仙人の祈り

完全ではない民主主義の統治システム

『世界には40人しかいない』と、昔ある人から教わったことがある。ネットやメディアを通じて見る世界は、日々激しく変動しているように見えるが、自分を中心とした日常の世界には、実のところ40人ほどの出演者しかおらず、その他のものは背景画のようなものにすぎないことを比喩している。

私が衆院選を見ていて思ったことは、有名な政治家であっても、それはあまり変わらないということだ。後援会や支持者、その他大勢の関係者に取り囲まれていても、その人にとっての世界は、親族や親友、恩人、仇敵などの一部の登場人物しかいない物語であり、極論すると、その他は熱のない言葉や数字でしかない。

20141207民主主義、社会主義、独裁主義、血統主義など、どのような統治システムであっても、国民にとって望ましい為政者が続くわけではないことは、歴史が証明している。その人の本質を形成する40人との繋がりや関係性まで考えると、そのパターンは無限大に近く、どのようなシステムによっても管理することは難しいと言える。

民主主義は為政者を国民が選ぶことで、その思想的なアイデンティティーが保たれているが、注意しなければならないことは、それが常に絶対的に正しい選択であるとは限らないということだ。為政者が表立って約束していることの他に意図することがあったとしても、有権者がその真意を見破ることは、なかなかできない。


もっとも、それも含めて最終的な責任が投票権を持つ者にあるというという意味では、民主主義が公正な統治システムであることは疑いない。ただ、自分が支持した政治家の言動に違和感を覚えた時には、一票の否を認めて、今後に生かすような学習能力が当然に求められる。

民主主義の制度が完璧なものではないことを自覚し、有権者はその一票の重みを、もう少し真剣に考えるべきであろう。

BLOGOSで読む
なんかメディアに選ばされてる様に(誰が操ってるのか知らないけど)感じてるのは私だけ?メディアがもっと詳しく国民に説明し理解させないと!リスク説明が(何を財務省はしようとしてるのかを)無かったな~!結果どうなるかも!しょう思いましぇんかみひゃはん!・・・ウィ~!早く来い来い御正月!

2 読者の皆様、よいお年をお迎え下さい 私はこのまま雲の向こうから皆様より一足先に仕事納めとさせて頂きます!

[ 2014/12/17 19:24 ] [ 編集 ]
ミステリアスな路線を目指すハズが、いつしか陽気で愉快な演歌歌手になっちまいました┌(; ̄◇ ̄)┘え?こんなに悪目立ちしてもっ286人目??

こーなったら究極の風景画を目指しっっ
雨ニモマケズ、風ニモマケズ、雪ノ中、頭にカサを乗せて下さる方には野菜を引きずって届ける、寡黙でバレバレの地蔵のよーな、そんな人に私はなりたいです!!

((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))
(ぜってーカサなどやるものか)

今年も沢山の学びをありがとうございました!!

さて、私も一足早く…休めね〜〜っ_| ̄|○

皆様、良いお年を☆彡
[ 2014/12/17 20:50 ] [ 編集 ]
ロシア
ロシア発の金融恐慌の可能性はありますか?
毎回チェックしてます。
[ 2014/12/17 22:15 ] [ 編集 ]
大衆のいじめ化とそれを打破しようとする賢人独裁の繰り返し
昔から「民主主義はよりましな制度である」と言い古されてきた。
未だかつて、誰も「民主主義が最良だ」などと言ったことはない。
歴史上、何人もの独裁者たちが
「我こそは最も賢い。我こそは衆愚を超越できる神の使いだ」と名乗って挑戦してきた。
その度に、人々は苦渋をなめさせられた。
学問の分野でも、「集団全体の幸福」の完全な見解も定められないことが分かっている。
まあ、そういった自称「賢人」たちの暴走よりは、民主主義はましな制度かもしれない。
衆愚の批判を心に留めて、少数派いじめにならないように理性的に運用すれば、
民主主義はかなり、ましな制度だ。
社会が少数派いじめに傾き、少数派が社会に失望しては、
疎外された少数派の期待を一身に背負った独裁賢人が現れ、
大きな混乱と変化が繰り返されてきた。
[ 2014/12/18 07:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索