントリーに限って、可能な範囲で返答をします。

私の最近の活動の中で、印象深かった出来事は、エディンバラの大手基金のトップたちとのミーティングでした。当初は、私から投資先企業の説明をする予定でしたが、彼らの時間軸と視点が、あまりにも大きな流れで物事を捉えていたため、次第にトピックが歴史や民族史、自然科学などへとシフトしていきました。

Edinburgh2014_09まるで、スコットランドの森の猩々(しょうじょう)たちに教えを請う若手といった構図でしたが、彼らの基金は次世代へ受け継がれることを前提に戦略を組んでいるため、今上の物事を俯瞰して見ています。深いディスカッションのお陰で、私も新たな気づきを得ることができたので、彼らから受託しているファンドの投資先を、一部変更することに決めました。

皆さんが気になる日本株では、コーポレートガバナンスの強化や、機関投資家の行動指針(スチュアードシップ・コード)策定など、資本市場の改革に取り込もうとする動きが出てきています。あまりにもレベルの低い東京市場のクオリティーが上がれば、回転率の高いヘッジファンド以外の投資家も、日本株へのアロケーションを増やしてくるかもしれません。

それでは、皆さんよい週末を。~ウィリアム・ウォレスに思いを馳せて~スコットランドの森深くより。

小松原 拝
為替
急な円安にやや戸惑っています。しばらく小康状態のドル円の、新たなトレンドとお考えでしょうか?
[ 2014/09/12 19:43 ] [ 編集 ]
GPIF
せっかくなので私もご質問させて頂きます。
小松原様が述べられたように、GPIFの改革が日本株では話題になっています。ただし、以下の記事にあるように国が直接、自国の企業へ投資するとなると、様々な利害関係の不整合が生じます。本当にGPIFの運営の自由度を上げることは可能なのでしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00000070-reut-bus_all
エジンバラの基金からファンマネに選ばれるほどの方ですから(同業界なのでその意味は理解しているつもりです)、小松原様のご見解は貴重なものと思います。どうぞよろしくお願いします。
[ 2014/09/12 23:08 ] [ 編集 ]
エディンバラの猩々とウォーレンバフェットさんとはどちらが優れてるんでしょうか?次元が違う?基本が違う?・・・えっ!私が嫌い・・・質問にこ・・・ビィえ~ン!

※有能なFMならここにいるのに!・・・えっ!私?バシバシ(絵文字省略)いやだな皆さん何勘違いしてるんですか私じゃ無いですよ主様の事ですよ!もうほんとに~!・・・眠れないじゃ無いですか今夜は・・・あ~んもう・・・
しかしAは・・・違うBは・・・違う・・・あっ!Kは何してんだろう?(いとしこいし風)こんな時こそ主様を日本の国益のためにトレードしないと・・・!もう何してんだろうね日本のリーダー達は!・・・えっ!ダメだって私はもうホントに!・・・嫌いですかこんな私?

※ちなみに断っておきますが私は男ですし酔ってもいません!・・・えっ!なら医者に行けって!・・・ひどい・・・マジで嫌いですかこんな私・・・さくじょ?

※私はサプライズで消費税増税を1年先延ばしにすると思います!そんな事でも感動するんだろうな内心皆は!
[ 2014/09/13 12:37 ] [ 編集 ]
スコットランドの兵隊さんは、こちょこちょしても笑わないってホントですか??
試してみて分かったら教えて下さい!!

え?質問の次元が低すぎ??びぇぇ〜ん
[ 2014/09/13 16:11 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
FRBの金融緩和の縮小と、日銀の金融緩和継続という政策によって、円安基調となることはコンセンサスとなっていると思います。私も当ブログを開始した時は当時70円台のドル円がお宝のポジションになると確信していましたが、今も考え方は変わっていません。為替の短期予想は誰にもできませんが、年足で見たときのトレンドは、今回ほど確信を持てる条件がそろっていることはないと言っていいでしょう。

こちらもブログのエントリーで繰り返し述べていることですが、日本の政策決定者の質は、過去になく高いと評価しています。GPIFを他の年金のようなアセットオーナーと同じ位置づけにすることに、懸念を持つ人はいるでしょうが、日本国民の年金を日本企業へ投資することは、当然のことだと思います。

問題は、日本企業の収益性やガバナンスのレベルが低いことにあり、そこに対してメスを入れ始めていることは、正解であると思います。GPIFに選ばれるような会社にならなければならない、というインセンティブがはたらき、企業が自ら変わろうとすることを期待しています。

また、GPIFの側にも企業価値を見極めることのできる、プロ中のプロがファンドマネージャーとしていなければなりません。欧米の大手の基金には、スコットランドの猩々たちのように、必ず優秀な投資家がいます。日本にはまったくいません。今のところ、ボトルネックがあるとすればこの部分かもしれません。優秀なファンドマネージャーを確保できなければ、GPIFが直投に踏み切ることはできないでしょう。
[ 2014/09/13 19:28 ] [ 編集 ]
独立の話題
どなたも来週末のスコットランド独立投票を話題にしていませんので。スコットランドが北海油田(Brent)からの収入で生計を立てていたことを知りました。多分、現実を見ている人達が何かしらして、最終的に反対票が上回るのだと思いますが、あろうことか独立賛成票が上回ってしまった場合の対応策、特にあてにする主要収入である原油取引時の決済通貨をGBPかEURにするのか、等の話題は上がったのでしょうか?長期視点でのアセット運用者にとっては、長年続いたUKという仕組みが変わる事に適応してアロケーションを修正するというのは想定外のシナリオであると想像しています。
[ 2014/09/13 19:57 ] [ 編集 ]
日本と海外の違い
小松原様

小松原様はブログで、日本のアナリストや投資家のレベルは低いと仰られますが、具体的にどこら変に課題があるのでしょうか?(知識、能力、意識、語学力等)。また、海外のアナリストや、機関投資家と日本のアナリスト・投資家の違いはなんなのでしょうか?海外のアナリスト・投資家が持っていて、日本のアナリスト・投資家に無いものが何か教えて頂けると助かります。

よろしくお願い申し上げます。
[ 2014/09/13 21:29 ] [ 編集 ]
日本企業
>問題は、日本企業の収益性やガバナンスのレベルが低いことにあり

このことが日本の株価がこれまでの最高値の2分の1以下に押し止められている主な理由なのでしょうが、企業収益についてはこれまでの最高益を更新している企業が続出しているのに、個別銘柄レベルでも株価水準はイマイチのように思います。

ガバナンスのレベルが低いのは、サラリーマン経営者がやっているので問題の先送りと保身が日常化していることが要因なのでしょうが、ひたすら従業員の給与を削って、内部留保の積み上げに奔走している経営者がなんと多きことか、、、。

こうしたことから日本の株式は市場高値を更新することはまずあり得ないので、株式投資をするのなら当面、外国の株式を買った方がよいのでしょうか。
[ 2014/09/13 22:09 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
エディンバラの某基金は、お金の元の元は、仰るようにオイルマネーも含まれていますね。彼らはそのお金を、我々のような別の資産への投資に強みのある人に委託して、外国の資産へ分散投資をしているので、運用サイドの問題はありません。ただ、基金の支払いサイドはスコットランドの国民がほとんどなので、支払いの通貨が変わってしまうと、基金としては自国資産(例えば原油先物や国債)などの投資ウェイトをヘッジのために上げるかもしれません。ちなみに、ミーティングでは独立の話は意外にもまったく出ませんでした。

日本の市場参加者のレベルが低いのは事実です。問題の理由は、機関投資家に資金を委託する企業年金の責任者たちが、投資の知識のないサラリーマンであるため、リスクを取れず、単年度での結果を求めることにあります。受託する機関投資家は顧客のニーズに合わせて、短期での運用をせざるを得ない環境にあり、そのまた顧客である証券会社も、それに合わせて短期での情報提供ばかりに注力してしまいます。

もう一つは、バブル崩壊後の経済の低迷により、株高を予想することができない中で、個人投資家にとっても、勝つためには、短期で売買をすることが、最も経済合理性が高かったためです(投信として個人投資家から資金を受託する機関投資家も、その顧客である証券会社も、よって短期になります)。日本株に投資する外国人投資家にとっても、これほど収益性が低く、ガバナンスの弱い企業群に長期投資はしてくれません。長くても景気の1サイクルを取りに行くくらいの時間しか投資できません。

今はこの部分を変えるような動きが出始めてきているので、外国人投資家も注目をしています。ガバナンスがなっていなかった「アマナ」が、突然、100%の株主還元を宣言しましたが、これもJPX400から外れそうになったことで、焦ったトップが初めて株主の方を見た決断をしました。このような例がどんどん出てくれば、投資家は変化を感じてくれるでしょう。

ちなみに、S&P500採用企業の昨年の自社株買いの合計金額は50兆円でした。稼いだ余剰なお金はすべて株主様にお返しするという意思が明確です。誰だってこうした企業の方に投資をしたいですよね。もちろんそのことが、株価の差となって現れているわけです。
[ 2014/09/14 08:39 ] [ 編集 ]
なんでも聞いちゃうよ〜
出身大学はどこですか?MITとかですか?専攻は物理とか数学系ですか?
あと年齢はいくつですか?30才くらいですか?
大島優子と佐々木希ならどっちと付き合いたいですか?
年収は幾らですか?3,000万とかですか?
兄弟はいますか?お姉さんとか?
将来の目標はなんですか?富と名声の他にありますか?
[ 2014/09/14 16:48 ] [ 編集 ]
はじめまして。質問させて頂きます。彼らが将来発展しそうだと着目している産業は何かあるのでしょうか。また、長期的視野から投資するファンドはIT革命やシェールガスについて世の中の人より早く注目していたのでしょうか。
[ 2014/09/14 23:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
私は基金からボトムアップで優秀な会社を選別する力を買われて資金を預かっているので、基金が他のどのような投資家を雇っているのかは、実は知りません。ただ、シェールガスやIT革命は世紀単位で見ても大きな出来事ですので、当然、彼らは基金でそれらに投資をしていることでしょう。

彼らが意識しているこの他の潮流としては、人工知能、ロボット工学、医薬、人口増加、宇宙工学などの分野でしょうか。また、あまり語られていませんが、仮想現実と現実拡張もこれから重要な産業となるでしょう。
[ 2014/09/15 15:13 ] [ 編集 ]
消費税
質問できる貴重な機会ですから、2点聞いてもよろしいでしょうか。

谷垣幹事長は消費税10パーセントは遂行すると発言していますが、ニューヨークタイムズ紙は、時期を遅らせた方がとあります。氏の個人的な意見では、どちらが望ましいとお考えですかね。

もう1点は、例えばですが、氏が自由に日本経済界にメスを入れ改造するとしたら、どのような所から手をつけるべきだとお考えでしょうか。
[ 2014/09/15 17:17 ] [ 編集 ]
小松原さん、質問させてください。
今後発展する分野に医薬とありますが、日本でも、医薬ベンチャーの息吹は着々と芽吹いていると感じますが、どのように感じられますでしょうか?
ご教授くださいませ。
[ 2014/09/16 03:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
確かに日本の消費は消費税引き上げの後、冷え込みが顕著になってしまっており、懸念されています。ただ、遅らせるということは、国の重要な決定を足元の数字だけを見て変更するということですので、失うものの方が大きいように思います。消費税はその後も段階的に引き上げが必要でしょうから、定期的に上がっていくものという意識を国民で共有することが必要でしょう。給与を上げること、株高を維持することで、低所得者から高所得者まで、度重なる増税に耐える力を提供することも同時に求められます。

日本経済にメスを入れるとしたら、当ブログでも述べていますが、何より人事評価の制度を変えることが重要です。年功序列を廃し、信賞必罰を徹底しなければなりません。サラリーマンでも、成果をあげれば億万長者になれるような、当たり前の制度を徹底させるような法整備を取ると思います。軍国主義の時代から続く、間違ったマインドと制度を断ち切る必要があると思います。

日本でも創薬ベンチャーはいろいろ出てきていますが、個人的に注目できると思っている会社は1社しかありません(これ以上は述べられません)。米国には5社ほどあります。
[ 2014/09/16 09:22 ] [ 編集 ]
チェ無視かよ〜
チェー無視かよー。
じゃあハマってる音楽教えて?これくらいいいですよね?あと、カモじゃねーよワッチは!
[ 2014/09/16 17:34 ] [ 編集 ]
書こうか迷ったのですがレインボーは私ではありません!皆さん勘違いしないで下さい!それと彼は若いので若気の至りと言う事で勘弁してやってください!レインボー君!主様はプライバシーの深い部分に関わる事には答えないのですよ!代わって私が答えてあげます!好きな女優は檀蜜(最近は井川遥です)で⭕⭕経済大学卒の年収250万前後(最近は食うや食わず)!地元の信金に勤めていますよ!御解り頂けましたか!
もう少し知的な質問と話題を提供しましょう!・・・少しは違いが出たかな?

※そう言えば私もデビュー当時はこんな感じだったかも!最初は自分の位置がね・・・思い出すと・・・(汗)!それにしても似てる・・・

※YMOですか主様渋いですね!




[ 2014/09/16 17:46 ] [ 編集 ]
創薬ベンチャー
小松原さん、コメントありがとうございます。私も日本の産業を担っていくうえで、創薬ベンチャーに注目しているのですが、玉石混交でどのような視点で、何を判断基準にすれば、いいかわかりません。これは、創薬に限らないはなしかもしれませんが。
特に同じ産業、創薬であればどの薬をとっても必要であることに変わりないと思うからです。参考程度にご教授頂けると幸いです。
[ 2014/09/16 18:47 ] [ 編集 ]
最低承認取得?
医薬品についてPMDAのHPで申請資料や審査報告書が見れるので、そこで他剤に対する優越性など色々と確認されてはどうでしょうか?書類の量は多いですが結構おもしろいですよ。
競合品が少なければ、承認後の売り上げはかなり確実です。医薬品開発で働いており、先行き厳しい業界と思うのですが、有望なのですね?
[ 2014/09/16 19:29 ] [ 編集 ]
創薬ベンチャーの中で成功する会社を予想することは極めて難しいことです。薬剤が臨床で既存薬よりも有効であるというデータが有意に取れなければなりません。すでに上市している薬剤の適用拡大や、別の国での認可でさえ、プロでも予想を外したりします。
強いて言えば、競合薬がなく、患者数も少ないエリアなどであれば、認可を得やすいかもしれません。私が有望視している会社も、今までにない発想で、創薬に取り組んでいるところです。
ただ、医薬品をポートフォリオのコア銘柄にすることは、まずありません。私は投機はしませんので。

今聴いている音楽はこれです。http://youtu.be/K_yBUfMGvzc
[ 2014/09/16 19:37 ] [ 編集 ]
宇宙太陽光発電は投資適格?
> 彼らが意識しているこの他の潮流としては、人工知能、ロボット工学、医薬、人口増加、宇宙工学などの分野でしょうか。
 団塊世代のせいか、年金や保険等の保守的な主体が運用する資金が増えるにつれて、リスク案件への投資が縮小し、短・中期で回収可能な案件(low hanging fruits)にしか投資資金が流れていかなくなったと思っています。
 1GW(原発一基分)の宇宙太陽光発電システムは、各種変換ロスを加味して1.6km^2程度のパネルがあればよく、また可動部が無くモジュール単位で増築できるのでかなり長期運用出来そうです。4万km離れた静止衛星軌道上での危険な設営作業は全て無人・遠隔でロボットにさせれば、(有人でないために)打ち上げコストも抑制できるでしょう。8円/kWhの電力販売価格から換算すると、$700M/Yrの売上を生み出します。"仮に"10年で設置費用を回収するとして、$7Bの半分くらいのコストで設営出来るとすると、現状のリスク選好度を鑑みて、積極的なPEファンドから、長期視点だが保守的な彼らのような年金・保険系ファンドの内、どの程度の投資家が手を上げそうでしょうか?貿易統計からわかる通り、割高なLNGや、ガス田の急激な減衰が露見しているシェールガス等への投資よりずっと安く済むでしょう。
[ 2014/09/16 21:35 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
なるほど。私が上記のお話だけをされたとしたら、投資はしないですかね。
どのようにして地上へ送電するのかなど、技術面での問題はさて置き、$700mの売り上げに対する利益率は何%でしょうか。
仮にかなり高くて20%、$140mの利益が毎年稼げるとしても、その条件では25年運用して、初めてIRRが0%になります。プロジェクトのIRRはインフラ事業でも最低7%以上はないと、貨幣の時間価値を考慮すると、ペイしません。
まるでアナリスト試験のような回答になってしまいましたが。話としては面白いので、興味はあります。
[ 2014/09/16 22:26 ] [ 編集 ]
似てる・・・レインボーお前もしかして満州で生きわか(まずいこれは前に使ったな)もとい!お前もしかして3年前に家出した息子の・・・名前なんだっけ???・・・とらじ・・・違うな・・・面倒臭いんで!ジャスティン!ジャスティンビーバーじゃないのか?・・・何所に居たんだお前!無事だったのかい?・・・熱でもあるんじゃ無いのかい(デング熱)・・・およし主に絡むのは!帰っておいで、もう心配はいらないよ~!母さんを悲しませないでおくれ~!
[ 2014/09/17 21:11 ] [ 編集 ]
異分野の方との議論機会に感謝。
 太陽光からDCそしてマイクロ波に変換して地上へ無線送電し、レクテナ(マイクロ波をDCに整流するアンテナ)で受信するまでの変換ロスを考慮しています。
売上という表現は不適切でした。参照値8円/kWhは、純粋に発電装置に投入可能な金額と解釈下さい。20%に割引く必要がありません。電力料金は総括原価方式なのでコスト構造が分かっており、日本の場合は平均発電費用8円/kWh(現行火力における燃料費+修繕費+減価償却費に相当)に、人件費その他の経費を足した適正原価が17円/kWh程度であり、適当な追加燃料費調整分を足してTEPCOは今は20円/kWhで販売しているようです。
 1GW発電時初期投資-$3.5Bの後、適正原価で販売して得られる$1.5B/yrの販売収入の内、$700Mを発電設備に回し、25年継続すると・・・IRR=20%にもなるのですね。少なくとも某ジャンクボンドよりは魅力的かもしれません。
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy/denkiryoukin/001_06_00.pdf p.16
[ 2014/09/17 22:06 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
確かに、その条件で、最終年度のサルベージバリューが0であると過程すれば、IRRは19.78%になりますので、魅力のあるプロジェクトと言えるのではないでしょうか。5年で投資回収できて、原発より安全であるなら、いい話ですね。

私に対するネットワーク上の迷惑行為は、委託先で証拠として保存されています。私に絡んでも損することしかありませんので、やめましょう。
[ 2014/09/17 23:16 ] [ 編集 ]
小松原様が中長期の円安と米株高に自信を持たれていたようですので、安心してポジションを持てていてよかったです。
ドル円はPPPからかなり乖離しはじめているのですが、長期の円高トレンドはまだ終わっていないとお考えでしょうか?それとも今回をきっかけに長期でも反転して円安ということもあるのでしょうか?日本のインフレがどれほどかによるという考え方で間違ってないでしょうか?
[ 2014/09/18 08:20 ] [ 編集 ]
私もそれを聞きたかった(確認したかった)!もう円高トレンドは終わった(ドル安)のか!先のコメントでピンと来る人は来るんだろうけど、抽象的(私の国語能力では)でストレス~!私は脳味噌がドンヨリ70円台が底だったのか見たいな?)!余計な話はぺラぺラ出てくるのに肝心の話は・・・これ聞いたら皆バカにするんじゃないかとか!他にも私と似たような悶もんな方が多んじゃなかろうか?・・・みんなピンと来てます?黙ってるけどホントは私とみなさん同じなんじゃ無いですかレベル?正直に白状しろ~!

※そうですかありがとうございます!スッキリ!難しい世の中になっちまったぜ!でもPPPってTPPじゃ無かったんだ!
[ 2014/09/18 11:28 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
日本が米国および世界の平均的なインフレ率を上回れば円安圧力となります。為替の長期はシンプルにPPPに従います。それだけです。
よく、米国が金利を上げるからドル高になると思っている人がいますが、それはポートフォリオバランスアプローチやケインズ経済などの短期での話であり、長期ではドル安圧力となるので、間違っています。
デフレが染み付いた日本人がインフレ基調となることができるならば、円高ドル安のトレンドは終わり、円安ドル高が始まるでしょう。また、日本国の財政不安が増せば、円安ドル高は加速するでしょう。この時、円資産しか保有していない人は、厳しいことになるでしょう。
[ 2014/09/18 19:21 ] [ 編集 ]
ポグソンの式
釈迦に説法ですが、ポグソンの式のように、小松原様は変光星のような方かと思います。
ファンドマネージャーの世界は私からすると異次元に見えます。しかし小松原様からは私のいる世界が見えている。驚きを越えて畏ろしさすら感じることがあります。
ブログで小松原様の発する光を見れることは有難いですが、多忙な時は休まれて、無理をなさらないことを願っております。駄文失礼致しました。
[ 2014/09/20 18:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
現在、新たなことに関わっていることもあり、自分でもブログの存在を忘れてしまっているほどです。それだけやることがあるのは有難いことですが。チャリで44th Stを爆走しながらスマホを見る大会が今あれば、いい線いくと思います。
[ 2014/09/21 23:08 ] [ 編集 ]
新たな事に関わっている?・・・・・ズバリ運動会!NYで運動会を企画しているのですね赤白に分かれて!画期的ですね受けると思いますよNY市民には秋祭りの輪踊りなんかも結構イケるんじゃないですかね???・・・ですが自転車でスマホはイケません、中学や高校でも問題になってるんですよ危ないって!スマホしながら耳にはイアホーンで事故多発!主様も気を付けて下さいね!・・・それにしても主様がバックパックをだらりとお尻まで下げてワインレッドのママチャリでNYを徘徊してる姿に違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

※別に意味はありませんが!ちちこい祭に行ってみたい!

※主!忘れてるよ~!よほど楽しい事してんだな無我夢中ってやつか!
チキショー俺も仲間に入れろ!チャリで徘徊!

※そんな祭り有るか!

※あ~次!早く次が欲しい~!金融緩和か?
[ 2014/09/22 08:17 ] [ 編集 ]
久々に登場。

わたくし株のセンスは無いと判断し(気付くまでに20年近くかかった…。)、リート以外全部うっぱらいました。
リートもオリンピック前には売り払おう…。

でも、今回、日本には優秀な人材が居るらしいことを知り悩む…(; ̄ー ̄A

FXては5年間おこづかいを安定して稼がせてもらってます。
大体、ほんのちょっと前までは120円でったわけですからねぇ。

この間、NHKで立花さんが久々に死後の世界やら幽体離脱やらやってたけど、

今や、人間の意識がどのようなシステムにより出来てるのかが分かってきたことを教えてもらったのは興味深かったな。

記憶の連載みたいなものが無数に連なって「意識」が生まれると。

意識に計算式が当てはまると。

将来、今以上の高性能なコンピューターが出来たら、間違いなく自意識を持つコンピューターが生まれる。

神様が居なければね。
[ 2014/09/27 19:46 ] [ 編集 ]
以前は解答ありがとうございました
もう自分が読めそうなときだけ市場に参加するようにしました。

すっごいくだらない話でなんですけど、自動運転車で走行中に事故起こしたら下りるような保険ってもう準備してるところは聞いたりしますか?
便利でしょうけどそういう心配があるうちは夢があっても買いにくいです
[ 2014/09/29 22:19 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ここに関連するような記述があります。英文ですが。
http://www.insurancejournal.com/blogs/right-street/2014/05/28/330291.htm

短期的にはまだ完全なセルフではないので、影響はないが、長期的にはリスクがドライバーから、メーカーに移っていくので、大きく影響がありそうですね。

基本的に事故を減らすために行っていることなので、自動車保険などの収益性は下がっていくのではないでしょうか?
[ 2014/09/30 19:36 ] [ 編集 ]
ヒンデンブルク・オーメン
ニューヨーク市場では、久方ぶりにヒンデンブルク・オーメンが点灯しています。
テクニカルは気休め程度にみるのがよいですが、この指標ばかりは私も注視しています。
まだ1度目の点灯ですが、2、3回目が来ると要注意といったところでしょうか。
[ 2014/10/02 14:21 ] [ 編集 ]
小松原さんがテクニカルについて、しかも相場悲観の視点でお話しになることってかなり珍しいことだと思いますので注意したいと思います。。。
[ 2014/10/02 14:59 ] [ 編集 ]
私もこのシグナルには気を付けています!皆さんも危ないので白線まで下がって下さい!・・・ちなみにこのシグナルを皆さんは何処で確認してますか??

*お帰りなさい!

*クラスターさんありがとうございます!

※次~次を下さい!意識が朦朧としてきました主様・・・最近心の平安が途切れるのが早いんですわたし・・・
[ 2014/10/02 17:52 ] [ 編集 ]
ぎゃーっ!!
こーわーいーっ
ヽ( ̄д ̄;)ノ

ありがとうございます!!白線どころか、後ろの壁まで下がろかなっっ
\(;゚Д゚)))))))ササササッ

気をつけます!!







[ 2014/10/02 19:09 ] [ 編集 ]
シグナル
ブルームバーグでNYA Index hindで見れますよ。
ボトムアップの小松原様がテクニカルに言及されるのは珍しい。
ちなみに前回、点灯したのは2007年後半ですね。パリバショックがはじまり、そのままリーマンショックになりました。
[ 2014/10/02 19:48 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
引き続き超絶多忙につき、ブログを書いている暇がありません。相場の方はザワザワしてきました。
[ 2014/10/07 22:53 ] [ 編集 ]
嵐の前の静けさ
欧州や中国が風邪をひいても米国が肺炎になることはないと思っていますが、景気の底堅さを受けてテーパリングが囁かれるような状況になって、グローバル化の進展で他の国に悪影響をあたえるから、それもままならないというのでしょうか。よもや米国本体が未だ病み上がりの状態にあり、もう少し様子を静観したいというのでしょうか。
[ 2014/10/11 14:17 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
米国は賃金の上昇率がイマイチなことを除けば、概ね想定内の成長かと思います。テーパリングの役割は終了していますが、金利を上げるほど景気は加熱していません。米国は他国を気にして政策を変えるような考え方はありませんので、あくまでも自国の安定的な成長のために動くと思います。
[ 2014/10/11 18:29 ] [ 編集 ]
最適な国際ポートフォリオにおける日本株って何%くらいだと思いますか?
[ 2014/10/12 00:08 ] [ 編集 ]
最近皆さんの質問のレベルが上がったな~!私もそろそろレベルを上げないと!
主様・・・私のこと嫌いですか?
[ 2014/10/12 18:49 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
日本株という観点では、良くて5%くらいではないでしょうか?ちなみに、米株は20%以上は必要でしょうね。
[ 2014/10/13 10:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索