仙人の祈り

「地方創生=農業改革」はメディアの描いた幻想

全中から監査権を奪い、単なる社団法人へ格下げしたことは、農協解体へ向けた第一歩として評価できる動きである。中長期的には、莫大な予算を持つ農林水産省も格下げに向かうだろう。ただ、安倍首相としては、農業改革を断行することにそれほど思い入れがあるわけではなく、その本心は、TPPに反対して日米関係の足を引っ張る彼らを押さえ込むことにある。

日経新聞のような”一流メディア”が、このような事態の本質を見抜けずに、「農業改革こそ地方創生の第一歩」と盛り上がっているが、これは明らかに論点がずれている。日本の農業はGDPに占める割合は1%程しかない、零細産業である。それが効率性を今の倍に上げ、輸出額も現在の4,000億円から引き上げたところで、地方はまったく潤わない。

shatter mall 201503それどころか、200万戸の農家に本当の効率化の波が押し寄せたら、地方から人はいなくなり、都市への人口集中が更に加速するだろう。海外の事例を参考にすれば、農業に係わる人口は100人に1人の割合で十分である。技術力、開発力に優位性のある日系の食品メーカーは、すでに海外での現地生産へシフトしており、日本の「農業」や「食」は、所得収支として国内に還元されている。

農業改革それ自体は、農協、県連、全農という無用なピラミッド構造を排除し、農家の赤字を補填しているだけの助成金を減らすという意味では意義のあることだが、地方創生には決してならない。この2つの事象をごちゃ混ぜにして、「地方創生=農業改革」という考え方で様々なことを進めていくと、多くの努力が徒労に終わってしまうだろう。


では「地方創生のためには何をすべきか?」ということだが、地方発の起業家の育成や、観光業などを国が制度面でバックアップすることが有効であると思われる。あるいは、地方に有力な大学を建てるとか、大企業が地元に納税できるようにするとか、富裕層が別荘を建てた場合に税制優遇を行うなど、都市への一極集中を自然なかたちで是正する方策がよいと思う。

農業改革によって、農家に自立を促す。その上で、これまで彼らにばら撒かれていた助成金を、地方創生の財源とする。それこそが、地方の未来を切り開く最短距離であると言えるのではないだろうか。

BLOGOSで読む
[ 2015/03/20 18:00 ] 経済社会 | コメント(18)
以前、持続可能な社会という、農業に触れた記事がありましたよね?
田舎に移住して、今年からちゃんと農家の方に習うことになりました♪
こんな気持ちになったのは、身近にその環境があるからです
地域の人に触れてみて、自分でもやってみよう!!という感情になりました

自給率を上げるのに、一番理想的で難しいのは、一般市民の意識を高めることで
だめなら企業に期待して海外で生産して還元することだとありましたが
私は、財源ありきではなく今の社会の枠内で、ここをもーちょっと具体的に考える政策があってもいいんじゃないかって思うんです

私から見て、公務員の1/3は機能してないように見えます
こういった方を当番制にして、地域の農業に携わることが仕事の一環として取り組まれれば、作る楽しさ、地域への愛着、地産地消、効率化や新しいご当地の食べ物から発展して、TPPも恐れず、観光産業が活気づくアイデアが湧き出てくるんじゃないかなーと!!

地方創生のために、何をすべきか??
地方に住んでる私が国にお願いしたいのは、もっと金よこせ!!ではなく、
公務員の無駄を省き、このヒマそーな方たちを農業に触れさせることじゃないのかな???って、思うんです
財源の元は私たちから出る税金ですから、垂れ流しで終わらないよう注意を払い
うまく循環させてほしいですね~~

・・・私、また変な意見言ったの???ずれてる???
はいはい、すみませんっったたたたたっ



[ 2015/03/20 21:10 ] [ 編集 ]
全中解体で自給率は上がるか下がるか
全中の解体は、安部政権をもってしても難しい課題であると認識しておりましたので、こうもすんなり通ったことに驚きました。今後は、長年温室育ちできた農家は、良い物を作り出そうと努力してきた農家には勝つことができないでしょう。
しかし、ただでさえ農業人口は少ないですから、競争に生き残れない弱い農家が消えると、日本の自給率はますます減るのではないかと危惧されますね。
TPPに参加すると、自給率40パーセントが10パーセントに下がるというニュースを見たことがありますが、それで日本はいいのでしょうか?

るんさんの、公務員投入案はとても面白いですね。
三分の一が機能していないというのは、公務員側から見れば面白くない意見かもしれませんが・・・(^_^;)
世の中には、AIIBなど最新のニュースに目を向けながら、漫画も見て農業もこなす女医さんが存在するのですから、公務員の方もできないことはないかもしれませんね。しかし、毎回コメントを見て思いますが、周囲にはいない方です(笑)
[ 2015/03/21 12:52 ] [ 編集 ]
いないって、ドコに行っても言われます〜笑
それはそれは、虫も殺さない善人なのに
変人扱いですよっっ(T▽T)

貴金属のニュースを拾い読みすると、日本では
全く聞けない重要な記事を早く見れますね〜〜
てか、日本のメディアの流すニュースは全然
見てないでっす(´・Д・)」
[ 2015/03/21 15:21 ] [ 編集 ]
浮いた助成金を、速やかに地方創生の財源に充てることがシステマチックにいけば理想的です。しかし、これまでの国の施策を見ると、小手先ばかりが目に付き期待が持てないですね。どのような優遇対策を設けても、格差に対する国民の不満は増加を辿っていますから。

優遇対策が上手く機能しない要因は、政策を担う政治家の、群集や人間の心理をを理解していない点にあるように感じます。
アベノミクスで大企業を潤わせ株高を見せ付けられても、大多数の国民はより深く格差を強く感じただけでしょうし、そのような状況で、2年足らずで公務員の給料とボーナスを上げるのですから、国民の政府に対する感情は、マイナスだらけでしょう。
私の仕事は、人間には無理、または苦手である能力を開発することを主としているので、人間や群集の特性を知ることが最重要です。
地方創生に必要なことは、政治家が大衆の心をつかむ方法について素直に学び、それについて人材と金をかけることが重要ではないでしょうか。
遠回りのようで、これが国力をベースから無理なく上げていく方法ではないかと私のような者は推考しますが。

[ 2015/03/22 11:23 ] [ 編集 ]
何か無いですか??ドルヘッジの金融商品???高配当の投資信託にしうと思ったら元本切り崩して高い配当出してるんですよ、ウッカリ仕込みそうになりました!こんな露骨な質問困りますか???バッグはロベール!投資信託はカモール? 

※ ここには証券マン(有能な)とかは居ないの?

※ ええ話やったな~~(色々無理な表現はあったが)  朋輩 ええのう~~! 

※ ホントはクラさん(なんか他人行儀だな)クラ(これは慣れなれしいか?)クラちゃん(結局これか)に運用頼みたいん だけど(きっと井川遥似だと信じて)一口いくら?代理店で? こ こ 個人的に?
[ 2015/03/22 15:07 ] [ 編集 ]
ほらね!ハッピーエンドヽ(;▽;)ノ
もーすぐ春ですね〜♪
ちょっと仙人さんが、元カノを思い出す季節ですか〜〜♪
((((;゚Д゚)))))))ほっとけ

ドラマはハッピーエンドだったし!アラシも消えたし!よーやく安心して卒業できるかなと!!ノスタル婆と呼ばれる前に!!がーっはっはっはっ\(^o^)/
この三年間の気持ちを、「思い出のアルバム」の替歌に込めました♪お聴きください、コホン

いつのことだか思い出してごーらん♪
埼玉の女医っ言われたコト〜KYって言われたコト〜あったでしょう〜〜♪
ミニスカ好きな弟がいたり〜会いたいでっす♡なんてメールに100回書いて100回消した〜り〜〜(これやった人、私だけじゃないハズっっ笑)
いつになっても、忘れない〜〜♪

クラちゃんウチの弟ヨロシク!無視するとトイレに篭るの(´・Д・)」

たたたたたっ
[ 2015/03/22 22:14 ] [ 編集 ]
私は運用者ではありませんし、井川遥にもまったく似ていません。
小松原様も投資信託にはタッチしていないでしょう。ファンドマネージャーといっても、個人から小さいお金を集めて運用する投資信託のファンドマネージャーと、年金や基金のようなプロから巨大なお金の運用を任される年金運用のファンドマネージャーがいます。スコットランドにはそういったお客がたくさんいるので、小松原様も運用報告などをしていたのかと。
[ 2015/03/23 12:46 ] [ 編集 ]
ありがとうございました!私としてはもう少し砕けて頂けますと絡み易くてたすかるのですが、私の事嫌いですか?・・・びえ~~ん!好きだったのに・・・
[ 2015/03/23 14:37 ] [ 編集 ]
小生のような凡人には分かりえないことですが、飛びぬけて多種多面に優れている人物というのは、感受性が人一倍強く、色々と見えすぎてしまうために疲れてしまう傾向があるそうです。お優しく賢い方ですから、先々を読み周囲を気遣われての判断なのでしょう・・ゆっくり休養を取って下さい。

このような場面で明るい曲に明るい歌詞をのせるところも、実にるんさんらしいですね。。。
[ 2015/03/23 15:15 ] [ 編集 ]
事細かい説明分もあり、とてもわかりやすくブログを更新しているので、
これからもためになる情報を配信していって下さい。
楽しみにしています。
TJサポートデスク 三島
[ 2015/03/24 10:40 ] [ 編集 ]
プロシード株式会社
管理人(Macoちゃん)様

私どもから小松原様へのお願いの件、その後お返事を頂けていないため、大変失礼ながらコメントさせて頂きます。
お手数ですが御転送の上、小松原様からのご返答をお待ちしております。日本の投資家教育のためにも、小松原様のような知恵者のお力添えが必要であると真摯に思っております。
失礼極まりない身勝手なお願いと承知しておりますが、ご検討頂けますと幸いです。ご返答頂けない場合は、ご迷惑になってしまいますので、以後、このようなメールはお送り致しません。
どうぞよろしくお願い致します。

プロシード 川浜
[ 2015/03/26 21:51 ] [ 編集 ]
農家なんて生産性低い底辺はいなくてよし。
資本家が効率的な大規模農業をすればよし。生活保護の奴らを奴隷にして働かせる。
地方を豊かにしてやる義理はなし。
アホくさ。
[ 2015/03/27 23:00 ] [ 編集 ]
管理人(Macoちゃん)様

Macoちゃん様から小松原様へメッセージが伝えられているという証跡がありませんので、小松原様からのご賛同が得られたのかどうかが確認できません。
お手数ですが、小松原様のご連絡先をお教え頂けないでしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。

プロシード 川浜
[ 2015/03/28 00:25 ] [ 編集 ]
連絡先はここです! 03-3581-4321まで、小松原
[ 2015/03/28 08:03 ] [ 編集 ]
管理人
川浜様

著者の小松原氏への回覧の必要はなく、ニーズなしです。
以後、uwabami7@へのメールは受信しませんので[受信と同時に削除されます]無駄なアプローチは止めなさい。
尚、御社の事業は投資顧問業法 第二十二条に抵触しています。罰則に関しては同法八章を参照下さい。

*読者の皆様へ
小松原氏は当ブログを言論プラットホームにしたいと考えており、一著者としてuwabami7@へ記事を投稿し、管理人が当ブログへアップロードをしています。
当ブログの管理画面ログインや、uwabami7@は著者の小松原氏から当ブログ管理者権限として、管理人Macoちゃんに移管されています。
当ブログから得られる広告収入の一部は 管理人Macoちゃんに帰属しますが、大部分は慈善団体に寄付されており、著者には分配されていません。
「仙人の祈り」をよりよいブログにするために、読者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

By 管理人Macoちゃん♀・x・)
[ 2015/03/28 14:00 ] [ 編集 ]
小松原様の方針は理解できますが、一著者になってしまうと小松原様のお言葉を聞ける機会が少なくなってしまいますね。お忙しい方でしょうし、変な人も増えてくるでしょうから、仕方のないことでしょうか。
Macoちゃん様は小松原様にブログの権利を譲られたという解釈ができるので、よほど信頼される方ということでしょう。ということは、普通の方ではなさそうですね。
今後ともブログが続いてくれるとありがたいです。
[ 2015/03/28 20:04 ] [ 編集 ]
ホニョホニョポニョ〜
Macoたんたんたんタタンタン
美人姉妹のMacoたんはホーケー× ホーリツ家ですかにょ〜〜
いつからmacoたんがミチるにょ〜?
アマネちゃんのパイパイゆ〜こちょはホーケーの朋輩チューこちょね〜
ホーケーホーリツしっちょるにょ〜
テー脳はモーソウでボーソウ半島しゅるもにょじゃからにょぇ〜シバいたったらええにぇん(関西弁?)
macoたんたんタンタカタンはアマネちゃんのパイパイにょぇ〜怒るちょコワイにょぇ〜
[ 2015/03/29 12:24 ] [ 編集 ]
食料自給率が、、とかいう奴は日本の農業の実態がわかってない奴ら。
商社とかどんどん海外の穀物メジャーとか買ってるし、実際の自給力はむしろ前より上がってきてるよ。ジジババがいなくなれば、小規模農業とか農協がいらなくなるのは、自然だよね。
[ 2015/03/30 10:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周 (あまね);

ファンドマネージャー・アナリスト。日本株(東京)や米国株(ウォール街)の経験が長く、取材した会社は5,000社を超える。徹底したリサーチと業績予想に基づき投資判断を行うファンダメンタリスト。

*ブログ記事は、どのような場合であっても個別銘柄の投資判断に関して述べることはありません。

By 管理人:

Macoちゃん♀・x・)

記事の募集

社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を以下のフォームにてお送り下さい。採用・不採用は当ブログへの記載を以ってご連絡とさせて頂きます。

お名前:
メルアド:
タイトル:
本文:

人気記事(当ブログ内)
記事検索