仙人の祈り

Q&Aコーナー(続き)

毎年のことですが、この時期は多忙のため、ブログの更新をする時間がありません。よって「Q&Aコーナー」を延長し、引き続き読者の皆様からのご質問にできるだけお答えするように致します。

6月中旬頃には少し時間に余裕ができるので、更新を再開する予定です。(出稿の依頼などもあるため、そちら向けへの記事がメインになるかもしれませんが)

tatsumaki2016相場の方は、砂嵐がまるで竜巻に成長していくかのような危機感を抱いている方も多いと思います。そういった時は、当ブログのこれまでのエントリーや、著書に記した、勝てる投資家としてのあるべき姿を読み返してみるとよいでしょう。

平易な文章で書いているため「知っていることしか書いていない」「この程度のことはわかっている」と思われるかもしれません。しかし、それは本当でしょうか?基本に立ち返り、ご自身の投資行動について再点検をしてみるのもよいかもしれません。
[ 2016/04/11 18:00 ] 雑感 | コメント(136)

動中静あり - Q&Aコーナー

年明けから資本市場は荒れていますが、当ブログの読者の皆さまにとっては、聞いた話が多いという印象を持っておられるかもしれません。

今起きている事象は、昨年までのエントリーですでに述べていることが多いと思います。つまり、それほど想定外の事態ではないということです。

Q&A2016とは言え、せっかくお越し頂いているのに更新がないのもなんですので、Q&Aコーナーを設けたいと思います。当エントリーに限りまして、できる範囲で小松原がご質問にお答え致します。

また、他の読者の方も代わりに回答して頂けると助かります。変動の大きい相場環境が続くでしょうが、お互いに頑張っていきましょう。
[ 2016/02/13 18:00 ] 雑感 | コメント(109)

本年もよろしくお願いいたします

読者の皆さま、新年明けましておめでとうございます。本年も経済や社会に関して、私の考えていることを(公開可能な範囲で)シェアしていこうと思います。

資本市場の方は年明けから大きく動いており、心穏やかでない投資家も多いと思います。一方で、私個人としては、米国・欧州・中国・日本という主要国において、それぞれの置かれた状況や構造的な問題点がよりクリアになってきたため、確信度の高い投資アイディアを発見できる気がしています。

monkey2016昨年は上場企業における日本版コーポレート・ガバナンスコードの導入という明るいニュースがありましたが、それに対する各社のリアクションは後ろ向きなものばかりであり、かえって世界の投資家を失望させる内容となってしまいました。

日本における保守層の知力の弱さはすさまじく、また、本人たちがそのことに気づいていないことに危機感を覚えています。世界における次の10年のイノベーションの行方が見えてきた今、日本経済は、その波に乗れるかどうかの瀬戸際にいる状況と言えそうです。

難しい話をするつもりはありませんので、ブログらしく散文的な記事や、ゆるい記事も書いていこうと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。
[ 2016/01/14 18:00 ] 雑感 | コメント(32)

中国は「中進国の罠」から抜け出せるのか

来年の世界経済の動向を考える上で、注目するべきは、やはり中国であると考えている。近年の急成長は、ある意味で歴史の必然と言えるもので、十分な土地と、人口をもった中国に、世界の工場としての順番が回ってきたことが要因である。

しかし、広州・深センのような第二次産業の集積地帯における工員の給与は、すでに3,000元/月を越えるレベルにまで上昇しており、その役割は、東南アジア諸国へとバトンタッチする時がきている。

yellow_GUNDAM途上国から中進国になることは簡単なことだ。安価な労働力、それだけで達成できる。だが、中進国から先進国になることは非常に難しく、それを明確に実現した国は日本しかないと言われている。

中国の識者たちは、日本の高度成長期になぞらえて、「この現象は当時の日本のこれにあたる」とパターン認識をすることで、次に起こる現象を予想しようとしている。だが、これはまったく、的外れなアプローチである。
[ 2015/12/15 18:00 ] 経済社会 | コメント(45)

小売店の縮小にみる将来の人口減少

最近の日本の企業動向の中では「イトーヨーカドー」や「ヤマダ電機」のような業界トップ企業が、次々と大規模な店舗縮小を発表していることを興味深く見ている。

人口が減少する国で、店舗面積を縮小していかなければならないことは、当然のことのようではあるが、実際の店舗の整理縮小というのは、机上の計算ほど簡単にはいかない。

no_cloud2015余談だが、大型店を閉鎖する場合は、土地の貸借契約や、従業員の異動・解雇に加えて、空いた店舗のテナント探しなども行わなければならず、一筋縄ではいかない。閉鎖する店舗が比較的新しい場合には、店舗除却損などの特損も発生するため、決算にも影響が出る。

しかし、逆に言えば、経営者としてはそれを押し切ってでも、店舗の縮小をせざるを得ない状況に追い込まれていると言える。日本の小売店舗面積は、ついに昨年マイナス成長に転じた。もちろんこれは始まりにすぎない。
[ 2015/11/27 18:00 ] 経済社会 | コメント(26)

2015年10月の雑感

秋風の中に、冬の匂いがする今日この頃。特に記事にするべきネタもないので、ブログの更新が少なくなっていますが、あまり何も書かないと、読者の方にも申し訳ない気がしてくるので、散文的に最近思うことを、書いていこうと思います。

鯨が巨像を飲み込む

最近になってメディア業界、ビール業界、半導体製造装置業界、金融業界などで、大型の企業買収が増えてきています。まさに鯨が巨像を飲み込むような大企業同士の合併ですが、日本勢はいつものように蚊帳の外にいます。

autumn_5th_ave日本人は戦術レベルでの技巧を駆使するのが得意ですが、戦略レベルでの思考が弱い傾向があります。何故、世界的に圧倒的なシェアを持つ大手同士が合併を急ぐのか、もっと深く考えた方がよい気がします。戦略レベルでの負けは戦術レベルでは覆すことができないのですから。

MBO社長

最近、日本企業の中でもMBOをして復活してきた社長に勢いのある人が多い気がしてます。自分が経営権を握らなくてはならないという思いで、リスクを負ってMBOをするわけですから、当然と言えば当然ですが、やはりオーナーシップを持って事業に取り組む人々は、感性が研ぎ澄まされていると感じます。
[ 2015/10/25 18:00 ] 雑感 | コメント(13)

人手不足で変わる企業の競争環境

世界の人口は直近100年で3倍に増加したが、次の100年では更に倍になると言われている。ただし、これから人口が増加するのは途上国が中心であって、日本のように成熟した先進国では、逆に人口が減っていってしまう。

ここでも述べたように、経済学的には、人口の増減と経済の浮き沈みは、完全にリンクする。安い労働力を確保し、利益を捻出しようとする消耗型の企業は、人口が増加する国では通用するが、人口が減っていく国では機能しない。日本でも最近、それが顕著になってきた。

empty_bldg2015つまり、これから成長する日本企業を見つけるためには、まず人手不足という問題をクリアできているかどうかが重要なポイントとなる。ビジネスモデルや競争環境の分析はもちろん必要だが、従業員に対する会社の姿勢なども、念入りにチェックした方がよい。

この点、ブランド力のある大企業や、給与水準の高い会社には、一定の歩がある。これらの会社の離職率は低く、結果的に商品開発や営業の競争力が高まり、シェアが向上していく傾向がある。新卒の獲得競争においても、すでに大きな差がつき始めている。
[ 2015/10/02 18:00 ] 投資全般 | コメント(14)

集団が体制に依存するリスク

歴史的な観点から国の統治体制を見ると、長く続いた独裁者による専制政治は国民によって打倒され、民主主義へと変遷していった。それが膨大な犠牲の上に成立してきたという背景からか、現代における「民主主義」とは、絶対的な正義であり、史上最も進んだ統治形式であるという風潮がある。

もちろん、私も民主主義の方がよいと思う一人である。ただし、「よい」と言うのは、「好き」か「嫌い」か、で言うところの「好き」という意味であって、それが「優れている」か「優れていない」か、と聞かれたら、「専門家ではないのでよくわからない」と答える。

domino2015もしも私が公人であって、こんなことを発言したら大変なことになりそうだが、私が言いたいのは、どのような制度にも完璧なものなどなく、どのような崇高な理念や価値観にも、絶対的なものなどないということである。

同じようなことが、企業のコーポレート・ガバナンス(企業統治)にも当てはまる。会社の重要な意思決定は取締役会という、いかにも民主的な多数決の場で決定され、そこに社外取締役も入れることで、より広く公正な判断ができるようになるとされている。
[ 2015/09/18 18:00 ] 経済社会 | コメント(28)
筆者紹介

check 小松原 周

こまつばら・あまね/ファンドマネジャー・アナリスト
徹底した企業リサーチと業績予想をもとに投資を行う。現役のファンドマネジャーであるため、外部への情報発信において、個別銘柄の投資推奨などは行っておらず、報酬も得ていない。

(会社四季報より引用)

記事の募集
  • 社会全般や政治・経済に関して、記事の寄稿を募集しています。お名前、タイトル、本文を記載しこちらまでお送り下さい
お問合せ
  • 出版・メディア関係の方のお問い合わせはこちら

管理人(Macoちゃん)が責任をもって小松原氏へ転送致します
人気記事(当ブログ内)
記事検索