仙人の祈り

相場の呼吸と逆に動く

更新がなかなかできず、読者の方々には申し訳ありません。最近はなんというか、人類社会の方向性に大きな舵が切られたと感じる出来事が重なっており、こういう時は投資家として傍観していた方がよいという感覚を強くもっています。「相場が早く動いている時は、ゆっくり行動するべき」と以前に書きましたが、今はまさにそんな時でしょうか。

今年は7月、8月に大きくポートフォリオを変更し、グロース株からバリュー株に大きくウエイトをシフトさせました。「相場がゆっくり動いているときは、素早く行動すべき」ですので、この時は珍しくダイナミックに入れ替えを行いました。そういったことをやらない投資家だと思われていたこともあり、9月あたりからはエライ人たちやお客様に説明することに忙殺されていました。

今となってはそれが完璧な投資判断であったことは証明されてきたのでよいのですが、当時は「何故か」と問われても、「なんとなく、、、」としか言いようがなく、私をサポートしてくれる営業やアカウントマネージャーたちでさえ、やれやれといった感じでした。相場の呼吸は相場の中にいるものではないとわりません。なので、それを言語化するというのは難しいところがありますね。

一応、大人の対応として「米国金利の上昇が始まっている」ことを理由に説明しましたが、実際にはそのような単純なものではなく、様々なファクターから相場の呼吸の変化を感じたというのが本当のところです。簡単な相場というのは、私は経験したことがありません。でも案外に、そう思っていることが、私が投資家として生き残り続けている理由なのかもしれません。


[ 2016/12/10 18:00 ] 投資全般 | コメント(52)
トランプショックは来ますかね?
そろそろ、危険水域に入って来てるように思うのですが、、、

2017年、トランプショック始まりますか?
[ 2016/12/11 23:03 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
米国金利が上がり始めていますが、今後はよりこの動向が重要な指標となるでしょう。
10年利回りが3.00%程度までいったら、新興国の景気リスクが増大するなどして、世界景気が腰折れするキッカケになるかもしれません。
しかし今のところ、金利はまだ上がり始めたばかりであると見ています。
[ 2016/12/12 13:17 ] [ 編集 ]
ジブリ
ジブリの映画ではどれが好きですか?

小松原さんの投資家としての感覚に近い映画とかありますか?
[ 2016/12/13 19:04 ] [ 編集 ]
アベノミクス初期と似ている気が…
現在の相場はアベノミクス初期に似ている気がします。大型株、クラシックな会社の割安株の株価が上がる傾向にあると思います。
今後もその傾向が続くのでしょうか?
一方、新興市場は厳しくなるのでしょうか?
私は、ある意味そーせい次第と見てます。マインドの問題かと。
[ 2016/12/15 23:06 ] [ 編集 ]
ものすごく、やばいじゃないですか?
お忙しい中、ご回答 ありがとうございます。(いつも更新されるのを楽しみにしております)

米国10年債の利回り、10月頃1.6%だったものが、最近では2.6%、、、。

このスピードでいけば、来年2月頃には、世界大恐慌の始まりでしょうか?

それとも、単なるショックで、2ヶ月もすれば、すぐに回復するようなものでしょうか?

[ 2016/12/16 16:48 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
好きなジブリの映画はナウシカでしょうか。BIGという映画を小学生になったかどうかの頃見たのを覚えています。子供の頃の希望やワクワク感を維持できる人は、投資家に向いているかもしれません。

世界中のリスク資産の動きをみるに、今回のリスクオンには大きな波を感じます。繰り返しますが、私は日本株を中心に世界を見ていません。世界のお金の流れが見れないと、少なくとも相場がリスクオンかオフかを見ることはできません。
日本株に限って言えば、バリューが効いています。最小分散投資の代替として、直近2-3年は経営の質の高いグロース株が優位でしたが、日本株は歴史的にはバリューの方が効きやすいです。
直接的には言及できませんが、十分回答になっているかと思います。
[ 2016/12/16 20:06 ] [ 編集 ]
成功するために
成功するために、絶対に守らなければならないことは何ですか?普通の人が知らないようなことはありますか?
[ 2016/12/23 14:41 ] [ 編集 ]
未曾有の好景気が来ているってことでしょうか
小松原さん、いつも興味深いコメントありがとうございます。トランプラリーっていうのは未曾有の好景気のはじまりって事でしょうか。歴史の大転換なんでしょうか?買って買ってかいまくろうとおもうきょうこのごろです
[ 2016/12/23 15:03 ] [ 編集 ]
インフレ
いつも参考になる記事やコメントありがとうございます。

現在日本株でバリューが買われている理由として、今後起こるインフレの流れを先読みしての流れと解釈しておりますが、小松原さんはどのようにお考えでしょうか?
[ 2016/12/23 15:25 ] [ 編集 ]
ご質問がありがとうございます
私は自分のことを成功者とは思っていないので、何とも言えません。ただ、世の中の何でもない人というのは、何でもないような意思しか持っていないと言えると思います。世間の常識がそうだからと、自分のらしさを保てないようでは、未踏の地を歩くことはできないでしょう。私はそんな生き方はゴメンですが。

トランプラリーは期待の先行ですが、リスク資産は期待によって時価が変わるので、至極当然のことです。先のことは私もわかりませんが、リスクオンの地合いが長期化することを示唆する動きを、私も感じています。

今回のリスクオンがバリュー株を中心に発生している理由は、インフレと名目金利の上昇を市場が予想しているためです。グロース株は、これまでの低金利下でバリュエーションをかなり拡大させており、調整はまだ十分ではありません。私もそれを感じて、8月に大きくバリューファクターのエクスポージャーを高めました。

日本経済はインフレにもろい構造ですが、輸出加工や素材の大手は世界でビジネスを行なっているため、相対的に有利な業績となるシナリオが考えられます。従前から述べていますが、日本経済の最大のリスクはインフレが進むことです。

プロでも今頃になってこれらの流れに気づいて会議で話し合っていたりするので、ポジションとしてはまだこれから動くというところも多いと思います。
[ 2016/12/23 17:10 ] [ 編集 ]
年末のクリスマスプレゼントありがとうございます元気が出てきました!今後も恒例でボーナスコメントがあると楽しい人生になるのですが面倒臭いですか・・・?
[ 2016/12/23 17:41 ] [ 編集 ]
しゃんしゃんしゃんしゃん🎵
l\🎅突然ですが、めっメリクリ💕🎄⛄️
今年のロングスカ🎅のプレゼントはね……
ゴソゴソゴソゴソ

🎅/チオビタ!
🎅/ユンケル!
🎅/リアルゴールド!
🎅/エスカップ!
🎅/リポビタンD!

( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)栄養ドリンクばっか

あっソリがカボチャに!Σ🎅
大変、行かなきゃ!!
┌(; ̄◇ ̄)┘ぽいっ彡🎅
[ 2016/12/24 08:22 ] [ 編集 ]
Merry Christmas! 良い日をお過ごしください。^^
小松原さま、お久しぶりです。
いつも、更新を楽しみに読ませて頂いてます。
八月にグロース株からバリュー株へシフトされていたとは、
さすが小松原様、凄い!と思うばかりです。
ここで、なるほど!と思ってからでも、間に合うのでしょうか。
クリスマスプレゼントと思いながら見つけてみます。^^
経済の流れなど、ここで感じさせていただけるのに感謝です。

更新が、数年前くらいとは言いませんが、(言ってる?)
もうほんの少し増えて下さると嬉しく思います。^^
では、良いクリスマスを~♪
皆様の良いクリスマスをお過ごしくださいませ。^^
[ 2016/12/24 10:33 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
ブログの更新頻度が落ちているのは、これまでのエントリーですでに述べていることが多くなっていることや、BLOGOSなどへの転載があるので、適当なエントリーが書きづらくなっているという側面があります(炎上させることは簡単なのですが)

来年は酉年のジンクス通り、大きな変動があると思います。とても大きな上昇、とても大きな下落(あるとすれば年後半)が見られるかもしれません。株のようなリスク資産は新高値の領域に入るかもしれませんが、年後半あたりに突然リセッション入りを織り込む暴落を見せるかもしれません。
[ 2016/12/25 09:28 ] [ 編集 ]
来年
小松原先生、片山さんとの本を読み感動しました.ズバリ教えて下さい。来年はどういうふうに投資すればいいでしょうか。三菱UFJ買って買って買いまくっとけば大丈夫ですか。それともWashハウスのような小型株で攻めた方がいいでしょうか.新年の指針がほしいです。
[ 2016/12/30 11:42 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
市場の動向で動く株価の要素はベータと呼びますが、私は基本的にはベーターによる勝利は目指していません。
個社の業績により動く要素はアルファーと呼びますが、私が目指しているのはこのアルファーの獲得です。
どういう投資するかいうと、私は毎年アルファーの大きい銘柄を発見しようと努めているだけです。つまらないと思うかもしれませんが、アルファーを獲得することに徹することが、投資で成功する近道かと思います。頑張って下さい。
[ 2016/12/31 16:02 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
今年も、こちらへちょこちょことおじゃまさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。
[ 2017/01/03 13:37 ] [ 編集 ]
今年も宜しくお願い致します。
あけましておめでとうございます。

今年も小松原さんのブログで経済、株式市場を中心に幅広く勉強させて頂こうと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

さて、質問なんですが上記の質問の解答の中に「日本経済の最大のリスクはインフレが進む事」と記述されていました。

この理由をお聞かせ下さい。従前から述べられているとの事なので、過去のどの記事に書かれているかだけでも教えて頂けると幸いです。

[ 2017/01/03 18:05 ] [ 編集 ]
アルファ
アルファですね。勉強してみます。ありがとうございます。
[ 2017/01/04 00:02 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
クリスマスプレゼントありがとうございました。

セクターバイアスと個別業績で選別ならば磐石そうですね。
個人投資家は選定まではしっかりと、乗ったらゆったりとでありたいなぁと思います。
セクターバイアスは個人だと分かるのは困難そうなので、
日頃目にしたり相場感が分かる銘柄を対象に投資徹底します。
[ 2017/01/04 09:34 ] [ 編集 ]
トランプvsトヨタ?
あけましておめでとうございます。
今年も更新を楽しみにしております。書籍出版もあれば尚嬉しいです。

さて、今朝報道があった例のトランプ発言が各所で話題になっているようですが、トランプ氏の狙いは米国内の雇用改善を狙ったものだと思いますか?

真意は私にはわかりかねますが、もしそうだとすると、人件費が上がり、製品価格が高くなりますよね?

車に限らずですが、他の工業製品いおいても同様の動きがあるようで(アップルは名指しされているようですね。)、そうすると競合他社にシェアを奪われる可能性もあります。
シェア低下は最終的に失業率上昇と言う結果をもたらすように思うのですが、、、。

人件費の面だけであれば移民を使う方法もあるように思いますが、これも移民に仕事を奪われて、結局は失業率上昇に繋がるような気がします。

但し、これからの新しい政策などによって、企業への優遇措置が取られる事も想像できます。

この先の大きな動きはどのように見るべきでしょうか?

小松原様のご意見を聞いてみたいです。
宜しくお願い致します。
[ 2017/01/06 13:17 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます
皆さま、あけましておめでとうございます。

四季報オンラインさんで、私への質問を募集する企画が始まっていますので、こちらの読者の皆さまも、そちらの企画へ投稿して頂けると助かります。

https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/152336
[ 2017/01/07 19:45 ] [ 編集 ]
ベーシックプランで質問可能なのでしょうか?
個別銘柄についても質問可能なのでしょうか?
以上、宜しくお願いします。
[ 2017/01/07 20:02 ] [ 編集 ]
質問になってしまいますが、営業利益率が改善し続けている銘柄を買うのが一つの指針とのことですが、営業利益率が高止まりして改善余地の少ない銘柄は、投資対象とはしないのでしょうか?
[ 2017/01/08 00:16 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
有料会員でないと、質問ができないのかもしれませんね。

こちらに書いて頂ければ、皆さんからの質問を四季報さんに連携します。個別銘柄に関しては、いかなる時もお答えできません。
[ 2017/01/10 20:32 ] [ 編集 ]
四季報が出来たらタダで質問するのが心苦しいです。
[ 2017/01/29 19:04 ] [ 編集 ]
小松原さんは今年どういう風になるとお考えですか?
いつも勉強させてもらってます。小松原さんは今年どういう風に投資して行くんですか?参考にしたいのでヒントを下されば嬉しいです
[ 2017/02/01 22:50 ] [ 編集 ]
何時もありがとうございます、リスクオンとはアメリカの話であり日本がそうであるとは言っていないと理解すれば宜しいでしょうか、トランプ大統領の為替操作発言で不安になり質問しました、意志が弱いのでしょうか。
[ 2017/02/02 10:21 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
自国を第一に考えるトランプ大統領の施策は、ある意味で当然のことであり、天地鳴動して騒ぐようなことではないと思います。米国の力が強くなることは、リスク資産にとってはリスクを取りやすい環境と言えるでしょう。もちろん、日本株もリスク資産ですがら、同じことが言えます。

為替は政治家が決めることではなく、市場が決めることです。これから金利が上がっていく世界最強の国の通貨と、人口が減り硬直的な組織構造でイノベーションが起きない日本の通貨を、世界のマネーはどう評価するでしょうか。

今年は年前半の方がリスクが取りやすく、後半はサイクル論的に一時的な調整が起こる可能性が高まっていると見ています。例えそれが当たらなくても、利益を稼ぐ力のある会社にばかり投資をしている私にとっては、あまり関係のないことですが。
[ 2017/02/02 12:30 ] [ 編集 ]
アドバイスありがとうございます。
[ 2017/02/02 13:57 ] [ 編集 ]
何時も貴重な情報アドバイスありがとうございます、年末に一時的な調整があるのではとの事ですが、どの程度の調整をお考えでしょうか、アベノミクス前程度、チャイナショック程度、後者程度ならば問題無いのですが、宜しければアドバイスお願いいたします。
[ 2017/02/09 19:28 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
あくまでもサイクル論的なアプローチですが、リーマンショックが頭をよぎるようなマグニチュードのある調整が示唆されています。
その調整の後、来年からは、リスク資産は逆に力強い上昇期を迎えることも示唆されています。S&P500で言えば、17サイクルが終了し、あらたなサイクルがスタートします。日経平均で言えば、長期の第2波が終了し、最も力強い第3波が始まることが示唆されています。

マクロの予想は誰にもできません。上記はあくまでも、サイクル論、チャート分析によるものですが。
[ 2017/02/10 13:09 ] [ 編集 ]
どの様に感謝すれば良いのか解りません、想像した以上の回答です、大きく人生が動きそうです、チャンスを掴む事ができましたら改めて御礼申し上げます。
[ 2017/02/10 16:02 ] [ 編集 ]
日銀は国債金利を抑えるために、大量に買い続けていますが、もう出口はないように思います。
日銀がすべての国債を買ってしまったら、何が起こるのでしょうか。
[ 2017/02/11 17:20 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
中央銀行が政府の資金をファイナンスしていることとなり、日本円の信用は地に落ちます。超円安、物価高を招きます。ドルペッグ制の小国のように成り下がるでしょう。
[ 2017/02/12 14:55 ] [ 編集 ]
御礼
周様 こんばんは。

思い起こせば昨年の任天堂のポケGOあたりの時期からの違和感を
クリスマスプレゼントで何とか建て直し、化学素材で基礎作りが出来ています。

そういえば、周さんの書き込みを拝見すると、
つい勘違いしそうなのは、財務はじめ会社の分析をしないまま、
チャートだけ見て売買したくなってしまうこと。

本日、ジェシー・リバモア さんの本を注文しました。
投資の心構えや怖さを染み込ませ、長く投資が継続出来ればいいなあと考えています。

シャープと東芝の違いが楽しみです。

[ 2017/02/13 19:45 ] [ 編集 ]
人間の心理
個人投資家の多くは、高くなった銘柄を買いに行き、急に株価が下がれば売りたくなる、ほとんどの個人投資家の心理状態だと思います。今、個人が株式相場に資金を入れ始めましたね、僕は今アイ・オー・データという株、個人があまり注目していない株に興味を持っています。人気がない銘柄の安い時に入ればリターンも大きいと思ったので。
[ 2017/02/15 17:57 ] [ 編集 ]
ご回答、ありがとうございます。

日本円の信用が地に落ちる可能性は、どの程度だとお考えですか。

日銀の必死の国債購入にもかかわらず、国債金利の上昇から、僕はその可能性はかなり高いと思います。
[ 2017/02/15 21:16 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
日銀が指値オペをしているのは10年債だけで、そのため20年、30年債の超長期ゾーンの金利は上がり、日本のイールドカーブはスティープ化しています。
銀行や保険株が強いのはこの動きを受けてのものです。

日銀は10年債の指値オペも早晩辞めるでしょう。米金利が上がり始めており、指値オペで金利を抑えなくても、円安基調にできるためです。

おっしゃるように、中央銀行がオペで自国の国債を買い支えるには限度がありますので、日銀としても買い支える手法は辞めるようにしてくると思います。

国内金利が上がり始めると、業界によっては大打撃を受けるところがあります。投資家はその点を注意しておいた方がよいかもしれませんね。
[ 2017/02/16 11:12 ] [ 編集 ]
ご回答、ありがとうございます。

日銀が国債の買い支えを減速させると、買い支えを期待して買った人の売却も重なり、暴落しないでしょうか。

また金利の上昇は、新規国債の利払いが増えて財政の問題が生じますが、日銀はそれを黙認できるでしょうか。
[ 2017/02/16 17:01 ] [ 編集 ]
米株と円
米株は爆トウしていますが、なぜドル円は上がらないと思いますか?
トランプの牽制を意識してのことでしょうか?
[ 2017/02/27 18:11 ] [ 編集 ]
イスラエル企業
いつも楽しみに拝見しております。
今年は、次世代の革命技術の開花が始まりそうな気配がありますが、
特にAIとVR・ARに関して、イスラエル企業が注目を集めているようですが、
世界的に投資家からのイスラエル企業の評価はやはり高いのでしょうか。
天才を数多く生み出すユダヤ人は、やはり日本人とは違うのでしょうか。
個人的にはVR・ARあたりは日本企業も食い込めるような気がしておりますが。
[ 2017/03/10 16:41 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
日本株やドル円が弱い理由は、私の印象では需給による一時的なものという感じです。国内銀行が特にヘッジをしているので、来月あたりからは地合いは良くなる傾向が見られるでしょう。

イスラエルは軍事用に開発された技術が民間にすぐに出てくるので、技術的に最先端の企業が多いです。日本株市場では、例のごとくAIという言葉だけが先行し、何も実態のないなかでの商売道具になっているという印象しかありませんが。
[ 2017/03/11 11:48 ] [ 編集 ]
高金利になって行くと銀行株はこれから上がるんでしょうか?
[ 2017/03/15 00:43 ] [ 編集 ]
そーせいについての質問です
そーせいが大幅な下落の後、マザーズ市場に継続上場という出さなくてもいいようなIRを出してきました。ここにむけてモルスタ等の空売りが大量に入ってたとしか思えないのですがインサイダーの可能性はどのくらいあると思われますか?

またモルスタやJPモルガン等を使うのは外国だけでなく日本のヘッジファンドも使うのでしょうか?日本は年度末ということもあってぴったり合わせてきた感がありありなので。
[ 2017/03/18 13:23 ] [ 編集 ]
小松原先生もオススメになっていたコスモス薬品も最近人気のwashハウスも宮崎発祥ですね。宮崎って新しいエネルギーを生み出すところなんでしょうか?ご存知であれば教えて下さい
[ 2017/03/19 23:20 ] [ 編集 ]
花見大好きさん先生は何処で薦めていましたか?
[ 2017/03/20 10:54 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
以前にも述べましたが、医薬品セクターはパイプラインの承認可能性が株価に反映されるため、業績予想には専門性が必要です。私も信頼できる同僚の医薬品アナリストのリサーチがなければ、とても手が出せないセクターです。優れた専門性知識があり、当然、学会などにも参加していなければわかりません。個人投資家には不利なセクターと言えるでしょう。

モルスタやJPは当然、日本のヘッジファンドだけではなく、国内機関投資家も空売りのブローカーとして使用します。インサイダーの可能性がどれくらいあるか?という質問にあえてお答えするならば、そのようなリスク・リターンに見合わない投資行動を取るプロは、基本的に存在しないと考えた方がよいです。私の書いた記事を読んで頂ければと思います。

宮崎は私の印象では全体的に保守的な人が多いという印象です。コスモス薬品は小商圏に分断された宮崎県内で、ドミナント戦略の強みを知ったことが、今に至る躍進の理由の一つと見ています。
[ 2017/03/20 12:31 ] [ 編集 ]
EV革命
eパワーを搭載した日産ノートが大変好調です。
好調の理由は、走りがEVで航続距離の問題がなく、価格も手ごろだからでしょう。
今年から来年には、テスラモデル3と日産リーフの新型が発売されますが、航続距離の問題はなくなりそうです。
電池価格は急速に低下しており、EV革命は予測より急速に進むと思いますが、どのようにお考えでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。
[ 2017/03/22 18:04 ] [ 編集 ]
ご質問ありがとうございます
EVの普及は続くでしょうが、技術的な真新しさがあるというわけではないので、株式市場的には現実買いの段階と言えそうです。
素材メーカーも中国勢がキャッチアップしていますので、量での勝負となり、収益性は高まらないでしょう。つまり、株はバリュエーションが高まらずバリュー投資としての位置づけと言えるかもしれません。
[ 2017/03/24 19:37 ] [ 編集 ]
ご回答ありがとうございます
プロの人の言葉は重いです。すっきりしました。
[ 2017/03/25 23:20 ] [ 編集 ]
お久しゅう 御座います。
今から数えて、、、3〜4年前?…に色々と御講授して頂いた者です。

あまねサンの投資スタイルにも大転換の相場感覚との事ですが、、、お元気でしたか!?
現時点デモ 米国住まいですか?

小生は、コノ時を昔カラ待ち焦がれて居りました!

金利が騰ってるのは、日本ヲ除いた同盟国が米帝債に見切りヲつけたのでしょう。
( 例を挙げれば、フィリピーナとか産油国とか、、、)

小生は『リーマンShock時』…に色々と相場ヲ自分ナリに研究致しましたンデ、

あまねサンは、傍観者とシテ振舞われる様ですが、

小生には、一生モノのBig チャンスと捉えて居ます。


今、仙人ブログへと懐かしく帰還スマスタので過去ログを熟読させて貰いまつ。

因みに今週末カラ安倍ニョで歪んだ相場( バブル )は異様な程、蠢き始めますょ‼︎

マタ時々、フラリと お邪魔させて頂きます。。。
[ 2017/08/08 18:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索