仙人の祈り

人手不足で変わる企業の競争環境

世界の人口は直近100年で3倍に増加したが、次の100年では更に倍になると言われている。ただし、これから人口が増加するのは途上国が中心であって、日本のように成熟した先進国では、逆に人口が減っていってしまう。

ここでも述べたように、経済学的には、人口の増減と経済の浮き沈みは、完全にリンクする。安い労働力を確保し、利益を捻出しようとする消耗型の企業は、人口が増加する国では通用するが、人口が減っていく国では機能しない。日本でも最近、それが顕著になってきた。

empty_bldg2015つまり、これから成長する日本企業を見つけるためには、まず人手不足という問題をクリアできているかどうかが重要なポイントとなる。ビジネスモデルや競争環境の分析はもちろん必要だが、従業員に対する会社の姿勢なども、念入りにチェックした方がよい。

この点、ブランド力のある大企業や、給与水準の高い会社には、一定の歩がある。これらの会社の離職率は低く、結果的に商品開発や営業の競争力が高まり、シェアが向上していく傾向がある。新卒の獲得競争においても、すでに大きな差がつき始めている。


この他、会社の業務の効率化を支援するような会社も、恩恵を受けるだろう。人手不足を解消することと、会社の業務効率化を図ることとは同義である。そう言った意味で、前回述べたようなロボット産業は、間違いなく今後市場として拡大するだろう。

サービス系の会社にも、該当する会社はたくさんある。直接的に人手不足を解消するという意味では、人材派遣、人材紹介、人材広告業界が潤うのは間違いないが、事務系アウトソーシングや営業代行などを提供する会社も、仕事が増え続けるだろう。

また、これまで大企業が傘下に保有していたサービス系・開発系の子会社も、今後はアウトソースに切り替えられていくはずだ。ビルメンテナンス、福利厚生、不動産管理、社員研修、物流、システム開発など、本業と関係のない部門を、自前で保有する時代は終わった。

日本の企業は、人口減、労働者の急減という地合の中で、期せずして構造改革に迫られている。こうした状況下で恩恵を受けられる会社は、新しい成長企業を探すための、有力なテーマの一つと言えるだろう。

BLOGOSで読む
[ 2015/10/02 18:00 ] 投資全般 | コメント(14)
「適材不足」が正しい
 提供価値に対する一人あたりの需要があまり変わらない限りは、人口減に比例して国内の総需要の低下を招くので、国別GDPで計測すると衰退傾向として現れるでしょう。が、もはや企業活動は国という単位で閉じてはいないので、比較優位を築ける国外市場で新規需要に応えていくのを目指し、そのためのチームを構築できる限りは、(少なくとも売上換算では)伸び代が見込めるように思います。西の国の企業群の収支を見ていると、人口が多ければいいというものではなく、貧乏暇無しの状態に陥っているように思います。
 総売上でなく利益率を比較指標とする場合には、ベースライン(=収支プラスマイナスゼロ)を上回る付加価値分を受け入れてくれる顧客とつながっているかで判断すればよいので、需要者層の規模というより質が問題になります。そもそも付加価値分を払ってくれる人達は本業でベースラインを上回る付加価値を提供できているからこそ支払えるわけなので、付加価値創造競争を継続出来る環境で、比較優位を実現するような適材を確保できるかが重要です。価値提供を図る具体的手段がロボットである場合には、コピーによる一人当たりの生産性をレバレッジできるソフトが核となり、一人当たりの付加価値をレバレッジできるので、よい指針だと思います。
 この適材の出現頻度は労働人口に単純に比例するというより、(未来の)潜在需要の予見能力の育て方やそれを具体化する実行力が重要で、外部からは判断が難しそうに思います。(主として年功序列維持のために)減点評価主義を堅持している場合は、比較優位を出そうとする不確実な試行は自制されてしまうので、そういった試行とその成否に関する具体的な評価基準を知ることが判断材料として有用かと思います。
 それでも結局は結果次第なので、差別化を目指すという明確な方針を立てて、それに従い実行した結果の断片でも外部に出てくるか否かで判断するしかなさそうに思います。
[ 2015/10/04 19:23 ] [ 編集 ]
ドロンっっ
\🌱/←とうとう草に♪

✖︎✖️✖️♪
✖️✖️✖️✖︎✖️✖️✖️✖️!!
✖︎✖️✖️✖️✖️✖️✖️っ✖️?
✖︎✖️✖️✖️✖️✖️✖️✖️✖️✖️✖️〜

((((;゚Д゚)))))))聞こえねーのに、なんかウルせ〜〜っ
[ 2015/10/05 13:14 ] [ 編集 ]
無心論者の信じる神
その通りだと思いました。どうして多くの人はこのような視点を持てないのか、考えさせられます。
[ 2015/10/05 18:41 ] [ 編集 ]
ここ数年、新興国でも使える製品開発の作成にも携わっていますが、仰る通り、人口減少の中で国内だけを対象としていては、企業の存続が厳しい時代です。
しかし、宗教、言語、価値観、ニーズなど根本的から違うので、技術の高さをアピールするだけでは乗り越えられない壁が、実際には沢山ありますね。

[ 2015/10/05 20:18 ] [ 編集 ]
TPP大筋合意
今日はこのニュースとノーベル賞が中心のようですね。
農業、酪農従事者の方々は、複雑な思いで見ている人が多いと思いますが、なんとか頑張って欲しいものです。
甘みの強いトマトや米は、逆に水や養分を減らしてストレスを与えることで品質が上がり、それが通常の3~5倍の値がついても飛ぶように売れている農家もあるようです。国に特別に守られてきた温室育ちから脱却して、これを好機に日本の食材が海外で認められ、売れるようになれば良いのですが。
[ 2015/10/06 14:12 ] [ 編集 ]
北陸@組若頭@!姉御いよいよ抗争が始まったぜ、許せねえと思いませんか?組員が家宅捜査で怒鳴ってるんだと思ったら警察でした!組員よりも怖いです・・・公務員が怖い!
[ 2015/10/07 18:17 ] [ 編集 ]
l\🌱;(✖︎✖︎✖︎✖︎✖︎……)

ドロンっっ\@/

若頭は後ろに下がっとき!!@には@のけじめがおますっ北陸@組の姐御として、この抗争なんとしても、あんたら公務員に譲るわけにはいきまへんのや〜〜っ

((((;゚Д゚)))))))お前ら、ここで何やってんだ?
[ 2015/10/07 20:13 ] [ 編集 ]
もやもや
おはようございます。

相場はフラフラと遠くなくガツーンと触れそうな
エネルギーが溜まっていそうですね。

さて、敢えて泳がせてエビデンスを固めようとしている
のでしょうか。
此処に書かれている表面事情しか分かりませんが
シンプルに朝日を浴びたいと思います。

介護士や保母さん、毎日大変なお仕事有難うございます。
[ 2015/10/20 06:25 ] [ 編集 ]
ウッ!生きてやがったのか~・・・まだ呪いの呪文が足りない!

エロエムエッサイム エロエムエッサイム 我は求め訴えたり~あの人の子供の成績がうちの子よりも低いように~・・・噂のケアハウスでありますように~!
[ 2015/10/20 11:28 ] [ 編集 ]
うちのマンションもビー玉転がるんですが、何か?
[ 2015/10/20 15:19 ] [ 編集 ]
たぶんそれは水勾配でしょう!・・・エッ?フローリングで?・・・旭建材のフローリングですね!
[ 2015/10/20 15:41 ] [ 編集 ]
主様!糖尿病の衰退国家には未来は無いのでは?来るべき日本の未来の若者に指針を提示して頂ければ・・・・・頂ければ・・・・・頂ければ・・・親は喜ぶ感謝する・・・そんな事本人が考えろ!ですかね?
[ 2015/10/23 18:59 ] [ 編集 ]
糖尿病治療には、荒木裕先生の本がお薦めです。常識破りに見えて、実は論がしっかりしていて鬱病の方にも有効です。
[ 2015/10/23 21:31 ] [ 編集 ]
ここのブログには優秀なドクターが居るので心強いです、ただ病名をみんなの前で公表しないで欲しいです!・・・人目を気にする様になってしまいました(オドオド)・・・自分が医師でなく患者さんだったなんて・・・うつうつう・・・

※炭水化物を減らす事にしましたオンザライスを、人の3倍食べていたので!
[ 2015/10/25 12:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索