仙人の祈り

2015年10月の雑感

秋風の中に、冬の匂いがする今日この頃。特に記事にするべきネタもないので、ブログの更新が少なくなっていますが、あまり何も書かないと、読者の方にも申し訳ない気がしてくるので、散文的に最近思うことを、書いていこうと思います。

鯨が巨像を飲み込む

最近になってメディア業界、ビール業界、半導体製造装置業界、金融業界などで、大型の企業買収が増えてきています。まさに鯨が巨像を飲み込むような大企業同士の合併ですが、日本勢はいつものように蚊帳の外にいます。

autumn_5th_ave日本人は戦術レベルでの技巧を駆使するのが得意ですが、戦略レベルでの思考が弱い傾向があります。何故、世界的に圧倒的なシェアを持つ大手同士が合併を急ぐのか、もっと深く考えた方がよい気がします。戦略レベルでの負けは戦術レベルでは覆すことができないのですから。

MBO社長

最近、日本企業の中でもMBOをして復活してきた社長に勢いのある人が多い気がしてます。自分が経営権を握らなくてはならないという思いで、リスクを負ってMBOをするわけですから、当然と言えば当然ですが、やはりオーナーシップを持って事業に取り組む人々は、感性が研ぎ澄まされていると感じます。


プログラミングは大切だよね

最近少し思いついたアイディアがあり、それを具体化すべくPCでプログラミングをしてるのですが、真面目に取り組むのが久しぶりなせいか、随分忘れてしまっていることが多く、勉強し直しています。

VBAはもちろん、SQLなどを復習し、UWSCなどの離れ技も新たに習得しました。IEの操作などはVBAではもはや対応しきれないことが多いため、UWSCをマスターしました。おかげで意図したものは完成し、今は実証実験を始めています。

プログラミングも、それ自体はツールでしかありませんが、自分のオリジナルのアイディアを具現化するためのツールになると、途端に面白くなってきます。そう言った意味ではプログラミングもアートと言えるのかもしれません。

信念ってなんだろう

著書の中で、投資で最も大切なことは、信念と忍耐と述べましたが、信念という言葉は便利なようで、逆に自分を縛ってしまう弊害になることもあると思うことが多くなりました。

人にとって信念という概念は、時として生命を超えるほど重いものとなることがあるようです。もちろん自分で作り上げた信念であれば、自己責任ということでそれでもいいのですが、その信念が他人から与えられたものであればどうでしょうか?

もしかしたらその信念は、宗教や欲情と同じように、他人を操るための道具として利用されているかもしれません。それが本当は自分の望んだものでなかったとしても、それを確かめてみたり、いったんゼロクリアにしたりする機会すらない場合があります。

信念という言葉は、内在的にそのような重すぎるものを植え込んでしまう気がするので、自分の中でも使わないようにしようと最近思いました。信じる気持ちは大切ですが、方向転換するオプションがなければ、やはり使い物にはなりません。

予想通りって退屈だな

職業病かもしれませんが、会社の業績だけではなくて、人と話している時のリアクション、言葉、選択、出来事など、予想通りのものになると、正直言って退屈だなと思うことがあります。

小さい頃は、そういった予測変換のデータベースもなかったので、毎日がサプライズの連続でした。知らない場所を歩くだけでも、頭がショートしてしまうほどの情報が飛び込んできます。

今はそのデータベースも大きくなってきたので、頭のCPUのアイドルタイムが増えてきてしまっている気がします。企業のトップと話していても、その返答や、その中の真実と建前、そして近い将来起きるであろうアクションなどが、予測変換されることが増えてきました。

もちろん、それはそれでよいのかもしれませんが、強いてその感情を文字にするならば「退屈」という予測変換が自分の中に出てきてしまいます。ぶっちぎりの意外感が欲しいのであれば、やはりそれは自分から創り出していくしかないのでしょうね。

日本郵政グループが上場するんですって

と、TVCMまで流して国家総動員で上場させるようですが、日本でようやく機運が高まってきたコーポレートガバナンスの流れを、思い切り無視した統治形態のまま3社を上場させるのは、流石に機関投資家としてはドン引きしました。

まぁ、先方もそんなことはわかっているということで、今回のIPOの割り当ては、ほとんどが個人投資家への割り当てになっています。親子上場だ、成長性がゼロだ、不効率すぎるコスト構造をなんとかしろだ、機関投資家に売ろうとすると面倒なことばかり言ってくるので、最初から清々しいまでに割り切っているところはスゴイですが。

長期的に見ればNTTもJRも、資本市場で揉まれているうちに民間企業っぽくなってきたので、日本郵政グループも変わってくるかもしれません。でも、こんなことをシラっとやってしまう先進国は、日本だけでしょう。国はお荷物を投げてスッキリですが、代わりに世界からは日本株のディスカウント率が上がるので、トータルでみてマイナスの方が勝る気がします。
[ 2015/10/25 18:00 ] 雑感 | コメント(13)
小松原さん、いつも楽し拝見してます。
今後の経済見通しについて、ご教授ください。
[ 2015/10/26 22:59 ] [ 編集 ]
郵政じょーじょー上等にょー。株価はちーと割安じぇじぇちぇくるゅきゃら、初値は上がるにょー。
ニポン株は年末20000みょどるにょー。
[ 2015/10/27 08:55 ] [ 編集 ]
よくみせていただいているので。少しだけ。
太字の文同じM&Aするにしても、売却する投資家にまで配慮しているのが海外で、対して日本では、大損させたりしますよね。
 鯨が巨像〜の場合、日本では、社内の反発?からか、なかなか実現しませんね。大丸松坂屋はすごかったと思います。
 MBO社長の場合、やはり、第二の創業みたいで、がんばれるからでしょうか。ですが、すか〜も、楽器メーカーも、買い付け価格は低いと思いましたし、ベ〜も不自然でした。
 信念って〜についてですが、取り残された既存の日本企業って、せっかく変わっても、遅いですよね。〜トモは子会社ベンチャーでやれば、もうとっくにリリースできたのでは?例えば、日記屋といいながら、スマホゲームで巨利を得た会社があります。もし子会社だったとしても、イメージは、悪くならないと思うし、いやなら売却できますよね?大会社と違って、別部門のおっさんが、会議でしゃしゃりでてくることもないし、スピード感が大事ですよね。失礼致しました。
[ 2015/10/29 16:26 ] [ 編集 ]
小松原さんは日本経済がこれから良くなっていくと思っていますか?
僕には日本の大人たちでは、世界のなかで勝ち抜くことなどできないと思っています。
なかにはノーベル賞取ったり、小松原さんのように頭のいい人は、たくさんいるのでしょうが、それでもそれはごく一部だと思います。
[ 2015/10/30 19:29 ] [ 編集 ]
常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクション
予想通りのことしか起こらない閉じた世界の外は、非常識の世界です。非常識の世界では、出来る/出来ないの判断基準や先の見通しを過去の類似事例や汎用のフレームワークに依存出来ず、目の前で起こっている事実から、(未来ではその閉じた世界に組み込まれるであろう)外の世界のルールを見出していく力が必要です。
 既存のシステムをまわす仕事ではなく、研究という短期利回り−99%の活動に従事する変わった人達がちゃんとどこかにいて、「常識的には出来ないこと」という思考の枠を取り払うことで、今とは違う100年後の世界が出来ていくわけです。
http://nextbigfuture.com/2013/08/billionaire-peter-thiel-funds-positron.html
Peter ThielのBreakout Labは、特定研究分野を対象として確実な負の利回りを保証する研究散財ファンドのようなものですね。
[ 2015/10/31 14:33 ] [ 編集 ]
プログラミングはアートですか
人から言われたものを作成しているワッチにはわからん感覚や

しかし別の専門知識がある人間がプログラミングがいろいろできたら、そうなるのかもしれん
VBAを世の中のホワイトカラーがみんな使えたら、それだけでリストラの嵐や
人がそんなに要らんことがわかるからな
[ 2015/11/01 04:24 ] [ 編集 ]
悪寒?
あまり何も書かないとストレスが溜まるので!
ゆっくりと水を飲みに降りて来てる気がしてるんです私!
もしかして主様のお蔭で億万長者に?10年後!

※探さないで下さい旅に出ます。
[ 2015/11/10 18:08 ] [ 編集 ]
べしっっ

◻️←ホッカイロ
[ 2015/11/10 21:27 ] [ 編集 ]
ニュースはフランスのテロ事件でもちきりですね。
暴力を暴力で返しても解決しないのが世の常ですから、安倍首相が発言していたように、テロを生み出さない基盤が今後の重要課題に思います。
しかし、来月のアメリカの利上げはあるのでしょうか?中国のSDR入りと何か関連があるのではないかと憶測しておりますが、日本はそれでどうなるのでしょうかね。このような波乱含みの金融情勢の中、氏の意見が聞けなくなってしまったのは、真に残念なことですね。
[ 2015/11/18 13:25 ] [ 編集 ]
上がる材料も要素も無いです。
来年が怖いですね。
怖い時に買うのが正解なのでしょうから、キャッシュをしっかり貯めておくつもりです。
あっ、、それが諸悪の根源ですかね。

でも、私一人くらいなら関係無いでしょう(笑)
[ 2015/11/21 15:49 ] [ 編集 ]
UWSC
UWSCを使うということは、実践的なオペレーションで何かを検証しているのでしょうな。
氏の頭の発想に興味を持ちました。
[ 2015/11/21 17:10 ] [ 編集 ]
l\🌱✖︎✖︎✖︎、✖︎✖︎✖︎✖︎…

訳)きっと30年後には、ウハウハですよ
ライトメタルさん!!
[ 2015/11/21 22:46 ] [ 編集 ]
iPhoneが有機EL採用ですか。シャープはオワタな。

小松原氏の予言通りの展開やな。韓国勢に負けるのは残念だが、日本の電機メーカーは経営者が育ってなかったということかな。
[ 2015/11/26 07:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索